2012年04月29日

4/28・29の出走結果

コメントくださるジャパニさんのサンデー馬フェノーメノは青葉賞優勝で一躍ダービー候補。
何頭かご一緒馬もいたりするので、こちらも上げ潮になったりしないかな・・・
なんてことは当然なく、3頭出走した今週末はひど〜い有様でした。。。

4月はしょっぱなからフラゴリーネの勝利〜翌週のキャトルフィーユの勝利と幸先よく、
こりゃあ1ヶ月間上げ潮ばっかしか、なんて思ったのも束の間・・・
結局は上記の2勝どまりに終わってしまいました。。。

というわけで、、、
4/28(土)・29(日)の出走結果でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

アンビータブル(ロードTO 牝3:ブライアンズタイム×アンビナウン)
栗東:安田隆厩舎
4/28(土)12:50出走
京都6R 3歳500万下(牝) D1400m 木村J


予想:C〜結果:10着

キビシイだろうと思っていたら案の定の結果でございました。
少なくとも短距離では芝だろうがダートだろうが通用しませんね。

こうなったからには芝でもダートでも中距離を使ってもらって、
それでダメなら半年以上休養させてもらってOKです。
そして長期休み明けの実戦でも結果が出なければ、すっぱりあきらめます。
・・・と思っていたら、早速芝中距離の矢車賞に特別登録されてますね〜。
連闘出走がありえるのでしょうか???



レッドアンジェリカ(東京TC 牝4:サクラバクシンオー×アイシーサイレンス)
美浦:国枝厩舎
4/29(日)13:30発走
福島8R 4歳500万下 芝1200m 吉田隼J


予想:B〜結果:7着

着順は悪かったですが、若干遅れ気味のスタートから直線0.4秒差まで追い上げた内容は、
着順ほどには悪くなかったと思います。
ようやく少しずつ常識にかかってきた感じはしますが、
今回で優先を失いましたので、どうせ放牧になるでしょうね。。。
う〜ん、、、つらいところです。



レッドエレンシア(東京TC 牝4:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
4/29(日)14:15出走
東京9R 晩春S 芝1400m 藤岡佑J


予想:C〜結果:9着

叩き2戦目、距離短縮、府中コース変わりと、良くなる要素は三拍子そろってましたが、
結果的には、10着〜9着と着順を1つ上げたのみ・・・。
戦前に思った通り、準オープンでは荷が重いですね。

ただ、そうはいっても夏の降級まで少々時間がありますので、
何とか適クラをさがして、少しでも賞金ゲットしてもらわねばなりません。
うーん、、、これまたつらいですなあ〜〜〜。


明日から2泊3日で北海道牧場見学なのですが、
旅行前にテンションダウンしてしまうような週末でございました。。。


<次週の出走予定>
レッドキングダム  :5/5(土) 京都5R 3歳未勝利 芝2400m
メテオライト    :5/5(土) 京都6R 3歳500万下 D1800m
ベールドインパクト :5/5(土) 京都11R 京都新聞杯(GU) 芝2200m
スターコレクション :5/5(土) 新潟12R 石打特別 芝1600m
ラヴァーズキッス  :5/5(土) 新潟12R 石打特別 芝1600m
アンビータブル   :5/6(日) 京都9R 矢車賞 芝1800m

ベールドインパクトの京都新聞杯は出否未定、石打特別の2頭は除外可能性ありです。

posted by 玉ケン at 21:51| Comment(2) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

4/28・29の出走予定

皐月賞を頂点に、このところ盛り上がり続いていた玉ケン厩舎ですが、
そうそう続くわけもなく、、、
今週は比較的地味〜な出走予定メンバーでございます。

そうはいっても、このところ「勝利」に飢えている玉ケン厩舎ですので、
どれでもいいから1頭でも勝ってくれるとうれしいんですけどね〜。
ちょっときびしいかな。。。

というわけで、、、
4/28(土)・29(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

アンビータブル(ロードTO 牝3:ブライアンズタイム×アンビナウン)
栗東:安田隆厩舎
4/28(土)12:50出走
京都6R 3歳500万下(牝) D1400m 木村J


予想:C

前走では16頭中15着の大大惨敗・・・。
そこから短期放牧して仕切り直しの1戦なのですが、
前走ブービーでは関西有力ジョッキーが乗ってくれるわけもなく・・・。
そんな状況下で、よくぞ地方ジョッキーをおさえてくれました。

そうはいっても、前走があまりにも大敗でしたので、ボクも強気になれるわけがありません。
調教では「52.1−37.8−24.9−12.4」と抜群の走りを見せているのですが、
どうにも実戦には結びついていない現況です。
調教通りに走ってくれれば、ココでも見せ場以上のものがあるはずなのですが。。。



レッドアンジェリカ(東京TC 牝4:サクラバクシンオー×アイシーサイレンス)
美浦:国枝厩舎
4/29(日)13:30発走
福島8R 4歳500万下 芝1200m 吉田隼J


予想:B

前走はボクの低評価を覆す走りで5着に入線。
優先権確保しましたので中2週で念願の芝1200mにエントリーすることが出来ました。

唯一の勝利をあげた函館戦も中1週とつまった間隔で芝1200mでしたので、
今週出走するメンバーの中では一番勝利に近いかもしれません。

ただ、、、
当たり前ですが、前走のダート戦よりもメンバーは強化されていますし、
アンジェリカ自身がまったくよくわからないアテには出来ない馬ですので、
まあ前走同様に掲示板にのってくれればヨシかと・・・。



