2012年06月30日

7/1の出走予定

社台・サンデーの1次募集では第1希望のシェンク11が確定して喜んだのですが、
掲示板によれば、今年のラッキーNOは「8」っぽいとのこと・・・。
ボクの会員番号末尾は「8」なんですよ。
3年目で初めて第1希望馬が40票未満でラッキーと思っていたのですが、何とも複雑な胸中に。。。
計算上は100票前後の馬であれば抽選で当選したというわけでして、、、
まあ、そうは言ってもシェンク11以上にほしかったのがいるかというと、
ムーンレディは迷うかなあ〜程度なので、仕方ないっちゃあ仕方ないんですけどね。

というわけで、、、
7/1(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

レッドレイヴン(東京TC 牡2:スマートストライク×ワンダーアゲイン)
美浦:藤澤和厩舎
7/1(日)11:50出走
函館5R 2歳新馬 芝1800m 内田J


予想:A

玉ケン厩舎2歳勢3頭目のデビューなのですが、
まさかこの馬が7月にデビューするとは思っていませんでしたね〜。
つい最近までは「秋の東京」というイメージでしたが、
ここでデビュー出来るというのは、それだけ仕上がりが良い証拠ということで良い意味で考えましょう。

相手は須貝厩舎のダブルファンタジーやステイゴールド産のマイネルジェイドあたりみたいですが、
新馬戦だけにこちらの力量も相手の力量もよくわからないです。
ただ、強烈にハイレベルなメンバーって感じはしないので、
血統面からいえばレイヴンが圧勝してしまっても全然構わないんですけどね。

一口馬主再開以来、ずっと出資しつづけている藤澤厩舎ですが、
ボクにもたらしてくれた勝ち星は「ゼロ」のはず・・・。
何とか「1勝」をもたらしてほしいんですけどね〜。



ロードアクレイム(ロード 牡3:ディープインパクト×レディパステル)
栗東:藤原英厩舎
7/1(日)15:45発走
福島11R ラジオNIKKEI賞 芝1800m 蛯名J


予想:B

13/18という抽選をかいくぐって何とかゲートインすることが出来ました。
ディープ×オークス馬という良血馬がようやく???重賞初出走までたどりつきました。

さすがにココのメンバーはソコソコに強い感じですが、
アクレイムの方も前走は一皮むけたかのような強い走りでした。
それがウィリアムズマジックだったのか、アクレイムの能力かどうかは今回でわかります。

もちろんココで勝利できれば最高で、秋への展望も一気に開けますが、
陣営は「古馬になってから」「今は成長途上」というコメントを連発してますので、
何とか掲示板を目標に頑張ってもらえれば・・・ですね。

同じ藤原英厩舎のディープ牡馬に出資確定したタイミングですので、
その勢いをレースでも見せちゃってほしいですね!!!

posted by 玉ケン at 16:59| Comment(0) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

よっしゃぁぁぁ〜〜〜

社台・サンデー2011年産馬の1次募集も結果の郵送を待つばかりとなりましたが、
クラブHPで「第1希望が40票を上回った馬リスト」が発表。
ボクが第1希望で申込んだ馬はリストにはのっていない=出資が確定しました!!!!!

今日の結果が出るまでは気が気ではない毎日で、
もし40票を超える第1希望票になったら、実績250万のボクでは確実にアウト。
何とかリストアップされないでくれ〜と願ってばかりいました。

去年は「まず大丈夫でしょう」とクラブ社員にまで太鼓判を押されたマンハッタンフィズを第2で落選。
今年もまず落選するのだろう・・・と思って、
落選したときの精神的ダメージへの防御策???として、1.5次募集への検討を本気でしてました。
全滅で1.5次にいったら、それはそれで面白味はあると思ってはいましたが、
当たり前ですけど、第1希望馬の出資確定以上に喜ばしいことはありません。

まだ郵送されてくる通知書を拝見したわけではないので、
応募結果の全容はわかりませんし、明日以降に通知が到着してから詳細を書こうと思いますが、
とりあえずは嬉しさのあまり、出資確定した第1希望馬および申込みの経緯を簡単に書いておきます。

今回ボクが第1希望で申込〜本日出資確定したハズの馬はこの馬・・・

ディープインパクト×シェンク(牡:藤原英厩舎予定 8,000万円)
86042.jpg


いやあ〜コイツがほしかったんですよね〜〜〜。
ベールドインパクトで調子に乗ってしまっているボクとしては、何といっても「ディープ牡馬」が最優先。
ぶっちゃけ「ディープ牡馬」なら何でも良かったという部分もありますが、
今回2クラブで募集された「ディープ牡馬」の中で、個人的にはNO.1でございました。

血統面で文句ナシなのは言うまでもないとして、
馬体・DVDでの動きもボクの目にはよ〜く見えましたし、
何と言っても「藤原英厩舎」が個人的には強烈なアピールポイントでした。

同じディープ牡馬での比較対象としては、同じように人気がさほどではなかった、
ストレイキャット11・デュアルストーリー11の2頭が検討候補のライバルでしたが、
最終的な決め手は「藤原英厩舎」「マルカシェンクが好きだった」という2点でした。

