2013年05月19日

突然ですが・・・

突然ですが・・・
多忙と諸般の事情により本ブログは終了させていただきます。
コメントを頂いた方々、ご覧頂いた方々、短い間でしたがありがとうございました。

万一気が変わったら再開するかもしれませんが、今のところそのつもりはありませんので、
お世話になった方々とも今回でお別れということになります。
自身の記録という目的でブログ抹消はいたしませんが、コメントは非受付といたしました。

ブログは終了しますが、一口馬主はあとしばらく続けていくつもりですので、
何かのご縁があればよろしくお願い致します。

それでは皆様ありがとうございました!!!
posted by 玉ケン at 21:30| 一口馬主(全体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

5/18・19の出走予定

今週末から玉ケン厩舎としての真のゴールデンウィークが始まります。
今週のオークス〜来週のダービー〜再来週の安田記念と、GTに3週連続で出資馬出走予定でございます。

ダービーのレッドレイヴンは人気薄かと思いますが、
オークスのレッドオーヴァル&安田記念のロードカナロアの安田隆厩舎勢は3番人気以内は確実?
レッドレイヴンにしても個人的には十分勝負になるハズと信じていますので、
3週連続で勝負がかりというわけです。
あまり入れ込みすぎるとNHKマイルCのようなことが起きてしまうので自重しようと思ってますが、
レッドエレンシアの秋華賞で初GT出走するだけでドキドキした2年前からすると夢みたいです。

しかもオークス&ダービーは2年連続で2レースともに出資馬出走という状況で、
何よりも『クラシック至上主義』のボクにとっては本当に最高でございます。
一口馬主なんて圧倒的に損をするものと覚悟していますが、
こうしてクラシックに出走してくれれば高いお金を払った価値もあったと満足できるっちゅうもんです。

てなわけで、今週の主役がオークスのレッドオーヴァルであることが言わずもがななのですが、
それ以外にもたくさん出走予定となっています。
特に3歳未勝利馬たちには何とか1頭でも多く勝ち上がってほしいところ。
3歳世代は24頭も出資しながら現時点での勝ち上がりはわずかに8頭のみ。
上位の馬たちが活躍してくれているので何とか面目は保っていますが、
全体的に見れば、12頭中10頭が中央で勝ち上がった4歳世代と比べると悲惨な状況なのです。
なので、少しでも多く勝ち上がって先々につなげてほしい・・・というのは切実な願いです。

というわけで、、、
5/18(土)・19(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)



アロヒラニ(キャロット 牡4:キングカメハメハ×ファインセラ)
美浦:久保田厩舎
5/18(土)13:30発走
東京7R 4歳500万下 芝1600m ウィリアムズJ


予想:B

500万クラスで掲示板ゲットしたのは2走前の2着1回きりなのですが、
いつでもソコソコの人気で、前走にいたっては1番人気(結果は9着)でした。
毎回毎回支持してくれる方々はありがたいのですが、何しろこの仔はアテにならないですからね〜。
今回も新聞ではかなりの印がついていましたが、凡走しても少しも驚きはありません。
2走前の走りが出来れば勝ち負けしてもおかしくないとは思うのですが、
陣営のトーン的には自信満々という感じではないですね。
アロヒラニが十分に実力発揮したとしてもサトノプレジテントにはかなわない気がしますし、
今回は次走につながる掲示板ゲットしてくれれば・・・が願いでございます。



レッドエレンシア(東京TC 牝5:ジャングルポケット×マイハート)
美浦:鹿戸厩舎
5/18(土)15:10出走
東京10R 秋川特別 芝1400m 三浦J


予想:A

ここ最近はいつ走るのか読みづらくなっているレッドエレンシアではあるのですが、
東京芝1400mはベストの条件と個人的には思っていますので、今回は勝ち負けまで期待しています。
ハーキュリーズをはじめとして強敵揃いになっているのは確かでしょうが、
去年秋にプランスデトワールの2着したレースの再現ができれば十分太刀打ちできるハズです。
あの時も1枠1番の好枠を利してのレースでしたし、今回も見せ場十分なレースをしてほしいですね。