レッドエレンシア(東京TC 牝4:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
4/29(日)14:15出走
東京9R 晩春S 芝1400m 藤岡佑J


予想:C

前走は休み明けの上に苦手な???中山戦でしたので、
叩き2戦目で得意の???府中になる今回は上昇必至なのは間違いないところ。

しかしながら、、、
今回に限りませんが、牡馬混合準オープンは甘くありませんからね〜。
牝馬が混合1600万を勝てれば牝馬限定重賞なら即通用、というのがボクの中の常識です。
そう考えると「キビシイ」と考えちゃうのがフツーですよね。
何とか本賞金ゲットしてくれれば良いのですが。

posted by 玉ケン at 22:01| Comment(0) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

社台・サンデー 2011年産馬リスト

昨日の晩にボクの家にも無事リストが到着しておりました。
2歳馬が始動しはじめてPOG関係が続々と発売、
それにあわせるかのように1歳馬の募集スタート。
毎年同じことの繰り返しですが、この時期が一番楽しいですね〜〜〜。

・・・と前フリはココまでで、リストで気になった馬たちは以下の面々。
ものすご〜くたくさん気になっちゃってます。

・ディープ産駒は20頭全部
 まあ何頭かはオーナーズにまわるとしても、20頭というのはさすがですね!
 20頭全部どれでもいいんですけど、さらに絞るなら・・・
 ロイヤルファンタジー、ノーブルステラ、ラヴズオンリーミー、ポルトフィーノ、ムーンライトダンス、
 スリープレスナイト、シーズオールエルティッシュ、レディオブヴェニス
 って全然絞れないですね(笑)

・キンカメ産駒
 キンカメも有名どころが揃いましたね〜。
 牝の方に若干傾斜している気はしますが、全体的には申し分ナシ!
 ムーンレディ、デアリングハート、ハッピーパス、マリーシャンタル、アドマイヤグルーヴ、
 ローズバド、レッドキャット、レクレドール
 こんなところでしょうか。

・ロブロイ産駒
 産駒名簿を見てわかっていたことですが、母名だけならばロブロイのリストがNO.1ですね。
 キンカメ以上に完全に牝に偏ってはいますが。
 レーヴドスカー、ビワハイジ
 この2頭の名前があるだけでお腹いっぱいですね。

その他の産駒でも、色々なところに気になる馬さんがたくさんいますね〜。
個人的には去年よりもグレードアップした印象です。

あくまで個人的な印象ですが、、、
・ディープ産駒は粒ぞろいではあるけれども、グルーヴ・ハイジのような超A級はいない。
・キンカメとロブロイはA級の母馬がずらり並んだが、牝馬が多いので人気が読みづらい。
この2点から、今年は人気が分散して20頭ぐらいがみ〜んな人気馬になるんじゃないかって気がしてます。
そうなると、当然ボクは人気馬にはご縁がないことになります。

まあ一昨年も昨年も、この段階の候補なんて夢のまた夢で、
実際に応募するのは現時点では想像すらしていなかった馬になるわけで、
今年も当然そうなるでしょう。
4年間は実績積みのため仕方ないのですが、
実績積みのため・・・と思って出資したベールドインパクトでも十分楽しませてくれてるので、
やっぱ社台・サンデーはいいなあ〜〜〜と思っているこの頃。。。
今年は社台・サンデーで2頭とれれば・・・と目論んでいるのですがどうなるでしょうか???



  

2012年04月25日

2010年産馬 2頭目の脱北!

4/23にホワイトフリート(ファインセラの10)が脱北した際、
次はこの馬かな〜と予想していたら、予想通りの馬が予想通りに脱北を果たしました。

「アイルドフランスの10」:牝(キャロット)
2010年4月22日生まれ
競走馬名:アステリックス
父ネオユニヴァース 母父ヌレイエフ  
美浦:国枝厩舎入厩予定
価格:2,400万円(1口6万円)

7b51d4ff201233082629ec1fd5c947e.jpg

(キャロットクラブ公式HPより、2012年3月30日付)


(以下、キャロットクラブ公式HPより引用)
4/16  NF空港
馬体重:479kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒で2本元気に駆け上がっており、残り3日は角馬場でのフラットワークと1000m周回コースでのスローキャンター調整を併用して進めています。移動に向けた調整に移行して調教ペースを上げていますが、動きや息遣い共に良好です。坂路コース登坂時の併せ馬では他馬に抜かれまいと、闘争心をあらわにするところがあり、気性面でも競走馬らしくなってきています。

4/25 NF空港
早期でのトレセン移動を視野に入れて25日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動しました。


4/25時点で2頭が脱北というのはいかにも早い感じがしてしまいますが、
今確認してみたら、キャロット2歳馬(中央のみ)87頭中21頭が脱北してるんですよね。
ほぼ4頭に1頭の割合で脱北していることになるわけで、
そういう意味では、玉ケン厩舎キャロット勢9頭のうち2頭脱北というのは極めて平均的なんですね。
今年から新馬戦スタートが早くなったことが大きな要因なんでしょうが、
毎年のこととはいえ、社台F育成馬よりNF育成馬の方が「早い」のも一因でしょう。