ただ、6/20に申込書に記入する時点では非常に葛藤が生じまして、
最終的には第2希望で書いた馬とどっちを第1希望に書くかは最後の最後まで迷いました。
ちなみに第2希望で書いた馬は「ウッドマンズシックの11」でございまして、
迷いが出た理由は、
・シェンク11の方が倍以上の値段する。
・ウッドマンズの方が6/20時点での第1希望票が少なかった。
の2つでした。
当時は「ウッドマンズを第1に書けば、2頭取りも十分可能性出てくる」とも思っていたのですが、
今日フタを開けてみれば、ウッドマンズの方が第1希望票40オーバーという結果に・・・。
たまには「初志貫徹」してみたら、結果的にはオーライでした。

もちろん、本当の意味で「結果オーライ」だったかは馬が引退するまでわからないわけですが、
応募時点で「どっちがほしい???」と問われれば「シェンク!!!」だったので、
現時点ではオーライなのは間違いありません。

ちなみに今年のボクの応募馬は、、、
(第1希望馬)シェンク11
(第2希望馬)ウッドマンズシック11
(第3希望馬)ジェミードレス11

 2頭取り〜予算上限ナシ
というものでしたが、
今日の時点で、シェンク11への出資が確定するとともに、
第1希望で40票オーバーだったウッドマンズシック11への出資可能性はゼロになりました。
一応、現時点ではジェミードレス11への可能性は残されてはいるものの、
これも満口にまではなっていますので、ほぼ可能性はないと見ていいでしょう。
なので、今年の社台・サンデーはシェンク11の1頭で終了でしょうね。

ドラフト前は「今年はサンデー」「中価格帯を2頭取り」なんて思っていましたので、
結果は全然違うものになってしまいました。
そういう意味ではダメなドラフトだったかもしれませんが、
社台・サンデーで第1希望馬を取れたのは初めてなので最高にうれしいです。
第1希望で40票以下だったので、新規でも誰でも書けば取れたわけですが、
過去2年、グランデッツァ・エアトゥーレ10と撃沈してきたので、
人気のなさは無関係にうれしいのでございます。

ドラフト前は、まさか「ディープ〜牡馬〜藤原英厩舎」なんてのをゲットできるとは思っていなかったので、
この結果には少々おどろいているぐらいです。
これもベールドインパクトがソコソコに稼いでくれたおかげです。

こんなに喜んでいて、何かの間違いでした・・・なんてことになったら目も当てられませんが、
今日のところは素直に「第1希望馬ゲット」を喜び、
そして2年後のダービー出走を夢見ようと思います!!!
(・・・・・次はG1どうすっかなあ〜〜〜)



※写真は社台サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

2012年06月26日

社台・サンデー 2012年度(2011年産)募集 1.5次に向けて・・・

社台・サンデーの2011年産募集も1次申込が終了し、
大抵の人は「あとは抽選結果を待つのみ・・・」という状況かと思います。

が、、、
わが玉ケン厩舎の場合は話が違います。
応募後にネットで情報収集すれれするほど「1次全滅」の可能性がどんどん濃厚に・・・。
1位応募馬は「ラッキーナンバー」に一縷の望みはありますが、
2・3位応募馬は既に「死に票」になっている可能性がきわめて大きく・・・。

ということで、、、
今からそんな話していてどうすんじゃ、との思いもありますが、
先週末からずっと1.5次募集での申込馬を検討中なんでございます。

もちろん、どの馬が1.5次まで残るかわかりませんので、
6/20段階でクラブHPに全く名前が出てこなかった馬たちを検討の対象としています。
実際には満口になってしまう馬もいるとは思いますが、
逆に、すべてが満口になるということもないと思っています。
去年の応募でも、
社台関東:13/35 社台関西:8/37
サンデー関東:14/37 サンデー関西5/39
と、約150頭中40頭は1次で満口にはなっていませんし、
特に関東に限定すれば、4割ぐらいの馬が売れ残ったんですよね。
なので、今年も関東馬、特に社台関東を中心に売れ残りはあるハズ・・・
と思って、そのあたりを中心に検討しています。