セブンスヘヴン(グリーンF 牝3:アグネスタキオン×エンゼルカロ)
美浦:小島茂厩舎
5/19(日)10:15出走
新潟2R 3歳未勝利(若手) 芝2000m 長岡J


予想:C

前走の2400m戦では全くいいところナシに終わってしまったセブンスヘヴンですが、
今回は色々と良化する材料があるとは思っています。
・距離短縮(2400mから2000mへ)
・減量騎手起用
・休み明け2戦目
の3要素が一応のプラス材料にはなるかと。。。
メンバーを見渡すと、数頭は強そうなのがいますが、レベル差が大きいメンバー構成のように見えるので、
うまくすれば掲示板ぐらいまで・・・なんて少し期待しちゃってるんですけどね。



プリーズドスマイル(グリーンF 牝3:ディープインパクト×レディトゥプリーズ)
栗東:安田隆厩舎
5/19(日)10:50出走
京都3R 3歳未勝利(牝) D1200m 北村友J


予想:B

セブンスヘヴンと同様に中1週での参戦となるのですが、
こちらは条件・騎手まで前回とまったく同じですので、問題は馬自身の上積みがあるかどうかです。
メンバー的には前走or前々走で僅差だった馬たちが人気になるような構成で、
前走・前々走も展開次第では逆転があったかもしれない・・・というぐらいのレース内容でした。
このところは1戦ごとに成長を示してくれているプリーズドスマイルですので、
今回またも成長を見せてくれればひょっとして勝ち負けまであるかもです。



アンレール(キャロット 牝3:ディープインパクト×フレンチバレリーナ)
美浦:藤澤和厩舎
5/19(日)11:30発走
東京4R 3歳未勝利 芝1600m 内田J


予想:C

上の2頭(セブンスヘヴン・プリーズドスマイル)と同様に中1週で未勝利脱出を目指すアンレールですが、
この仔のレースが3頭の中では最もキビシイですね〜。
前走5着で初めて優先権ゲットしたのは良いのですが、新潟の牝馬限定戦でしたからね。
それが今回は東京の混合戦。
ウチパクJが乗れるからという理由だけでココを選んだ気がしてならないんですよね。
土曜日新潟3Rに牝馬限定芝1600m戦があったのに何で東京の混合戦なのか理解に苦しみます。
前4走以内馬券圏内経験馬が8頭もいますので、今回はまず着外の可能性が大でしょう。
そして優先をのがしたおかげで放牧〜いつ戻ってこれるか・・・の路線まで見えてしまいます。。。
う〜ん、ホント理解出来ません・・・。
ちなみに現地観戦はしますが、口取りはハズレでした。


フラゴリーネ(キャロット 牝4:ディープインパクト×ゴレラ)
美浦:尾形和厩舎
5/19(日)13:00発走
新潟7R 4歳500万下(牝) 芝1600m 吉田隼J


予想:A

アンレールとは異なり、こちらは至極まっとうなレース選択をしてくれたフラゴリーネです。
個人的には母ゴレラのイメージが強いので、マイルという距離もベストに思えますし、
転厩初戦で混合戦だった前走から、牝馬限定戦の今回は前進必至と期待しています。
手強そうな相手が数頭いるのは確かですが、
ジョッキーも2戦連続ですし、降級前に1勝なんてことになってくれれば最高なんですけどね。



ロードガルーダ(ロード 牡4:アグネスタキオン×レディブラッサム)
栗東:池江厩舎
5/19(日)15:00出走
東京10R フリーウェイS 芝1400m 岩田J


予想:A

昇級初戦で初コースと不利な条件はあるのですが、ちょっと甘めな予想をしてみました。
というのも、やはり前走の走りがボクの見立てを大きく上回るものだったからです。
今回のメンバーが強力なのは百も承知、
近4走で同クラス以上で馬券圏内経験がある馬が7頭というかなりの豪華メンバーです。
フツーに考えれば惨敗〜フタケタ着順でもおかしくはないのですが、
カナロアの弟という血統背景も後押しして、何とかココを勝ち切ってくれないだろうかと期待してます。
そう甘くはないのでしょうが、もしココで勝ち負けすればすぐにOPでも通用すると思いますので、
何とか先々につながる走りを見せてほしいですね。
ちなみに口取り権利はゲット出来ませんでした。
ロードの電話受付のみというのはいいかげんやめてほしいです。



