2013年06月28日

アルヴァーダの12 出資確定(のハズ)

昨日・今日と社台・サンデーの最終結果発表が公式HPでありました。

ボクの今年の申込は2頭取りで、
 第1希望:(社台)キングカメハメハ×マンハッタンセレブ(牝:2,400万円 美浦:尾関厩舎予定)
 第2希望:(社台)ハーツクライ×アルヴァーダ(牡:3,600万円 栗東:荒川厩舎予定)
というものだったのですが、今日の発表を見て超ビックリ!!!

最終中間発表では1位票数28票だったマンハッタンセレブでしたが、
結果的には132票を集め、社台TCではエアトゥーレ12に次ぐ第2位の人気だったのです。
ある程度の人気は覚悟しながらも、いくら何でも猛烈にはならずに実績でいけるだろう、
なんて思っていたのですが、ボクの読みは大きくハズレてしまいました。

この票数ではボクの実績450万円ではとても勝負にならないでしょう。
中間発表時点では満口になる気配すらなかった社台の高額牡馬が結果的にはことごとく満口ですので、
最後に高実績者が一気に投函したものと思われます。
高実績者の1パターンとして「1位に人気の安馬〜2位に人気のない高額馬」というのが定石ですので、
おそらくはマンハッタンセレブ12はこのパターンで高実績者にねらわれたんじゃないでしょうか。
正式には明日以降に届く通知待ちですが、90%ダメなものとしてあきらめモードです。

その代わりと言ってはなんですが、
昨日の満口か否かの発表だけでアッサリと出資が確定(のハズ)したのがこの馬。

「アルヴァーダの12」(社台TC)
2012年1月15日生まれ
父ハーツクライ 母父エルナンド  
栗東:荒川厩舎入厩予定
価格:3,600万円(1口90万円)
87060.jpg


(以下、社台TC公式HPより引用)
丈夫そうという言葉がピッタリな、骨量豊富で肢勢にも狂いのない男馬の登場です。疲れも見せず毎日夜間放牧が続けられていることで、体力も日に日に備わり、健康面で手がかかったことがありません。母系の影響を受けて兄姉のほとんどが大型に育ち、本馬も早生まれということもあって雄大な馬体が目立っていますが、この父との配合のためか、四肢は大きく滑らかに動き、手先の捌きもバネがあっていかにも芝向きの印象を与え、重苦しさがありません。馬に対してはきつい性格でも、スタッフには従順で扱い易く、折り合いの心配もないとみて、芝の中距離前後での活躍を頭に描いています。

6/19の最終中間発表時点でクラブにTELして問い合わせたところ、
1位〜3票、2位〜7票、3位〜3票
という不人気ぶり。
なので投函する時点でもまず大丈夫だろうと予想していましたが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/367104761.html
その予想通りに無風当選ということになりました。

1次募集時点で満口にもならずに出資確定したという点では、
2009年産ベールドインパクト、2010年産ストリボーグと同様の状況です。
2011年産ガリバルディも1位では満口にならずにHP発表時点で出資確定はしていましたので、
やはりボクのような弱小出資者は不人気馬をこっそりと出資していくしかないんですね〜。

それでも個人的には十分満足しています。
そりゃあ全ての馬をタダでもらえるとなったら、ディープとかレーヴドスカーがいいに決まってますが、
実際には貧乏人のボクには金額と人気の問題があるわけでして・・・
そんなボクにとって非常に魅力的な種牡馬がハーツクライ。
ディープインパクトにはさすがにかないませんが、
勝ち馬率・EIともに相当に優秀な数字をたたき出しており、
現時点の2013年リーディングサイアーBEST10のうち、
勝ち馬率では、ディープ、ダイワメジャーに次ぐ第3位。
EIでは、ディープ、ステイゴールド、キングカメハメハに次ぐ第4位。
これだけ優秀なのにも関わらず、募集馬の値段はディープ・キンカメよりはお安いのが魅力です。
そして上記種牡馬たちよりも人気もイマイチなのは、おそらくGT馬を出していないからでしょう。

個人的にも、
 2008年産:レッドシェリフ
 2009年産:ケイティーズハート
 2010年産:レッドセシリア
と3世代3頭に出資しましたが、3頭ともに馬代金以上の賞金を獲得してます。
超大物はいませんが、個人的には相性の良さを感じているんでございます。

ちなみに、、、
社台TCで募集された牡馬(4歳以上)というくくりで過去の実績を見てみましたが、
ディープ牡馬(社台TC)の平均獲得賞金:約5,500万円
ハーツ牡馬(社台TC)の平均獲得賞金:約4,500万円
というものでした。
約1,000万円の差があるのは確かですが、馬代金を考えるとハーツ産大健闘とも言えますよね。

そんなわけで今回の募集でディープ産駒と同様に注目していたのがハーツ産駒。
血統的にはGTのウィッチフルシンキングが一番のように思いましたが、
GTで母18歳の仔となると、つい最近引退した出資馬アラバンサスを忘れることは出来ません。
そもそもGTは退会の方向ですし、やはり社台・サンデーで・・・ということになると、
血統的にはアルヴァーダ12が個人的にはもっとも良いように思われました。