というわけで、以下が6/26現在で検討中のお馬さんたち総勢20頭。

<社台関東>

キングカメハメハ×ユーキャンドゥイット(牡:鈴木康厩舎予定 2,800万円)
4ユーキャン.jpg



キングカメハメハ×アグネスショコラ(牡:戸田厩舎予定 5,000万円)
5アグネス.jpg



ダイワメジャー×ヘルスウォール(牝:上原厩舎予定 2,000万円)
8ヘルス.jpg



マンハッタンカフェ×シーキングマイラブ(牡:古賀慎厩舎予定 3,600万円)
12シーキ.jpg



ネオユニヴァース×ハッピーリクエスト(牝:宗像厩舎予定 3,000万円)
16ハッピー.jpg



ハーツクライ×チャッターリップス(牡:小島太厩舎予定 3,000万円)
19チャッター.jpg



クロフネ×シーディザーブス(牡:田中剛厩舎予定 3,000万円)
21シーディ.jpg



デュランダル×ダークエンディング(牝:鈴木伸厩舎予定 1,600万円)
38ダーク.jpg



<社台関西>

ゼンノロブロイ×ラスリングカプス(牝:石坂厩舎予定 3,000万円)
54ラスリ.jpg



マンハッタンカフェ×アンナモンダ(牝:小崎厩舎予定 2,000万円)
57アンナ.jpg



シンボリクリスエス×オリエントチャーム(牡:北出厩舎予定 3,200万円)
63オリエ.jpg



フレンチデピュティ×ミスアルダント(牝:高橋義厩舎予定 2,000万円)
73ミスアル.jpg



アドマイヤムーン×インターラプション(牝:牧浦厩舎予定 1,800万円)
77インター.jpg



<サンデー関東>

ディープインパクト×デュアルストーリー(牡:手塚厩舎予定 5,000万円)
101デュアル.jpg



キングカメハメハ×フローラルパレス(牡:加藤征厩舎予定 3,000万円)
106フローラル.jpg



マンハッタンカフェ×キャッシュインクルーデッド(牝:田中剛厩舎予定 2,000万円)
115キャッシュ.jpg



クロフネ×アンナヴァン(牡:久保田厩舎予定 2,800万円)
120アンナ.jpg



フジキセキ×ソーアラート(牡:萩原厩舎予定 2,800万円)
127ソーア.jpg



<サンデー関西>

マンハッタンカフェ×マンティスハント(牡:清水出厩舎予定 2,400万円)
160マンティ.jpg



シンボリクリスエス×ロフティーエイム(牡:松田博厩舎予定 4,400万円)
167ロフティ.jpg



以上20頭をリストアップしてみましたが、
この中の何頭かは実際には1次満口だと思いますが、6/20までの票数で単純に区切ってみた候補です。

こうして眺めてみると、
ディープ・キンカメ・ステイゴールドのほとんど+ロブロイ×名牝という馬たちの人気が異常なだけで、
売れ残りそうな馬たちもボクには大変魅力的に見える馬ばかりです。
むしろ、170頭全体の中からよりも、こうして絞ってくれた方が選びやすくて良いかもしれません。

ボクが社台・サンデーのドラフトに参戦した2009年産馬の現状で見る限りは、
募集時の人気と競走成績には相関性はほとんど認められませんので、
上記の売れ残りそうな馬たちの中にも走る馬が入っている確率は十分と見ています。

ちなみに、上記20頭から出来れば2頭、うまく安いのでまとめられれば3頭いきたいのですが、
ここからのセレクトもかなり難解をきわめそうです。。。
まずは今週の金曜日に上記の馬たちが生き残ってくれることをお祈りしときましょう!!!


※写真は社台・サンデーサラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

2012年06月24日

6/23の出走結果

3頭が出走した土曜日の競馬。
一気に絶好調!!!というほどの結果にはなりませんでしたが、
ケイティーズハートが未勝利脱出を決めてくれましたので、不調期脱出へのきっかけとなってくれれば・・・
ですね。

というわけで、、、
6/23(土)の出走結果でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ケイティーズハート(キャロット 牝3:ハーツクライ×ケイティーズファースト)
栗東:宮本厩舎
6/23(土)10:20出走
函館2R 3歳未勝利(牝) D1700m 池添J


予想:A〜結果:1着

6月は3週連続重賞出走があったり、2歳馬のデビューがあったりしましたが、
玉ケン厩舎全体としては絶不調。。。
単勝1.3倍という断然人気のロードカナロアですら勝てない有様でしたが、
ケイティーズハートが玉ケン厩舎6月初勝利をあげてくれました。

これで玉ケン厩舎の3歳勢は、13頭に出資して12頭が出走、10頭が勝ち上がることが出来ました。
高い馬を集めてますので勝ち上がり率が上がるのは当然ではあるのですが、
それにしても10/13という勝ち上がりはチョット自慢に思ってます。
先週初出走で2着だったロードガルーダは無事でありさえすれば近々勝ち上がると思ってますので、
そうすると11/13勝ち上がりっていうのはいいですね〜。

ケイティーズハート自身の話に戻しますと、
今回のメンバーで勝てなかったら・・・という相手でしたので、
1番の馬に最後の最後まで苦しめられているようでは先々は甘くないですね。
このままダート中距離路線でいくならば、500万下でもキビシイんじゃないでしょうか。
足元が不安なのは承知してますが、そこを何とか上手くケアしてもらって、
いつかは芝路線にいってほしいですね。
ケイティーズ一族で父ハーツクライ、薄手の馬体と、どれをとってもダート向きとは思えないのです。

今回勝ち上がれたことで焦る必要はなくなりましたので、
足元が固まるまではダート戦で仕方ありませんが、
長い目で見ていって、いずれは芝で走る姿を見たいですね〜。



レッドエレンシア(東京TC 牝4:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
6/23(土)15:25出走
函館11R STV杯 芝1200m 三浦J


予想:B〜結果:2着

個人的には「最高」の結果の2着ゲットしてくれました!!!
いずれは再び準オープン〜オープンで戦ってほしいと思ってはいますが、
準オープン以上だとレース数が少ない上に、明らかにキビシイのはココ数戦を見てわかる通り。
しばらくは1000万でセコセコ賞金ゲットしてくれるのが一番の理想なんですよね。
そういう意味では本当に最高の着順で走ってくれましたし、
負けた相手も52kgの3歳馬の大駆けですから、落胆する必要もないでしょう。

準オープン惨敗続きだったころはキビシイなあ〜と思っていましたが、
1000万クラスで、しかも北海道ならばマダマダ十分好勝負可能であることを証明してくれました。
恐らくはそのまま北海道在厩して続戦だと思うのですが、
できればあと2〜3戦、このクラスで賞金ゲット続けてくれれば・・・
なんて虫が良すぎますかねえ〜。