本格派っぽいのはマダマダ移動していないような気もしますので、
この時期の移動だけで手放しに喜んではいられないのでしょうが、
ホワイトフリートとアステリックスの2頭については単純に喜んでいればいいようにも思ってます。

特に今回のアステリックスの場合は、
母アイルドフランスが良血であるのは間違いないのですが、
1つ上の兄も能力はありながら健康には不安がありそうですし、
それ以外の兄弟も弱そうな仔が多かったんですよね。
マトモにレースに使えているのが出世頭のキングレオポルドぐらいで、
そういう意味では、この時期に移動できること自体が喜ばしいと思うのです。

ココの厩舎の早期移動では、レッドアンジェリカで痛い目見ているので、
現時点で全幅の信頼・・・というわけにはいかないのも正直なところですが、
POG関係では、今のところはほとんど情報がないのが逆に好印象だったりします。
アパパネもベストディールも早い時期には騒がれるというレベルではなかったと記憶してるので、
ひっそりと入厩するのがいい感じですね(笑)

無事にさえいけば必ず走る!!!と思って出資した仔ですので、
この先はレッドアンジェリカの二の舞にならぬように、
くれぐれもしっかりとお願いします!!!


※写真・文章はキャロットクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 19:42| Comment(0) | 引退馬 2010年産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

やっぱり気になるのはこの馬・・・

昨日に移動情報が届いたホワイトフリート(ファインセラの10)は、
早々に今週末には美浦TCへ入厩予定とのこと。

また、今日はデイリー馬三郎のPOG紙が発売されており、2歳馬の情報が続々入ってくるこの頃ですが、
やっぱり気になるのはこの馬・・・

「ワールウインドの10」(社台TC)
2010年4月20日生まれ
競走馬名:ストリボーグ
父アグネスタキオン 母父リーディングカウンセル  
栗東:安田隆厩舎入厩予定
価格:4,000万円(1口100万円)

85044_00070888.jpg

(社台TC公式HPより、2012/4/7付)


(以下、社台TC公式HPより引用)
2012/4/6 社台F
この中間は、常歩3000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗った後、今月からは直線ダートコース(1000m)入りを再開し、毎日ハロン17〜18秒ペースのキャンターを1本乗っています。砂厚が深く、通常よりも負荷のかかったこの時期のダートでも、膝を高く上げて、力強い推進を見せており、力の要る馬場も苦にしないタイプなのかもしれません。普段は少し神経質で、ややハミ受けに敏感な部分があるため、ペースアップは慎重に行っていきます。3月末時点の測尺は、体高162.5cm、胸囲179cm、管囲20.2cm、馬体重は456kgです。

2012/4/12 社台F
予定どおり、本馬は4/12(木)に産地馬体検査を無事受検して、栗東・安田隆行厩舎と預託契約を結んでいます。


ホワイトフリート同様にサンチバ受検したことは承知していましたが、
2歳馬は速攻が多い安田隆厩舎預託のわりには移動の情報はサッパリなく、
ごくわずかにだけ不安を感じたりする部分がないわけではなかったのですが、、、
今日発売のデイリー馬三郎POGでは大きく取り上げてくれました!!!

まずは種牡馬別ページの「アグネスタキオン」のところで写真・文章ともに掲載。
写真はレッドアリオン(エリモピクシーの10)のような大きいヤツではありませんでしたが、
下欄の文章では、社台Fの青田氏からおほめのコメント頂いていました。
「『父のいい部分を受け継いでいる。スピードとバネが魅力。調整も順調です。』と評価は高い。」とのこと。

それ以上に喜んでしまったのは、厩舎別ページの「安田隆厩舎」のところ。
大きな文字で「ストリボーグ〜大きなストライドに秘めた素質」とあり、
「まず一番手に挙げてくれたのがストリボーグ。準オープンまで勝ち上がったホーカーハリケーンの半弟にあたる。『少し気が勝ってはいるけど、大きなストライドで走るし、いいものを持っていますね。仕上がりもいいみたいですよ。』と安田景助手の評価は高い。」
とのこと。

いやいや、サンチバ受検してリップサービス満点のコメントということはわかっていますし、
そもそも今どんなコメントをもらっても競馬にいってみないことには・・・
というのもわかっているつもりなんですけど、、、
それでもうれしくなっちゃいますね〜〜〜。

社台レートの馬というだけで気合が入るのは当然なのですが、
その上にこの仔は命名馬ですからねえ〜。
それがこんだけほめられると、わが子がほめられた気分です(笑)

来年の今頃に「POG紙はやっぱりアテにならんなあ〜」なんてことにならないように、
この先も順調にしっかり頑張ってほしいですね!!!


※写真・文章は社台サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 20:14| Comment(0) | 引退馬 2010年産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

2010年産馬 移動第1号!!!