レッドオーヴァル(東京TC 牝3:ディープインパクト×コートアウト)
栗東:安田隆厩舎
5/19(日)15:40出走
東京11R 優駿牝馬(GT) 芝2400m C.デムーロJ


予想:B

ぶっちゃけた話、もしボクが馬券を買うだけの立場ならば「おさえ」以上には買わないでしょう。
鞍上が外人なのが心強いのは確かですが、走るのは馬ですし、
桜花賞で1着だったにも関わらず人気が下回る馬の方が馬券的にはずっと魅力があるように思っちゃいます。

オークスは桜花賞組が強いというのは衆目の一致するところなんでしょうが、
ボクは個人的には血統面も同時に重要視する立場です。
レジネッタは桜花賞を勝ちながら5番人気でしたが兄弟の距離適性から自信ありましたし、
遠くさかのぼれば、ダンスパートナー〜ユウキビバーチェの馬券は会心の一撃でした。
そんなボクのこれまでのスタンスからいっても、オーヴァルよりもアユサンの方が魅力的です。

しかしながら、それを言っちゃあおしまいよ!!!ってなモンで、
1枠1番という枠番を最大限に活かせばひょっとして・・・と思わないでもありません。
また、チューリップ賞〜桜花賞と比べれば明らかに体調アップしていますし、
桜花賞は向かい風の影響をモロに受けたことも確かです。
そのあたりで何とか逆転の目がないかと、、、

個人的には負けるとしたらやっぱりアユサンであってほしいです。
桜花賞の正当性が強調されるうえに、鞍上を丸山クンにする陣営は素晴らしいですよね。
アユサン以外の馬には負けてほしくないという思いがありますが、
オーヴァルの場合は勝ち負けか惨敗かのどちらかのような気がしますので、
負けるとしたら大惨敗も十分ありえると覚悟はしています。

ちなみに、口取り権利当たっちゃいました。。。
先々週のNHKマイルCでは2頭ともに口取り権利当選で、運の使いどころを間違えたという結果でしたが、
今回も不吉な前兆のような気がしてなりません(笑)
人生初の口取りがオークスの大舞台・・・なんてことになったら夢のまた夢のような話なんですけどね〜。
もうあとはまな板にのっかるだけですので、覚悟を決めて現地観戦してまいります。



posted by 玉ケン at 21:26| Comment(2) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

2013春の牧場見学−番外編<アレコレ聞いたお話>

5/2にうかがった北海道牧場見学シリーズ、
出資馬7頭の見学レポートはすでに完了いたしましたが、
見学した7頭以外のことでアレコレ聞いてきた話をちょこっと記しておこうと思います。

3牧場すべてで
「ボクの出資馬とは関係なく、個人的なPOGおススメを教えてください。」
「2012年社台・サンデー募集馬の感触を教えてほしい」
などなど、色々と見学馬以外のことであつかましいお願いをしたのですが、
案内担当の方にありがたいご返答をいただくことが出来ました。

あくまで話のついで的な内容ですし、
聞き手であるボクの主観たっぷりの内容になってますので、参考にもしない程度で聞き流してください。
もちろん文責はボクにあって、牧場の方々は一切関係ないということでお願いします。




−−−−−NF空港−−−−−

案内してくれた方は去年のGWに見学した際と同じ方でした。
巷ではNF空港の見学案内は無愛想で良くないとか聞きますが、
この方は全然そんなことはなく、かなりフレンドリーな人で個人的な印象はGOODです。

そしてこの方に聞いた、見学馬以外でボク的に最も重要度が高かったのは出資馬のこの仔の話。
ディアデルレイ(キャロット 牡3:キングカメハメハ×ディアデラノビア)
美浦:牧厩舎
653baac1201343082629ec1736e32b2.jpg

(キャロットクラブ公式HPより、4/30公開)


ボクが北海道に到着したのが4/30で牧場見学したのは5/2だったのですが、
なんと5/1にNF空港からNF天栄へ移動という、ボクにとっては最悪のタイミングでの移動。
早期移動で素直に喜べなかったのは今回が初めてでした。