ケイティーズジェム(キャロット 牝4:ディープインパクト×ケイティーズファースト)
美浦:菊澤厩舎
6/23(土)16:20発走
福島12R 3歳500万下(牝) 芝1800m 横山典J


予想:B〜結果:11着

転厩初戦、肺出血&骨折休み明けの1戦でしたので、
ただ回ってくるだけの今回の結果は十分想定していたのですが・・・
現実になると少々キビシイですね〜。

この大惨敗が単に仕上がり途上の休み明けのせいだけならば良いのですが、
走る気持ちの問題だとかな〜り厄介な気がするんですよね。
特に牝馬の場合は気持ちが向かなくなってしまうと、もうムリっていうケースも多いでしょうし、
レース後のノリさんのコメント的にはどうにも気持ちの問題っぽいんですよね。

事前にも書きましたが、
2歳秋〜3歳春に接戦していた馬たちはどんどん出世して、牝馬戦線の中心を担っています。
本来ならばジェムもその一員になっていたはずで、
500万で大惨敗なんてのは当時は想像すらしていなかった事態ですが、
この先どうなるのかはボクも不安しかありません。。。
おそらくNFで繁殖牝馬にはなれるでしょうから、これ以上惨敗する姿を見たくないという気もします。
うーん、、、むずかしいです。。。



<次週の出走予定>
レッドレイヴン :7/1(日) 函館5R 2歳新馬 芝1800m
ロードアクレイム:7/1(日) 福島11R ラジオNIKKEI賞 芝1800m

posted by 玉ケン at 22:29| Comment(2) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

6/23の出走予定

社台・サンデーの1次募集への申込も終わってスッキリ・・・といきたいところですが、
全滅濃厚なボクですので、1.5次募集へ向けた検討をいまだに続けている状況でございます。
1.5次に残りそう=1次では超絶不人気ってわけですが、
そんな残り物でも良い馬がザクザクいる気がして目移りするぐらいです。
不人気馬が走る痛快さはベールドインパクトで体験してますので、
今回もベールドみたいな馬が残っていないかな〜と思っています。

それはともかく、、、
今週の出走予定馬は3頭。
当初は予定していた日曜日のメテオライトは除外でゲートインかないませんでしたので、
土曜日のみで3頭が出走します。

先週は母レディブラッサムの兄弟2頭が出走しましたが、
今週は母ケイティーズファーストの姉妹2頭が出走予定。
先週の2頭は共に2着という非常に悔しい結果になりましたが、
今週の2頭はそのうっぷん晴らしということで頑張ってほしいところ。

ケイティーズ姉妹も有力どころですし、残るレッドエレンシアも有力なはずなんですが、
このところ絶不調続きの玉ケン厩舎なので、さっぱり自信がありません。
先週なんて単勝1.3倍でも負けましたからね。。。
出走予定の3頭のうち2頭が降級馬で、残る1頭もフツーなら勝ち負けのハズなんですけど、
今週こそは何とかなるのでしょうか???

というわけで、、、
6/23(土)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ケイティーズハート(キャロット 牝3:ハーツクライ×ケイティーズファースト)
栗東:宮本厩舎
6/23(土)10:20出走
函館2R 3歳未勝利(牝) D1700m 池添J


予想:A

新馬戦以来2〜3〜3着、1着馬との着差も0.0〜0.4〜0.1秒差ときてましたので、
4戦目となった前走は「今回こそは!!!」との意気込みでしたが、
着順も着差も後退する5着に敗退・・・。
何とかギリギリ優先は確保していましたが、いったん短期放牧して立て直すことを陣営は選択。
丸々2ヶ月ぶりの出走ということになりました。

初めて馬券圏外に敗れた前走後は「こりゃあ勝てそうで勝てないやばい展開かも・・・」と心配したのですが、
今回のメンバー相手ならば何とか一発回答で決めてしまってほしいところ。
過去4走以内で掲示板歴のある馬はコスモリボン1頭のみ。
この馬もすでに全12戦もしている馬で、ココにきての急上昇は考えづらいです。
あとは同じキャロットのヴィルトゥオーサも変わり身期待ということで人気みたいですが、
個人的には関西の猛者相手にもまれてきたケイティーズハートの方が1枚上だと思うんですけどね。

こちらも「休み明け」というハンデはありますが、完全にゆるめたわけではない短期放牧明けのものですし、
「相手が弱いから」という理由で函館参戦を決めた経緯からも、何とか結果を出してほしいです。
個人的にはこの仔は芝馬であると信じていますので、
さっさと「1勝」をあげてから、色々な条件を試してほしいと思っています。
そのためにも明日は何としても勝ち切ってちょうだい!!!