各クラブとも「2歳馬移動」の情報が相次いでいますが、
玉ケン厩舎の2歳馬には一切情報なし・・・・・。
これは今年はやばいかも・・・と思っていたら、
今日になって突然1頭の馬の移動情報が更新されていました。

「ファインセラの10」:牡(キャロット)
2010年4月26日生まれ
競走馬名:ホワイトフリート
父クロフネ 母父サンデーサイレンス  
美浦:久保田厩舎入厩予定
価格:4,000万円(1口10万円)
8d361be9201233082629ec19817c769.jpg

(キャロットクラブ公式HPより、2012年3月30日付)


(以下、キャロットクラブ公式HPより引用)
4/16  NF空港
馬体重:491kg
現在は週3日角馬場でのフラットワークをこなしており、残りの3日は900m屋内坂路コースをハロン16〜17秒で2本駆け上がっています。坂路コースの登坂回数を増やしていますが、ここまで疲れを見せることもなく元気いっぱいです。順調な調整過程を歩めているのは何よりで今後は早期での本州移動を視野に入れられるよう徐々に負荷を強めていく予定です。

4/23 NF天栄
早期でのトレセン移動を視野に入れて23日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動しました。


最新のコメントを見る限りは、今日か明日かに天栄到着ってところですかね。

4/13のサンチバを受けたことはわかっていましたが、
いつの間にか491kgまで体重が増えていたとは、まるっきり知りませんでした。
4/26という遅生まれなんですが、ココにきての成長が急ピッチみたいです。

この時期に移動しながらもデビューはだいぶ後になってしまった馬もいますので、
まだまだこれから・・・というのはわかっていますが、
冒頭にも書いたように、若干あせりを感じていましたので、
1頭でも移動してくれて少しホッとしちゃいました。

ちなみに去年はメテオライトが4/29にNFしがらきに移動〜5/12に栗東TCまで入厩
というのが一番乗りでした。
ですので、ホワイトフリートの方が若干早いくらいということになります。
母ファインセラ自身は晩成でしたし、ラロメリアもアロヒラニも晩成気味でしたので、
ホワイトフリートがこんな早くに移動するとは想像していませんでした。

ただ、今年からは新馬戦も前倒しになっていますので、
これくらいの移動でも「超早い」というわけではないようですし、
そもそもココからが勝負なのは上でも書いた通りです。

2010年産馬は3頭もお願いしている久保田厩舎ですので、
まずはホワイトフリートでお手並み拝見というところですね。
とにかく無事に入厩まで行き着いてほしいものです。



※写真・文章はキャロットクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 21:55| Comment(0) |  10 ホワイトフリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

4/21・22の出走結果

大挙6頭が出走した今週末でしたが、
勝利はおろか、最高着順が4着という体たらく・・・。
人気は、1〜1〜4〜1〜8〜11人気で出走したのですが、
結果は、5〜6〜6〜4〜5〜10着という、
何とも盛り上がりに欠ける消化不良の週末でした。

というわけで、、、
4/21(土)・22(日)の出走結果でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ケイティーズハート(キャロット 牝3:ハーツクライ×ケイティーズファースト)
栗東:宮本厩舎
4/21(土)10:00出走
京都1R 3歳未勝利(牝) D1800m 岩田J


予想:A〜結果:5着

勝ち上がり確率は相当に高い、悪くても馬券圏内は外さないだろう・・・
なんて思ってましたが大甘でしたね〜。
ボクの根拠は前走の走破タイムだったのですが、どうやらこのタイムは眉唾モンで、
あの日が特別に速いタイムが出る馬場だったのだと考えるよりありません。

何とか5着で優先は確保しましたが、4着とは大きく離れており、
このままだとやばいかも・・・という情勢に急変しました。
このまま勝ち上がれないくらいならば、一か八かで芝を使うのも手かもしれません。



クラウドチェンバー(キャロット 牡3:ネオユニヴァース×ミスティーミス)
美浦:萩原厩舎
4/21(土)13:00発走
東京6R 3歳500万下 芝1800m 横山典J


予想:A〜結果:6着

ケイティーズハートと同じくらいに勝利確率が高いと思っていたのですが、、、
前を走っていた2頭には引き離され、後ろから来た3頭に追い抜かれ、
これじゃあどうしようもありませんね。。。

新馬勝ち〜百日草2着までは「うまくすればクラシックのれるかも・・・」なんて夢見ましたが、
その後はどんどんパフォーマンスを下げる一方で、
大舞台なんて口に出すことすら出来なくなってしまいました。

百日草が1.48.8で上り3Fが33.9なのに対して、
今回は、1.49.1で上り3Fが34.4なんです。
これ完全に劣化してますね。。。

ちょっと先が見えない状況に陥ってしまいましたが、
恐らくはこれで長期の放牧になるでしょうし、
今度の放牧で成長・良化を見せれないとなると・・・
超早熟馬だったなんてことになっちゃうかもしれません。。。



レッドシェリフ(東京TC 牡4:ハーツクライ×デルモニコキャット)
栗東:橋口厩舎
4/21(土)15:00出走
京都10R シドニートロフィー 芝2000m 小牧J


予想:C〜結果:6着

今週出走した6頭の中では唯一ボクの予想よりも良い走りをしてくれました。
ハッキリ言ってもっと離されると思ってましたが、
今回の走りならば、降級してからの500万下なら十分やれそうです。

正直言って、500万勝ちしてしまったのが時期尚早だったと思ってましたので、
降級までは何とかお小遣いを稼いできてくれれば文句はありません。



ロードランパート(ロードTO 牡4:ディープインパクト×ジャズキャット)
栗東:池江厩舎
4/8(日)13:50出走
京都8R 4歳500万下 芝2400m 内田J