5/2にNF空港にお邪魔したのですが、まさに1日前まではミンネゼンガーと同じ厩舎にいたそうで、
昨日までこの馬房にいたんですよ、とまで教えてもらいました。
厩舎担当の方曰く、いかにも走りそうな雰囲気いっぱいだったとのことでした。

案内担当の方に聞いた話では、
・牧厩舎になったのは角居厩舎の預託頭数が多すぎるので目先を変えてみようとのねらい。
 出来が悪いからという理由では決してない
・手ごたえとしては相当に良い感じ。
・1歳時は母に似た印象だったが、2歳になってどんどんマッチョになってきて父に似てきた。
 最近の馬体の変化から見ると距離は短めかもしれない。
とのことでした。

1/40の社台TCガリバルディが最高レートであるのはもちろんなのですが、
ディアデルレイも4/400つまり1/100はいってますので個人的な重要度は高いのです。
(ちなみにロードのジャズキャット11も1/100で、この3頭が個人的な高レートの3頭です。)
そんな重要度の高いディアデルレイが極めて順調で手ごたえもソコソコ良さそうで一安心でした。
すでに美浦TC:牧厩舎に入厩済みで、毎日2本の坂路調教をしっかりこなしています。
あくまで仮定の話ですが、順調にいけば東京2・3週でデビューなんて話もあるようですし、
これから長く続く競走馬生活のスタートを無事に切ってほしいですね。


<POG&12年産の話>
NF空港限定ではなく、NF早来も含めてという感じで聞いたのですが、
・ラングレー(ラヴズオンリーミー11)とその弟(ラヴズオンリーミー12)は共に良い。
・アドマイヤハッピーの仔もこのところはパッとしないが、12年産も良い出来ではある。
NF空港では早く空港に行かねばならないこともあって、見学馬以外の話はこれぐらいでした。




−−−−−NF早来−−−−−

去年のGWに訪れた際の案内担当の方は非常に歯切れが良く、
レッドセシリアを「これは走りますよ」とか、レッドベルフィーユを「これはマダマダ」とか、
今になってみると非常に的確な見立てをして下さったのですが、
今回の案内担当の方は穏やかで大人しい方で、キレの良いコメントはあまり聞けませんでした。
もちろん悪かったというわけではありません。

<POG&12年産の話>
・レーヴデトワール(レーヴドスカー11)はやはり良い。
・満口になってしまったが、シェアザストーリー11が個人的には関心・評価が高い1頭。
12年産の話は具体的なお話は特別ありませんでした。




−−−−−社台F−−−−−

社台Fの案内担当の方はボクの牧場見学史上初めて女性の方で、
とても優しく、見学馬についても、それ以外についても、た〜くさん色々と話してくれました。
ベールドインパクトについても、
「天皇賞に出ていれば間違いなく好勝負になったのにもったいなかったですよね。」
「トーセンラーが2着だったし、長距離適性はバッチリだったのに・・・」
と言ってくれたりしました。

<POG&12年産の話>
・スーア11とかグレイトサンライズ11とか、有名どころはもちろん良いとのお話。
・担当の方の個人的なイチオシはマジカルファンタジー11とのこと。
 ガリバルディと比べてどうですか、としょうもない質問をさせたもらったところ、
 マジカルファンタジーはマッチョタイプで、タイプが違うので比べるのは難しいとのことでした。
・すでに山元TCに移動済みのネオ牡馬(母名聞いたのですが忘れちゃいました)もかなり良いらしい。
・ベールドの妹ヴァイオレットラヴ12も馬の出来は間違いなく良いとのこと。



ってな感じで、案内担当の方にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、
個人的に興味のある話を少しだけ聞くことが出来ました、ありがとうございます。
まあ、去年の牧場見学時にはレッドオーヴァルよりもラカの方がかなり好感触だったくらいですので、
この段階に至っても走るかどうかなんてわからないというのが真実なんでしょうが、
こうじゃなかろうか、ああじゃないか、といった話を聞くだけでも十分面白いもんでございました。

posted by 玉ケン at 17:39| Comment(0) | 一口馬主(全体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