レッドエレンシア(東京TC 牝4:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
6/23(土)15:25出走
函館11R STV杯 芝1200m 三浦J


予想:B

ケイティーズハートと同様で、どこかが特別に悪かったわけではないですが、
今回が約2ヶ月ぶりの出走となるレッドエレンシア。
今回は降級戦ですので、こちらも一発回答といきたいところですが、、、
ケイティーズハートのレースよりは若干メンバーが手強そうです。

こちらのメンバーは1000万特別としては並かちょっと下くらいのメンバーレベルでしょうかね。
まず抜けて強そうに見えるのはラインアンジュでしょうか。
去年のあじさいSは強かったですし、その後の準オープンでの戦績はエレンシアを上回る感じ。
鞍上の四位Jは去年エレンシアに乗ったこともあるので、手の内も読まれているかも・・・。
あとはコレ!!!という馬はいないですが、1000万なら十分好走可能な粒揃いメンバーです。

そうはいっても、エレンシア自身は去年の札幌戦で同クラスを強い勝ち方していますので、
ココで勝ち負けになっても全く不思議はありません。
1番人気濃厚のラインアンジュに対しても、
ラインは2走前の準オープン1200mで0.5秒差、
エレンシアは前走が準オープン1400mで0.8秒差ですので、そう見劣りはしないです。

ただ不安材料がいくつかあるのも事実なので「B」評価としておきました。
・約2ヶ月ぶりの休み明け
・1年以上ぶりの1200m戦
・台風のせいで予定通りではなかった最終調整
これらを考えると、今回は掲示板確保してもらって次回が勝負!!!でもいいような気がしてます。
まあ結果が良いにこしたことはないですけどね。。。


ケイティーズジェム(キャロット 牝4:ディープインパクト×ケイティーズファースト)
美浦:菊澤厩舎
6/23(土)16:20発走
福島12R 3歳500万下(牝) 芝1800m 横山典J


予想:B

昨春のチューリップ賞で骨折〜6ヶ月ぶりの復帰戦を快勝・・・までは良かったのですが、
昇級戦となった道悪の1000万戦を大惨敗〜その後の初ダートも大惨敗。。。
レース後の検査で肺出血&軽度の骨折が判明。。。
そしていつの間にか、栗東:藤原英厩舎から美浦:菊澤厩舎へ転厩。。。
と、昨春以来の1年以上も「順調」とはほど遠い生活を送ってきたケイティーズジェム。
2度目の骨折を乗り越えての半年ぶりの出走となります。

2歳時の白菊賞ではドナウブルーと人気を分け合い、後のオークス馬には先着。
エルフィンSでハナ差だったグルヴェイグも今や重賞ウィナーです。
恐らくはレース中に骨折したと思われるチューリップ賞ですが、
そんな中でもビッグスマイルあたりとは接戦していました。

正直言って「こんなところにいるハズではない馬」と今でも思っているのですが、
今回は転厩初戦で、肺出血&骨折明けの半年ぶりの実戦ですので、
何しろターフを無事にまわってきてくれさえすれば文句はありません。
少しでも不調があれば無理はしないでほしい・・・
そういう点では最高のジョッキーを配してくれました(笑)

もし順調にまわってこれるならば、当然のように勝負圏内まで来ておかしくないのですが、
ジェムの調子もさることながら、メンバーもわりと揃った印象です。
同じく降級組のマイネジャンヌは実際に1回負けている手強い相手ですし、
3歳馬のフレイムコード・ブリッジクライムは実力がある上に52kgですからイヤな相手です。

まあジェムが100%の状態であれば、500万下で上記のメンバーにも臆することはないのですが、
しつこいようですが、今回ばかりは回ってきてくれさえすればOKです。
福島が向いているとも思えませんし、次以降の新潟戦が勝負!!!ということでいいんじゃないでしょうか。


posted by 玉ケン at 18:06| Comment(5) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

社台・サンデー 2012年度(2011年産)募集 投函してきました

社台・サンデーの2012年度募集も今日が最終中間発表。
同時に、本日消印有効という締切日でもありましたので、
ボクも夕方に郵便局まで行って投函してきました。

初出資した一昨年は新規の立場でドキドキ。
結果的にはダービー出走馬を初年度から出資できて最高にラッキーでした。

去年は「ひょっとしたらエアトゥーレ10が自分の出資馬になるかも・・・」とドキドキしましたが、
結局抽選ハズレ。。。
クラブに問い合わせて「第2でもまず大丈夫でしょう」と言われたマンハッタンフィズまで落選して、
ダブルにガッカリ。。。
と同時に、社台・サンデー出資者の恐ろしさを身をもって知り、
結局ボクのような庶民では憧れの馬に出資することは出来ないんだな〜と痛感させられました。

そして迎えた今年の募集。
250万円の実績では人気馬には到底いけないのは重々承知でしたので、
ボクの場合は単なる「人気ない馬さがしゲーム」なんですよね〜。
中間発表が始まる前は多少の妄想は出来たものの、
発表が進むにつれ、候補にしていた馬たちがどんどん消えていく・・・。
そんな感じなので、去年・一昨年のような盛り上がりはなく、アレもだめ、コレもダメという毎日。
こんな風に「人気ない馬さがしゲーム」している自分がバカバカしくなり、
ダメならダメで上等、自分がいいと思った馬を書いて出しちまおうということになってしまいました。
今日の最終中間発表の数字を確認してから「こりゃあ全滅だわ・・・」と思いながらも、
これが自分のほしい順番なんだしと納得して投函しました。

第1希望に書いたのは玉砕覚悟のディープ牡馬。
当然のように抽選になると思いますが、これに落選すると全滅は必至です。
やっぱり「ダービーをもう1度!!!」の思いをかなえるにはディープ牡馬しかないだろうと。。。