予想:A〜結果:4着

土曜日のキャロット馬2頭と同じくらいに勝利確率高いと見ていましたが、
やっぱり同じように馬券圏内に入ることすら出来ませんでした。

しかし、この馬もいつもいつも同じレース内容ばかり。
出遅れて道中は後方を進んで、最後の直線で掲示板内にはギリギリ入ってくるという・・・。
このままでは500万下勝ち上がりも厳しい感じです。
4,000万円近い高馬のディープっ仔ですので、
何とか活路を見出してほしいのですが。。。



レッドデイヴィス(東京TC 牡4:アグネスタキオン×ディクシージャズ)
栗東:音無厩舎
4/22(日)15:35出走
京都11R マイラーズカップ(GU) 芝1600m 安藤J


予想:A〜結果:5着

着順という点では物足りないのは確かなのですが、
今週出走した6頭の中で、唯一次につながる走りをみせてくれたのがデイヴィスですね。

3コーナーあたりでは中山記念の再来を覚悟しましたが、
そこからは上り最速の脚で5着まで突っ込んできました。
当たり前と言われればそうなのですが、
中山記念ビリで「走る気なくしたか???」と心配してましたので、
今日の走りを見て何とか一安心です。

あくまで勝負は1ヶ月以上先のG1のはずですが、
今日のメンバーは本番にかなり近いメンバーでしたし、
練習台としては及第点と言えるんじゃないでしょうか。

この後は本番で100%の力を発揮できるように、
まずは無事に推移して、そして万全の仕上げを施してほしいと思います。



フラゴリーネ(キャロット 牝3:ディープインパクト×ゴレラ)
栗東:矢作厩舎
4/22(日)15:45発走
東京11R フローラS(GU) 芝2000m 津村J


予想:B〜結果:10着

直線半ばで3番の馬に寄られてひるんだ感じがありましたが、
まあそれがなくても今日のところは力負けですね。
5〜9着の団子のところには来てほしかった気もしますが、
4/20の遅生まれ&キャリア2戦の身ですので、まあこれからですね。

直線坂下までの脚はいいモノを感じましたし、
大事に使ってもらえば、ある程度のところまではいけるような気がしました。


<次週の出走予定>
レッドアンジェリカ :4/29(日) 福島8R 3歳500万下 芝1200m
レッドエレンシア  :4/29(日) 東京9R 晩春S 芝1400m

posted by 玉ケン at 23:00| Comment(0) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

4/21・22の出走予定

玉ケン厩舎初のクラシック出走だった皐月賞が終わってしまい、
また、その当事者ベールドインパクトがダービーは半ばあきらめモードの短期放牧になってしまい、
クールダウンしてしまった今週なのですが、
実際には大挙6頭が出走する熱い週末になっております。

というわけで、、、
4/21(土)・22(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ケイティーズハート(キャロット 牝3:ハーツクライ×ケイティーズファースト)
栗東:宮本厩舎
4/21(土)10:00出走
京都1R 3歳未勝利(牝) D1800m 岩田J


予想:A

前走が短期休み明けで好タイムの3着でしたので、
良化が見込めるココは何としても「1着」がほしいところですが、
そう簡単にはいかせてくれないような相手がそろったみたいです。

前走の走破タイムは良馬場としてはかなりの好タイムだったのですが、
2着馬が先週のレースに連闘で挑んで惨敗していますので、
額面通りには受け止めれないのかもしれません。

もちろん、勝っても何の不思議もないはずですし、
もしケイティーズハートが勝ち上がると、
2009年産キャロットの出資5頭すべてが勝ち上がり!!!
というスーパーミラクルが起こりますので、何とか頑張ってほしいです。



クラウドチェンバー(キャロット 牡3:ネオユニヴァース×ミスティーミス)
美浦:萩原厩舎
4/21(土)13:00発走
東京6R 3歳500万下 芝1800m 横山典J


予想:A

前走は1番人気におされたものの、ほとんど見せ場なく5着敗退。
能力そのものだけではなく、気性面など色々と課題を見せた1戦でしたが、
休み明け2戦目となる今回こそはしっかり決めてほしいところ。

個人的にはコーセイ君は嫌いではないのですが、
そりゃあノリさんが乗ってくれるとなれば頼もしいに決まってます。
ベストディールと接戦した東京芝1800mの舞台ですし、
ここは最高の結果で応えてほしいですね。



レッドシェリフ(東京TC 牡4:ハーツクライ×デルモニコキャット)
栗東:橋口厩舎
4/21(土)15:00出走
京都10R シドニートロフィー 芝2000m 小牧J


予想:C

500万下をギリギリ勝って、1000万下では大惨敗の連続ですので、
出資者のボクでも「このクラスでは・・・」と思っているのですが、
どういうわけか、いつもソコソコ印がついて、ソコソコ人気になるレッドシェリフ。

今回もキビシイよね・・・と思っているのですが、
今回のレースは「9頭立て」という超ラッキー!!!
少数精鋭と見れなくもないですが、近走着外ばかりの馬も数頭いますので、
ひょっとして掲示板ぐらいは・・・と期待しちゃいます。
何とか本賞金くわえてきてほしいんですけどね。。。



ロードランパート(ロードTO 牡4:ディープインパクト×ジャズキャット)
栗東:池江厩舎
4/8(日)13:50出走
京都8R 4歳500万下 芝2400m 内田J