5/11・12の出走結果

先週末は出走が少なかったので、日曜日は競馬と関係ないお出かけ予定だったのですが、
娘が急に発熱したので結局ずっと家にこもりっぱなしでした。
だから何だ、ということは何もない意味のないお話でございました。

そんなことよりもBIGニュースだったのは、ダービーの2週前登録ですね。
今年は賞金レベルが異様に低くなり、レッドレイヴンもゲートインがかなう状況になりました。
これで2年連続で競馬の祭典に出走できそうで何よりです。
去年も今年も人気はないでしょうが、一発あると思ってますよ〜〜〜。

というわけで、、、
5/11(土)・12(日)の出走結果でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)


レッドアンジェリカ(東京TC 牝5:サクラバクシンオー×アイシーサイレンス)
美浦:国枝厩舎
5/11(土)16:00発走
新潟12R 湯沢特別 芝1200m 丸山J


予想:C〜結果:15着

もはや多くを語る気力もありません。
クラブが悪いのか、調教師が悪いのか、ボクにはよくわかりませんが、
今からでも遅くはありませんので、出来る限り早い決断を望みます。



レッドオーディン(東京TC 牡3:ジャングルポケット×リンガフランカ)
美浦:大竹厩舎
5/12(日)11:30出走
東京4R 3歳未勝利 芝2400m ウィリアムズJ


予想:A〜結果:2着

いやあ、惜しかったですね〜。
あそこまでいったら勝ちたかったですが、勝ち馬はこちらを見て追い出してましたので、
昨日のところは完敗といわざるを得ないですかね。

懸念していた前走のメンバーが低レベルだったことについては、
オーディン自身がしっかりと良化して懸念を払しょくしてくれましたので、
あとは体調くずすことなく続戦できれば、勝ち上がりは間もなくでしょう。
・・・実際は体調維持が一番難しいんですけどね。。。


<次週の出走予定>
アロヒラニ   :5/18(土) 東京7R 4歳500万下 芝1600m
レッドエレンシア:5/18(土) 東京10R 秋川特別 芝1400m
レッツグルーヴ :5/19(日) 新潟1R 3歳未勝利(牝) D1800m
セブンスヘヴン :5/19(日) 新潟2R 3歳未勝利(若手) 芝2000m
フラゴリーネ  :5/19(日) 新潟7R 4歳500万下 芝1600m
ロードガルーダ :5/19(日) 東京10R フリーウェイS 芝1400m
レッドオーヴァル:5/19(日) 東京11R 優駿牝馬(GT) 芝2400m

次週はオークスのレッドオーヴァルを筆頭にたくさんが出走予定。
ロードガルーダも準メインに出走予定ですので現地観戦予定です。
個人的にはオーヴァルに2400mは不安でいっぱいなのですが。。。

当然ながらJRAカードで指定席抽選申込してましたが当然のようにハズレ。
今回は当選確率が高いハズのS指定席でもハズレですからね。
これって本当に当たってる人いるんかいな、と思うぐらいにボクは1回も当たりません。
ちなみにダービーだけは何とか色々で席を確保しようと思ってます。
レイヴンの体調次第で出走しない場合もあるんですけどね。
posted by 玉ケン at 17:42| Comment(0) | 出走結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

5/10・11の出走予定

来週以降はGT出走予定が続いていくのですが、
今週はさびしく、500万・未勝利の2レースに2頭が出走するのみ。
ま、たまにはこんな週もあるっちゅうことで・・・。

というわけで、、、
5/11(土)・12(日)の出走予定でございます。
(ボクの予想:S=1着鉄板 A=3着以内 B=〜5着以内 C=6着以下 の予想)


レッドアンジェリカ(東京TC 牝5:サクラバクシンオー×アイシーサイレンス)
美浦:国枝厩舎
5/11(土)16:00発走
新潟12R 湯沢特別 芝1200m 丸山J


予想:C

前走は5着でしたが、今回は特別戦なので同じようにはいかないでしょう。
馬には何の罪もありませんが、個人的な興味は申し訳ないぐらいに少ないです。
まあ頑張ってください、というだけですね。



レッドオーディン(東京TC 牡3:ジャングルポケット×リンガフランカ)
美浦:大竹厩舎
5/12(日)11:30出走
東京4R 3歳未勝利 芝2400m ウィリアムズJ