第2希望に書いたのはディープ牝馬。
第2まで回ってくるかどうかビミョーな票数ですが、
回ってきたとしても少数で、当選見込みは極めて低いです。

第3希望に書いたのはダイワメジャー牡馬。
これは十中八九回ってこないと思ってますが、一応書いておいた馬ですね。

まあ色々考えないわけではなかったですが、
補償もなくなった今、大してほしくもない馬に大金は注げないです。
抽選は時の運なので、ほしい馬を3頭書いて撃沈したら仕方ないと思いました。

個人的には全滅可能性が70%と見ているのですが、
実は全滅を味わってみたいという思いもあるんですよね〜。
全滅=1.5次募集参戦権ゲットですので、
電話がけ合戦を味わってみたいという意味不明な気持ちも大きかったりするのです。
クラブに問い合わせて聞いた数字では、
1.5次にまわってきそうな馬たちの中にも興味ある馬が何頭もいる状況なので、
全滅なら全滅でいいや、と割り切ることが出来ました。

過去2年の実績が250万で、このペースで4年実績を積み上げればソコソコにはなりますので、
1次で全滅しても1.5次では必ず出資するつもりです。
もちろん今回の1次で応募した馬が超ラッキーで当選できれば儲けモン。
去年は「エアトゥーレ出資してえ〜」と思って熱くなってましたが、
今回は当たればラッキー、全滅でも1.5次という楽しみがあると思って冷静でいられました。

というわけで、当たってほしい気持ち半分、全滅してほしい気持ち半分という、
極めて不思議な状態での応募となりましたが、
まずは今回の抽選がどうなるかを楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに、馬の名前は当落が確定したらお知らせします!!!
少なくともココ数週間のブログでアップした馬たちとは全然違う馬たちでございました(笑)

2012年06月17日

6/16・17の出走結果

今週こそは!!!の意気込みで挑んだ週末でしたが、
わが玉ケン厩舎の大将をもってしても、絶不調の波を押し返すことは出来ませんでした。。。
ガッカリ感がハンパないので、手短に出走結果の報告でございます。

6/16(土)・17(日)の出走結果でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ロードガルーダ(ロード 牡3:アグネスタキオン×レディブラッサム)
栗東:池江厩舎
6/16(土)12:50出走
阪神6R 3歳未勝利 芝1400m ウィリアムズJ


予想:B〜結果:2着

頑張って走ってくれたのは確かなんですが、あそこまでいったら勝ちたかったですね〜。
まあ既走馬たち相手に、520kgの大型馬のガルーダが初戦から2着なんですから、
フツーに考えれば、次は確勝でしょう。
同じタキオン産で同じように3歳春デビューだったファステストスターを思い出すのですが、
それよりは間違いなく走ると言えそうです。

ただ、重賞級とかそういう話となると「・・・・・」というのも事実。
もし重賞級ならば、既走馬相手でも差し切っていたでしょう。
現にフレールジャックなんかは既走馬相手に驚異的な勝ちっぷりでしたからね。

まあ、今回だけで100%がわかるわけではなく、
まずは次戦でしっかりと勝ち上がってもらって、将来の展望を切り開いてほしいですね。



ロードカナロア(ロード 牡4:キングカメハメハ×レディブラッサム)
栗東:安田隆厩舎
6/17(日)15:25発走
函館11R 函館スプリントS(GV) 芝1200m 福永J


予想:A〜結果:2着

事前に予想した通りにドリームバレンチノは強く、しかも勝負の仕上げで来ていましたから、
まったく想像していなかった結果ではなかったですが。。。

ボクは基本的にユーイチ君のことは好きなんですけど、
今日の騎乗ぶりで、今日のレース後コメントはいただけないですね〜。
競馬は展開次第で結果が変わるのは当然ですが、
しっかり勝ち切ろうとするならば他の乗り方があったでしょう。
負けるとすればこの展開しかない、という唯一オンリーな騎乗ぶりだったと思います。

馬が超G1クラスならば、この展開でも差し切ったと思いますが、
カナロアは残念ながらそこまでではないのは高松宮記念でわかってしまいましたからね。
オマケに相手のドリームは強い馬ですから、
こちらにミスがあっては負けてしまうのもやむを得なかったでしょう。

次は秋のセントウルSという話が出ているようですが、
今日の走りを見る限りでは、G1の舞台では少々きびしいんじゃないでしょうか。
残念ながらそう判断するよりない今日の走りでした。。。



<次週の出走予定>
ケイティーズハート :6/23(土) 函館2R 3歳未勝利(牝) D1700m
レッドエレンシア  :6/23(土) 函館11R STV杯 芝1200m
ケイティーズジェム :6/23(土) 福島12R 3歳500万下(牝) 芝1800m
メテオライト    :6/24(日) 阪神12R 加古川特別 D1800m

今週は母レディブラッサム兄弟の登場でしたが、
来週は母ケイティーズファーストの姉妹が登場で、今週同様に勝機は十分のハズです。
レッドエレンシアのレースも降級組はほとんどいないようなのでチャンスは大きそうです。
メテオライトの加古川特別だけはメンバー的にちょっとキビシイかもしれませんが、
どの馬も、何とか玉ケン厩舎に久々の勝利をもたらしてほしいです!

posted by 玉ケン at 22:03| Comment(0) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