予想:A

クラウドチェンバーの三浦J〜横山典Jの乗り替わりと同様で、
大野Jはうまいことランパートを御してくれていたと思ってはいるのですが、
ウチパクへの乗り替わりとなれば、やっぱり嬉しくなるっちゅうモンです。

根本的に勝負弱い感じのロードランパートなので、あまり大きな期待は出来ないでいるんですが、
今回はメンバーにも恵まれた感じなんですよね。
先週の皐月賞ではボクの目の前で超すごい騎乗を見せてくれたウチパクさんですので、
ひょっとして・・・があるかもしれません。



レッドデイヴィス(東京TC 牡4:アグネスタキオン×ディクシージャズ)
栗東:音無厩舎
4/22(日)15:35出走
京都11R マイラーズカップ(GU) 芝1600m 安藤J


予想:A

前走の中山記念ビリの身ですので大きなことは言えませんが、、、
もし馬券を買うなら、人気急落の今回は絶好のねらい時ですよねえ〜〜〜。

まあ前走ビリの馬を買いづらいのは確かでしょうが、
昨春に子供扱いしたトーセンよりも人気なさそうですし、
そもそもが重賞3勝&有馬記念でブエナ・ピサとタイム差なしだった馬なんですけどね〜。

正直言って、デイヴィスの「買い時」は出資者のボクでも未だによくわからないのですが、
敵はG1馬3頭と、G1の2着馬ぐらいに思ってるんですが、間違ってますかね???



フラゴリーネ(キャロット 牝3:ディープインパクト×ゴレラ)
栗東:矢作厩舎
4/22(日)15:45発走
東京11R フローラS(GU) 芝2000m 津村J


予想:B

抽選だけはどうしようもありませんでしたが、結局13/17の高確率だったみたいで、
東西の両メインレース、しかも両方GU出走という喜ばしい限りとなりました。

ハッキリ言って、このレースは桜花賞から中1週となってからは低レベルになったと思うのですが、
今年のメンバーがどうなのかはサッパリわかりませんです。
みんな強そうと言えばそう見えますし、そうでもないと言えばそうでもないような・・・。

まあ何しろよくわかりませんので、
フラゴリーネは絶好枠を引き当てたみたいですし、
ここは一発、オークス出走権を期待しちゃいましょう!!!


posted by 玉ケン at 18:31| Comment(0) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

4/14・15の出走結果

現地観戦した写真の整理に手間取ってしまい、更新は3日遅れになってしまいましたが、
4/14(土)・15(日)の出走結果でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ロードアクレイム(ロード 牡3:ディープインパクト×レディパステル)
栗東:藤原英厩舎
4/14(土)14:15発走
阪神9R はなみずき賞 芝1800m 岩田J


予想:B〜結果:6着

土曜日は所用で出かけていてTV観戦出来なかったのですが、
やはり懸念していた通り、現状では今1つ力不足のようです。。。
新馬勝ち後、500万特別ばかりを使って6〜4〜6着ですので、
勝ち切るには明らかに足りていないのですが、大惨敗していないのも事実ですので、
モーレツに弱い・・・というわけではないと思うのですが。。。

この結果を受けて、さすがに「ダービー」は断念したようで、
まずは自己条件勝ち上がりを目指していくようです。
在厩で次走を目指してくれるのは何よりなのですが、
同厩舎の1コ上ケイティーズジェムが美浦:菊澤厩舎に転厩となったので複雑な心境です。

まあ、それはアクレイムには何の関係もないことなので、
秋の飛躍に向けて、今は着実に賞金加算していくことを目標に頑張ってほしいですね。



ベールドインパクト(社台 牡3:ディープインパクト×ヴァイオレットラブ)
栗東:大久保龍厩舎
4/15(日)15:40出走
中山11R 皐月賞(GT) 芝2000m 藤岡佑J


予想:B〜結果:7着

何とか掲示板、出来ればダービー出走権の4着を!!!
と願ったのですが、残念ながら「あと一歩」の7着に終わってしまいました。

目標クリア出来ませんでしたし、出走した社台・サンデー馬の中で最下位になってしまったのですが、
3・4着とは0.3秒差、5・6着とは0.1秒差だっただけに、
もう少し何とかならんかったか・・・と思ってしまいます。
ただ、レース内容はほぼ完璧だったですし、この0.3秒差がとてつもなく大きいんですよね。

レース直後は残念な気持ちの方が大きかったですが、
よくよく考えれば「皐月賞の7着」で残念なんて贅沢すぎますね。
皐月賞7着といえば、、、
去年はトーセンラー、一昨年はゲシュタルト、
過去をさかのぼれば、アドマイヤドン、オフサイドトラップ、マチカネタンホイザ、ステージチャンプ・・・
ここから飛躍していった馬たちもた〜くさんいるんです。
もちろん、皐月賞7着がキャリア史上最高になったような馬もたくさんいますが、
飛躍できた馬たちに共通しているのは、生まれが遅めで、皐月賞前のキャリアが少ないこと。
5月14日生まれで、皐月賞前キャリア5戦のベールドインパクトには、
今後の飛躍の可能性十分と言えますね。

ともかく、次はダービーをめざして京都新聞杯へ・・・
と思っていたら、今日の更新でGWへ短期放牧とは?????
現状の賞金ではダービー出走はまず無理なんではないかと思うのですが、どういうことでしょう???
出走できる方にかけたのかもしれないのですが、ちょっとよくわかりません。。。

以下、現地観戦の写真でございます。

IMG_0493k5d.JPG

昼ぐらいの到着でしたので、西船橋の駅に車を停めて、電車で船橋法典駅から競馬場へ。


IMG_0495k5d.JPG

藤岡祐介君の横断幕はありましたが、ベールドのはありませんでした。


IMG_0505k5d.JPG

いよいよ登場! ベールドインパクト!!!