予想:A

半信半疑だった前走のデビュー戦でも上り最速で0.2秒差の4着と健闘しました。
調教を見る限りは当然のように上積みがあるようですし、
2走目の今回は前進必至と思えるのですが、、、

心配なのは前走のメンバーがかなり弱メンだったこと。
フツーなら掲示板がやっとの馬たちが馬券圏内にくるような1戦でしたので、
0.2秒差4着といっても額面通りには受け取れないかもしれません。

ただ鞍上ウィリアムズJは強烈に頼りになりますし、
何とか好結果を期待したいですね!

posted by 玉ケン at 16:58| Comment(0) | 出走予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

2013春の牧場見学−7<ガリバルディ(シェンクの11)>

2013年春の牧場見学シリーズ、トリをかざるのは社台Fで拝見した2歳馬3頭目のこの馬。

ガリバルディ(社台 牡2:ディープインパクト×シェンク)
栗東:藤原英厩舎
IMG_0701k.JPG


写真で見るとよくわかりませんが、現地で見ると「足が長くてでかい」というのが第一印象でした。
1/40レートな上に馬名採用までされてるので贔屓目&思い入れはハンパなく強いのですが、
それを差し引いても、いい馬っぷりしているなあと感じましたね。

見学させてもらった5/2は何しろ風が強くて、下の写真の通り帽子が飛ばされそうなくらい。
IMG_0718k.JPG


普段はそうでもないらしいのですが、この日は風を嫌がって若干お怒り気味・・・
IMG_0706k.JPG


引手の人が歩かせてくれようとしてもご覧の通りのハイテンション(笑)
IMG_0723k.JPG


何とかご機嫌取りをして前後に歩かせてもらいました。
IMG_0717k.JPG


IMG_0710k.JPG


POG関係でも相当に大きく取り扱われていますが、
案内担当の方によれば、そのまんま期待してもらって間違いないそうです。
社台Fの事務所の人々の中でも話題になっていると言ってくれました。

育成も順調でいつ移動してもおかしくないレベルにまでなっているそうですが、
ボクが「藤原先生なので秋の本場開催ですかね?」と質問したところ、
現段階では具体的な話は一切出ていないので何とも言えないとのことでした。

担当の方に「POGもやっているので出資馬以外でおススメ馬を教えて」とお願いしたのですが、
ガリバルディも何頭か出てきた他のおススメ馬にヒケはとらないらしいです。
社台Fの代表格と思っていいですかとたずねたところ、力強くうなずいてくれました。

同じ厩舎で見学させてもらったグリーンFのセフィーロはダートの可能性もあるという話でしたが、
ガリバルディについては間違いなく芝でしょうと仰ってました。
それじゃあ来年の今頃の府中の大舞台をイメージしちゃいますよ〜と申したところ、
期待してくれていいんじゃないですかと心強〜いお返事でした。

リップサービスが多分に含まれているんでしょうが、
そこを考慮しても、やはり社台Fの中でトップクラスの期待馬であることは十分感じ取れました。
見学中ずっとハイテンションだったように、気性的にはまだまだ幼いのでしょうが、
去年のストリボーグなんかはもっとすごいくらいでしたからね。
夏〜秋のデビューまではまだまだ時間がありますので、幼い面も徐々に解消してくるでしょう。

社台東京事務所に別件でTELした際にも、電話に出た方が『最高級』と評してくれました。
脱北前の現段階としては過去の出資馬の中で最高の評価をされているように思います。
この時点での評価なんてアテにならないのは何度も経験させられていますが、
評価されない方が走るという明確な根拠があるわけでもありませんので、
評価されていること自体を喜んでおけば良いんです。

去年のベールドインパクト、順調ならば今年のレッドレイヴンと、
上手くいけば2年連続で日本ダービーに出走することが出来そうな現状です。
そして来年のダービーで3年連続出走へ、現時点で最も大きく夢見れるのはやはりこのガリバルディです。
社台F〜藤原英厩舎に任せておけば何の心配もありませんし、
これで走らなかったら仕方がないとあきらめもつきます。
おそらくは秋の京都あたりで初陣をかざることになるかと思いますが、
まずは頓挫なく順調にいってくれることだけを願っております。