6/16・17の出走予定

6月に入ってから3週目となる出走予定ですが、
玉ケン厩舎はここ最近は絶不調状態が続いておりますので、
今週のロード勢2頭には何とか流れを変える走りを期待したいです。
あ、ちなみに「ロード勢2頭」と書きましたが、
カナロア・ガルーダの母レディブラッサム兄弟と言った方がわかりやすいですね。

というわけで、、、
6/16(土)・17(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)

ロードガルーダ(ロード 牡3:アグネスタキオン×レディブラッサム)
栗東:池江厩舎
6/16(土)12:50出走
阪神6R 3歳未勝利 芝1400m ウィリアムズJ


予想:B

母レディブラッサムの兄弟は、長男ロードバリオスだけは今週出てきませんが、
次男のロードカナロア、三男のロードガルーダ、次女のアウトシャインの3頭が今週揃いぶみなんです。
ボクが出資していない2歳馬アウトシャインが6/16(土)1Rで先陣を切り、
ガルーダが土曜日6R、そしてカナロアが最後に函館メインで登場ってわけなんですね。

そもそもガルーダに出資した最大の理由はカナロアの存在だったわけですが、
まさかデビュー戦が3歳6月になるとは思ってもいませんでした。
早熟な血統でないのは確かなんでしょうが、
ココまでデビューが遅れたのは昨年9月に発症した骨折が要因です。
父タキオンは言わずもがな、母ブラッサムの血統もあんまり丈夫ではないようなので、
こればかりは仕方ありません。
妹のアウトシャインよりも遅いデビューになってしまいましたが、
何とかココから追いついていってほしいところ。

今回のメンバーがどうなのかはよくわかっていないのですが、
もしガルーダがソコソコの素質を持っているのならば、
既走馬相手とはいえ、この時期の未勝利戦であればそれなりに格好はつけるはず。

調教ではかなり良く動いているようですので、馬三郎ではグリグリに近い印がついているほどです。
ちょっと期待が先行しちゃってる感を感じなくはないのですが、
カナロアの弟で父アグネスタキオン、池江厩舎でウィリアムズ騎乗とくれば人気になるのも納得です。

ただ、そもそもは7RのD1400mを予定していたのに、直前になって芝に変更。
どうも7Rの同厩舎社台馬にクラを譲ったような気がしてしまうのですが、
ボクの単なる気のせいですかね???

まあ個人的には、ココは無事に回ってくることが第一で、
あわよくば掲示板ゲットで優先権確保・・・ぐらいが望みとしておくのが無難です。
でも、、、
印を見ていると「勝ってほしい」と思うようになっちゃうんですよね〜。
うーん。。。



ロードカナロア(ロード 牡4:キングカメハメハ×レディブラッサム)
栗東:安田隆厩舎
6/17(日)15:25発走
函館11R 函館スプリントS(GV) 芝1200m 福永J


予想:A

フツーに考えれば、高松宮記念1・2着馬のいないココでは「鉄板」と出来るくらいなんでしょうが、
・玉ケン厩舎の絶不調ぶり
・このレースへの勝負度合い
を考えると、取りこぼす可能性もなくはないような気がしています。

もしもココでメイチに仕上げてくるようであれば、安田陣営を疑ってしまうぐらいです。
あくまで目標は秋のスプリンターズSなので、ココは6〜7分の仕上げなのが当然です。
そんな仕上げでも勝てなければ、カレンチャンとは勝負できないというのはわかっていますが、
ドリームやパドトロワのココへの勝負度合いに足元すくわれても仕方ないように思ってます。
カレンチャンは昨年6〜7分仕上げで勝ち切りましtが、
現状ではカレンチャンには及んでいませんので、同じ程度の仕上げでは勝てないかもしれません。

もちろん馬自体の実力は抜けていると思っていますし、
あくまで仕上げがどれだけの状態になっているか、つまりは自分との戦いなんですよね。
どんな名馬でも、叩き台をゆるゆる仕上げで負けるのは多々あることですので、
カナロアがココで負けてしまっても落胆する必要はないと考えています。
もちろん勝ってしまっても何の不思議もありませんので、
出来ることなら1着でゴールしてほしいのは言うまでもありません。
でも、、、ドリームもパドトロワも結構強いんじゃないでしょうかね???
まあ、レースが楽しみですね!!!

posted by 玉ケン at 22:51| Comment(0) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

風神に望みを託して・・・

社台・サンデー2011年産馬の応募締切まで約1週間。
去年・一昨年の同時期は勝手に盛り上がっていましたが、
2年間の応募〜出資経験をへて、誰もが羨むような良血馬には絶対に出資できない現実を知り、
今年は1週間前になっても盛り上がらない心境です。
今年〜来年の2年間は、半ば4年間実績作りのための出資と割り切るしかありません。
何とか2年後には少しでも実績勝負できるようになっていればいいのですが・・・。
・・・・・って、これぞ完全に術中にはまっている気がしているこの頃。。。

しかも玉ケン厩舎の近況は絶不調で、出資意欲は減退する一方・・・。
大将格のレッドデイヴィスの惨敗に加えて、期待の2歳馬も討ち死にですので、
テンションダウンは甚だしいです。。。

そんな状況下で、すがりつきたくなるのはヤッパリこの馬・・・。

ストリボーグ(社台 牡2:アグネスタキオン×ワールウインド)
栗東:安田隆厩舎

ストリ.jpg

(社台TC公式HPより、2012/6/7付)