IMG_9789e.JPG

周回を重ねるベールドインパクト。


IMG_0530k5d.JPG

あまり気合を表に出さず、ゆったりと歩いていました。


IMG_0504k5d.JPG

人気馬紹介。ディープブリランテ。


IMG_0507k5d.JPG

人気馬紹介。ワールドエース。


IMG_0512k5d.JPG

人気馬紹介。ゴールドシップ。強かったですね〜。


IMG_0516k5d.JPG

人気馬紹介。グランデッツァ。


IMG_0523k5d.JPG

わがベールドインパクトは13番人気。人気ないですなあ〜〜〜。


IMG_0497k5d.JPG

何で藤澤さんがいるんだろう、と思ったら、
サトノギャラントが藤澤厩舎だったんですね。忘れてました。


IMG_0496k5d.JPG

コスモオオゾラ・マイネルロブスト2頭だしの岡田総帥。


IMG_0538k5d.JPG

岡田総帥とこのジョッキーが談笑している図って、今まで見なかったですよね。


IMG_0532k5d.JPG

またまたた〜くさん生産馬出走しているこの方。
どれが勝ってもいいんだろうなあ〜と思っていたら、
日高の馬にやられちゃいました。


IMG_0537k5d.JPG

わかりづらいですが、藤岡君と大久保先生が何やら談笑してます。


IMG_0540k5d.JPG

いよいよ騎乗合図。


IMG_0544k5d.JPG

藤岡Jが跨ったベールド。


IMG_0577k5d.JPG

さあいよいよ出陣でございます。


IMG_9794e.JPG

すごい混雑でレース写真はこれ1枚しか撮影できず。。。
こうして見ると、ベールドと3着までの差もわずかですが、10着以下との差もわずかですね〜。
このわずかの差が勝負の世界なんですね。



レッドエレンシア(東京TC 牝3:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
4/15(日)16:25出走
中山12R 春興S 芝1600m 三浦J


予想:C〜結果:10着

まあ、今回の中山戦は叩きの1戦ということでOKとしましょう。
そのわりには直線半ばまでは一瞬「オッ!!!」と思うぐらいだったですけどね。
次回は中1週での東京1400m戦のようなので、
完全適クラの次回こそが勝負ですね!

以下、現地観戦の写真でございます。

IMG_0578k5d.JPG

パドックのエレンシアはやっぱり小さかったですね〜。


IMG_0579k5d.JPG

パパになったばかりのコーセイ君。
自ら出産祝いしとかなきゃね!


IMG_0583k5d.JPG

この辺りまでは「ひょっとして・・・」と思いましたが。。。


IMG_0589k5d.JPG

結局10着でフィニッシュ。
混合準オープンは甘くないですね〜。


<次週の出走予定>
ケイティーズハート :4/21(土) 京都1R 3歳未勝利牝 D1800m
クラウドチェンバー :4/21(土) 東京6R 3歳500万下 芝1800m
レッドシェリフ   :4/21(土) 京都10R シドニートロフィー 芝2000m
ロードランパート  :4/22(日) 京都8R 4歳500万下 芝2400m
フラゴリーネ    :4/22(日) 東京11R フローラS(GU) 芝2000m
レッドデイヴィス  :4/22(日) 京都11R マイラーズカップ(GU) 芝1600m

もしフラゴリーネが抽選(14/19という情報アリ)に通れば、次週は大挙6頭が出走予定。
玉ケン厩舎初のGU勝ちを期待したいところですが。。。
そうでなくても、6頭中1頭くらいは勝ち切ってほしいですね。

posted by 玉ケン at 20:18| Comment(2) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

4/14・15の出走予定

いよいよ玉ケン厩舎史上初のクラシック出走が日曜日に迫ってまいりました!
下馬評では全然人気ないようですが、久しぶりに現地応援にもいきますので頑張ってほしいです。
100%の力を発揮できれば、結果については言うことはありません。

というわけで、、、
4/14(土)・15(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ロードアクレイム(ロード 牡3:ディープインパクト×レディパステル)
栗東:藤原英厩舎
4/14(土)14:15発走
阪神9R はなみずき賞 芝1800m 岩田J


予想:B

アルメリア賞〜大寒桜賞〜はなみずき賞と、3歳500万特別をすべて中2週で3連発出走になります。
現時点ではクラシック出走確定馬はおらず、2勝馬も2頭しかいない藤原英厩舎勢。
わずかながらでも可能性のある馬ということで中2週の3連発になっているのでしょう。
たくさん使ってくれるのは嬉しいのですが、アルメリア賞〜大寒桜賞の内容・結果を見ていると、
現時点ではちょっと難しいのではないかな・・・と思ってしまいます。
ただ、はなみずき賞は去年レッドセインツが勝ったゲンの良いレースですので、
そこにわずかな望みをかけたいところです。