というわけで、もう1度正姿勢の写真。
IMG_0732k.JPG


ちょっと首を伸ばしてみたところ。
IMG_0736k.JPG


最後に、りりしい?顔をアップで。
IMG_0720k.JPG



posted by 玉ケン at 15:31| Comment(2) |  11 ガリバルディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春の牧場見学−6<セフィーロ(ウィンドサイレンスの11)>

2013年春の牧場見学シリーズ、社台Fで拝見した2歳馬の2頭目はこの馬。

セフィーロ(グリーン 牡2:ディープインパクト×ウィンドサイレンス)
栗東:荒川厩舎
IMG_0741k.JPG


クラブHPに掲載された写真だと、トモがえらく頼りなく写っていたので心配だったのですが、
現地で見学・撮影させてもらった限りでは特別うすいわけではなく一安心でした。

社台で出資したガリバルディと同じ厩舎で育成中だったのですが、
ガリバルディが暴れて少々手こずったのに対して、セフィーロは大人しくていい仔でした。
なので、前後に引いて歩かせてもらった際も素直にトコトコ歩いてくれました。
IMG_0751k.JPG


IMG_0757k.JPG


クラブHPの情報でも至極順調な様子でしたが、実際まるっきり順調みたいです。
同じ父ディープでもガリバルディとはタイプが違うとのコメントでしたので、
ボクが「母父の影響でダートですかね?」と質問したところ、
まずは芝だろうけれどダートになる可能性もなくはない、との返答でした。
ディープ産のダート馬は少ないですが、ボレアスくらいになってくれれば文句ナシどころか最高ですからね。

お怒り気味だったガリバルディでは出来ませんでしたが、
大人しくしてくれていたセフィーロは顔ナデナデもすんなりさせてくれました。
IMG_0761k.JPG


姉であるレッドシルフィアにも出資していたと伝えてみたのですが、
その場にいるみんなレッドシルフィアのことはよくわかっていないらしく、
この母の仔はこれまでに長い期間走った仔がいないので、いまだ特徴がつかみづらいとのことでした。
ボク自身もセフィーロがどんな馬になっていくのかイメージしづらいのですが、
牧場の方々も同じような感想なんだと思います。

社台Fのディープ牡馬だというのに、POG本では完全無視をされているセフィーロですが、
ここまで何の不安もなく育成が進んでいるのは心強い限りですし、
やっぱりディープ産は走る、と思わせてくれるような走りを期待したいですね。


posted by 玉ケン at 14:46| Comment(0) |  11 セフィーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春の牧場見学−5<ヘルツフロイント(ライラッククイーンの11)>

NF早来の3歳馬2頭、NF空港の2歳馬2頭の4頭を紹介してきた牧場見学レポートですが、
残すは社台Fの2歳馬3頭でございます。
その1頭目はこの馬です。

ヘルツフロイント(グリーン 牡2:ハーツクライ×ライラッククイーン)
美浦:古賀慎厩舎
IMG_0785k.JPG


IMG_0788k.JPG


ヨーロッパの重厚な母系に父ハーツクライという血統で、
当たればホームラン、ハズレなら三球三振というつもりで出資したこの仔です。
(三振の確率の方が圧倒的に高いことも覚悟の上ですが・・・)
見学に訪れたちょうどその時まで調教をしていたらしく、上の写真は調教後ホヤホヤのものです。

ホームランか三振かはレース出走するまでわかりませんが、
上の横見での写真を見てもマダマダ成長途上で幼いことだけは間違いなさそうです。
担当者の方も早いデビューにはならないだろうとは言ってました。
ボクが「3歳デビューでしょうかね?」と質問したところ、
肯定もされませんでしたが、否定もされずといったリアクションでした。

ただ現状では順調に乗り込めるようになってはいるようです。
球節のモヤモヤで少し頓挫していましたが、今はもう問題ないとのことでした。
じっくり進めていきますとのコメントもありましたので、
焦点は3歳夏までに勝ち上がれるかどうか、というところでしょうか。
ボクの命名馬=走らない、が定説になってきてるので何とか覆してほしいんですけどね。
まあ三振覚悟で出資してますので、気楽に見守っていこうと思います。

posted by 玉ケン at 14:27| Comment(2) |  11 ヘルツフロイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