(以下、社台TC公式HPより引用)
2012/6/1 社台F
引き続き順調に乗り込まれており、常歩3000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗ってから、直線ダートコース(1000m)では1日2本乗る日も設けています。
砂厚の深い馬場でも軽快な走りを見せており、スピードもあって楽しみが大きい1頭です。
現在の馬体重461sと、乗りながら増やしていることから、今後もタフな調教を続けていけそうです。


2010年産馬の命運を握る社台出資馬であるのと同時に、
社台では初の命名馬ですので、自然に力が入ってしまう仔なんでございます。
名前の「ストリボーグ」 はスラブ神話の「風神」のことで、
玉ケン厩舎に立ち込めている暗雲をガーッと振り払っちゃってほしいです。

公式HPでの最新写真は、光の当たり具合で色味がおかしくなっている気はしますが、
もういつでもゴーサインが出せるんじゃないかと思うぐらいに仕上がっている印象です。
ちょっとガレ気味に見えなくもないのですが、コメントによれば馬体重は増えてきていますので、
そこは余り心配する必要はなさそうです。
それ以上に全体バランスが秀逸に見えますし、細部を見てもよ〜く見えちゃうんですよね〜。
タキオン産にしては寝繋ぎで長さも十分で芝向きに見えますし、
首〜胸前〜前駆のあたりは十分に筋肉がついてきています。
少し懸念していたトモ周りもグングン筋肉がついてきた感じで、ボク的には文句ナシの馬体をしています。

ちなみにnet.keibaに掲載されていて産地馬体検査時の写真はこちら。
ストリボnet.jpg


上の写真よりも下の産地馬体検査時の写真の方が古い写真ですが、
全体的な印象は特に変わりはなく、育成が進んで絞れてきたというところでしょうか。
いずれにしても、ココまで順調に来ているように見えますね。

母ワールウインドというのはいかにも地味ですので、
POG関係で騒がれたりなんてことがないのは仕方ありませんが、
気になるのは「移動〜入厩」に関する情報も全く出てこないこと。。。

安田隆先生は2歳戦からガンガン使う印象ですので、
ここまで移動の情報が全く出てこないところを見ると、何かあるのではないかと不安になっちゃいます。
同厩舎の我が出資馬ロードカナロアは結果的には秋入厩〜冬デビューでしたが、
5月前後にいったんは移動の話が出ていたんですよね。
結果的にはカナロアの頓挫で秋に延期になりましたが、
期待馬だからわざとじっくり・・・という方針があるわけではない気がするのです。
そもそもノーザンよりは遅い社台Fというのは承知しているつもりですが、
そうはいっても社台Fの2歳馬たちも続々と脱北〜入厩している現状ですので、
少しだけ心配にはなってしまいます。

まあ心配しすぎだろうと思ってもいますし、
良く考えれば、暑い本州の夏を避けているとも考えられますので見守るよりありません。
デイリーのPOGで息子さんのどっちかが「イチオシ馬」みたいに言ってくれていたので、
それを盲目的に信じたいです。

1コ上の社台出資馬ベールドインパクトもこの時期はひたすらじっくり乗り込まれ、
7月になってようやく「入厩をめざして」のコメントが掲載。
7月末に札幌競馬場に入厩〜ゲート合格だけで再放牧〜秋に栗東TC入厩、
という経緯をたどりました。
今は早期入厩〜デビューがトレンドになってはいますが、やっぱり秋の栗東入厩が王道なのも確かでしょう。

なので、その雄姿を見ることが出来るのはもう少し先になりそうですが、
今は何しろケガなく、順調に推移しているという報告だけを待っていたいと思います。
安田先生、この仔のことも忘れずに頼みますね〜!!!



※写真・文章は社台サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!



posted by 玉ケン at 19:51| Comment(0) | 引退馬 2010年産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

6/9・10の出走結果

先週のユニコーンS〜今週のエプソムC〜来週の函館SSと、
5月末段階では「重賞3連勝もあるかもしれん」とまで思っていたのですが。。。

3重賞のうち2つが終わった現段階で、2週連続制覇どころか獲得本賞金ゼロという体たらく。
その他のレースに出た馬たちも惨敗続きで、6月に入ってからの玉ケン厩舎は絶不調です。
6月は獲得本賞金が1億越えしちゃうかも・・・なんて心配しちゃいましたが、
そんな心配はまったくの無用でございました。。。
ダービーで痛恨の「9着」になってしまったのがケチのつけはじめのような気がしています・・・。

というわけで、、、
6/9(土)・10(日)の出走結果でございますが、
日曜日の現地観戦記が超長編ですので、
ご覧いただける場合は「続きを読む。。。」をクリックしてご覧下さいませ。

(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)


<次週の出走予定>
ロードガルーダ   :6/16(土) 阪神7R 3歳未勝利 D1400m
ロードカナロア   :6/17(日) 函館11R 函館スプリントS(GV) 芝1200m

来週は玉ケン厩舎の大将ロードカナロアが登場します。
このところの絶不調を一気にはらいのける走りを期待しています。
さらに土曜日にはカナロアの弟ガルーダがスタンバイ。
出資してませんが妹のアウトシャインもスタンバイしているようで、
来週は母レディブラッサム祭りなんですね〜。
何しろ「結果」がほしい玉ケン厩舎でございます!!!


続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 18:41| Comment(0) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。