また、藤原英厩舎〜岩田Jは完全に勝負がかりのラインですし、
玉ケン厩舎的にも最高級に相性の良い組み合わせです。
切れるというよりは粘りこむタイプのアクレイムには岩田Jは合っている気もします。

もしこのレースに勝てれば、次は京都新聞杯でダービー出走をかけて・・・となるんでしょうが、
今回負ければ、ダービーロードは事実上終戦です。
1勝馬で京都新聞杯チャレンジも可能性はありますが、
今回負けているようでは、たとえ出走できても勝負になるはずがありません。
そういう意味では悔いのないレースをしてほしいですね。



ベールドインパクト(社台 牡3:ディープインパクト×ヴァイオレットラブ)
栗東:大久保龍厩舎
4/15(日)15:40出走
中山11R 皐月賞(GT) 芝2000m 藤岡佑J


予想:B

玉ケン厩舎史上初のクラシック出走を、社台TC初出資馬のベールドインパクトが決めてくれました!
この先のダービー出走へ向けて・・・なんて夢見ないわけではありませんが、
皐月賞に無事出走してくれれば、それだけで大満足です。

18頭出走する馬のうち、クラブ馬は全部で7頭。
例年と比べれば多いのは確かですが、た〜くさん募集された中のわずか7頭です。
さらに言えば、、、
社台・サンデーだけで見ても、全部で80頭近く募集された牡馬のうち、
今回出走を果たしたのはわずかに4頭です。
しつこく言うなら、社台TCだけで言うと、グランデッツアとベールドの2頭のみ。
ちなみにこの2頭は、ボクが第1希望・第2希望で申し込んだ2頭なんですよね。
約2年前の今頃を思い出すと非常に感慨深いものがあります。

正直言って、どの程度勝負になるのかは全然わからないです。
どう頑張っても冷静には見れないのですが、ビリになっても全く驚きはないです。
ただ、完全な贔屓目で見るのならば、、、
ワールドエース以外とはひょっとしたらいい勝負が出来る可能性はあるかもしれません。

毎日杯で3着だったスピルバーグは共同通信杯でもディープブリランテと差のない3着。
毎日杯では実際の着差以上にヒストリカルとは実力差があるように見えましたので、
ベールドとヒストリカルとの差を考えれば、
ブリランテ、そして類推してのグランデッツァ〜札幌・ラジニケ組とも勝負になるのではないかと・・・。

唯一直接完敗しているワールドエースに対しては大きなことは言えないのですが、
きさらぎ賞の舞台である京都芝1800mは相手の方がより向いていたように思いますし、
こちらは強引なレースをしすぎた感があります。
すみれSでのベールドとミルドリームとの差、若葉Sでのワールドエースとミルドリームとの差、
そしてここへきてのベールドの馬体の成長ぶりを考えればひょっとして・・・
なんて思うのは間違ってますかねえ???

ホント馬体の成長ぶりは贔屓目ヌキにしても間違いないと思うんですよね。
きさらぎ賞時点ではまるっきりぬけていなかったキ甲が、今週の写真ではクッキリぬけてきました。
それにともなって、トモ周りも確実にたくましくなっていますし、
精神的にも成長しているという大久保龍先生の言葉を信じれば、心身ともに伸び盛りっちゅうことですね。

その大久保龍陣営のコメントでは厩舎の看板馬であったアサクサキングスと比べて、
「現時点での完成度では劣るが、能力はベールドの方が上」なんていうウレシイお言葉もありました。
多分にリップサービスなんでしょうが、G1馬と比べて能力が上と言われりゃあウレシイに決まってますよね。

まず勝てるんではないかと思っていたロードカナロアでもはねかえされたG1の壁ですので、
甘くはないことは百も承知でしておりますが、
オルフェーブルの阪神大賞典のように、競馬は何が起きるかわかりません。
万一に備えて、人生初の口取り権もゲットしておきました(笑)

電話で「まず無駄な権利になるとは思うんですけど・・・」と申したところ、
「そんなことはありませんよ〜。今回は淀みのないペースになってベールドには向くんじゃないでしょうか。」
なんてスタッフも言ってくれました。

さすがにそんな甘いことはないとわかっているつもりですし、
18着でも無事に完走してくれさえすれば何の文句もありませんので、
まずはしっかりゲートインしてくれることを祈っとります。



レッドエレンシア(東京TC 牝3:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
4/15(日)16:25出走
中山12R 春興S 芝1600m 三浦J


予想:C

ボク個人的にはジョッキーの変更は何よりありがたいです。
今回の三浦クンは賛否いろいろあるようですが、ボクは特別悪い感情はないですし、
何と言っても彼と奥さまの間にはハッピーな出来事があったばかりですからね。
こりゃあエレンシアにもその運が回ってくるんじゃないか・・・ってなモンです。

ただ実際には11月以来の久々出走ですし、混合準オープンで相手は手強いのばっかりです。
これまでのレースぶりでは、中山コースが得意なようには思えませんし、
来週からはじまる東京開催への叩き台になれば十分ではないかと・・・。

皐月賞の結果で大きくへこんでいることが予想されますので、
何とか少しでもへこみを回復させてくれる走りをしてくれれば良いんですけどね。。。



posted by 玉ケン at 00:37| Comment(2) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。