2013春の牧場見学−4<オーマイベイビー(オールザウェイベイビーの11)>

2013年春の牧場見学シリーズ、4頭目もNF空港の2歳のこの馬です。

オーマイベイビー(キャロット 牝2:ディープインパクト×オールザウェイベイビー)
栗東:池江厩舎
IMG_0832k.JPG


IMG_0838k.JPG


パスファインダー(ディスカバリングビューティの11)と最後まで悩んだのですが、
個人的な厩舎相性の悪さから敬遠して、こちらのオーマイベイビーに出資決定したのでございます。
池江厩舎も抜群の相性の良さというわけではないのですが、
ロードの馬での個人的経験ではやっぱり良い厩舎という感想ですので、
パスファインダーの方が活躍したとしても仕方ありませんし、悔いはありません。

前フリはともかく、見学時にゲットした情報としては、
近々にも移動になるだろうということでした。
完全に具体的なところまで決まっているわけではないようですが、
どんなに遅くても5月中には移動することになるだろうと仰ってましたね。

池江厩舎は馬房の回転が大変なんじゃないですか?と質問してみましたが、
一時期は確かにそうだったが今は全く問題なく効率よく回転しているので問題ないとのことでした。

この仔の展望については、
まずデビュー戦に関しては出たトコ勝ちだろうと超強気コメントが飛び出してました。
ただ、問題はその後のようで、、、
今のところ大丈夫ではあるが、姉のようにカーッとなるところが出てこないかどうかは心配。
さらにいえば、3歳以降の成長度については血統的には不安がないわけではない。
これまでの兄姉たちを見ると、やはり2歳戦が1つの勝負どころになるのではないかと・・・。
それなら阪神JFが目標ですねとボクからふったところ、
すんなり『そうですね』とのことでした。

個人的には3歳春まではしっかり成長してほしい気持ちがありますが、
2歳戦で大活躍できるのであれば、それはそれでOKです。
ボクの素人目には、だいぶ馬体もしっかりしてきたように見えましたし、
見学前よりも期待度はアップしましたね。
あとは担当の方の『出たトコ勝ち』を信じて、近々の入厩を待ちたいと思います。

posted by 玉ケン at 16:56| Comment(0) |  11 オーマイベイビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春の牧場見学−3<ミンネゼンガー(サワズソングの11)>

2013年春の牧場見学シリーズ、3頭目からは2歳馬でこの馬です。

ミンネゼンガー(キャロット 牡2:ハーツクライ×サワズソング)
栗東:今野厩舎
IMG_0826k.JPG


IMG_0829k.JPG


キャロットの安い牡馬ゴットフリートの活躍に味をしめ、
同じように比較的お安かったこの馬に出資したわけですが、、、
今のところは極めて順調ということでいいみたいです。
ちなみに、今年の2歳馬出資10頭のうち、ただ1頭産地馬体検査を受検済みなのがこの仔です。

案内担当の方とボクと同じ見解で、
当初はトモ中心に後ろの方がボリュームあったのが、今は前もしっかりしてきてバランスが良くなりました。

走る・走らないについての言及はありませんでしたが、
NF空港の育成としては最終段階に入っているそうです。
もういつ持っていってもらってもOKとのことでしたが、
5/2時点では具体的な移動プランの話はまだ出ていないとのことでした。
ただ、そう遠くはなく移動になるでしょうとも言ってましたね。

兄がダートなのでこの仔もダートでしょうかね?と質問したところ、
兄はフジキセキだったからダートに出たが、
この仔はハーツクライだし馬体的にも芝でしょう、ダートも走れると思いますけどね・・・とのことでした。

2,000万円の牡馬ですので、芝でもダートでも勝ち上がってくれさえすれば御の字です。
そうは言いつつも、馬体は募集時からずっとボク好みですし、
ひょっとして大化けしないかなあ〜〜〜なんて夢見ちゃってもいるのでございます。

posted by 玉ケン at 16:25| Comment(0) | 引退馬 2011年産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。