これまでの産駒が期待されたほどでなかったのは確かなんでしょうが、
母アルヴァーダ自体は社台Fが相当に期待して購入した繁殖牝馬です。
購入価格80万ドルというのは、今回募集された他の有力な海外繁殖牝馬にも劣りません。
半兄のアルヴェロンなんかは青葉賞6着で素質の片鱗は見せていましたし、
空胎明けの6番仔というのも悪くない要素です。

馬体的には何しろ「デカイ!!!」ですよね。
1歳6月の現時点で450kgという巨漢サイズ。
1月生まれということを考慮しても、500kgオーバーは確実でしょう。
あまりに大型化すると不安が出てくるのは確かですが、
個人的には小さいよりは大きい方がいいと思ってるので、さほど問題視はしていないです。
カタログの写真は前のめりになっていますし、DVDではずっと首を下げていたりと、
販促媒体だけでは馬体バランスがよくわからないのですが、
ツアー時写真を各ブログで拝見したら悪くない感じでしたし、
まあそもそもボクは馬体見てもよくわからないですからね。
トモは丸々しているように見えますし、まあいいんじゃないかという結論でした。

あとは厩舎ですが、荒川厩舎というのは正直全然よくわかってないです。
グリーンFの2011年産馬でお世話になることになっていますが、
まだ入厩すらしていないので、自分の実体験としては何もありません。
なので、あくまでデータ的なものでの感想なのですが、
JRAの調教師データを見る限り、数を使う先生であることは間違いなさそうです。
ボクの知るクラブ馬はギュスターヴクライやファタモルガーナがいますが、
どちらもデビュー時はぱっとしなかったのが、レースを使うごとに成長して、
最終的にはOPまで上り詰めています。
レース数を使わない藤原英先生を崇拝しているボクではありますが、
一口馬主的には使ってくれる方が良いに決まっていますので、そういう点ではプラス材料です。
あとは前述のギュスターヴクライが同じ社台TCの同じハーツ産駒というのも大きなプラスですよね。

あくまで2頭取りを前提としての第2希望馬ですので、
去年の第1希望だったガリバルディや2009年の第2希望ベールドインパクトといった、
大駒級の活躍の期待ははそれほど大きくはありません。
2歳秋〜3歳春までの間で何とか勝ち上がって、あとは条件戦を確実に出世していく、
そんなイメージを描いています。

そうはいっても、ハーツクライはウインバリアシオンみたいに突如として超大駒を出しますので、
アルヴァーダ12もひょっとして・・・
そんな夢も見れないことはない血統背景は持っていると思ってます。
まあ実際は、ストリボーグの二の舞にさえならなければ、あとは大きなことは言いませんです。
なので何とか無事にデビューして、無事に勝ち上がってほしいです。


※写真・文章は社台サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 19:23| Comment(0) |  12 ロングスピーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

2013年上半期の惨状と今後の方針

昨日ベールドインパクトの引退時清算書が送られてきました。
社台レートなだけにある程度まとまった金額になっていたのでプチ喜んだのですが、
よくよく考えれば、これは単に一時預けていたお金が戻ってきただけで、
引退したから得をした、なんてワケはないに決まっています。

このベールドインパクトの引退に象徴されるのが、
2013年上半期の玉ケン厩舎の惨状なんでございます。。。
ロードカナロアはGTを2勝と非常に頑張ってくれましたし、
桜花賞〜NHKマイルC〜オークス〜ダービーとGT出走が叶ったのは良かったのですが、
全体的には大惨敗としか言えない状況がず〜〜〜っと続いてしまっているのです。

どれだけの惨状なのか、ちょうど宝塚記念が終わったタイミングですので、
上半期の成績をふりかえってみました。

まずは以下の「年度別成績」をご覧ください。
年度別.jpg

一口を再開した2009年度は度外視するとして、
2年目である2010年度と比較しても「勝率」「掲示板率」「8着内率」すべて下回っています。
頭数が30〜40頭の大所帯となった2011年・2012年のここ2年と比較しても、
やはり2013年度のひどさが浮き彫りになってます。

特にひどいのが「勝率」の低さです。
ここ3年間は17〜18%をキープしていたのですが、今年は半分以下の8%!!!
去年は勝率17%で、かつ30勝を達成しましたので、
今年の目標勝利数を「48勝」なんてしていたのが今では恥ずかしい限りでございます。
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/310700345.html
「48勝」なんて夢のまた夢、上半期で10勝だけですので20勝が関の山というところ。

これだけ勝率が悪化している要因は何と言っても現3歳勢の勝ち上がりの悪さにあります。
全24頭とた〜くさん出資した現3歳勢ですが、6/25時点での勝ち上がりは8頭のみ。
1/3の勝ち上がりといえばそんなに悪くないように聞こえますが、
馬代金は平均以上の馬ばかりに出資してますので、C/Pは最悪に近いです。

現3歳勢をさらに細かく見れば、最もひどいのは勝ち上がりゼロのグリーンF勢です。
すでにレッツグルーヴが早々に引退していますが、
どれだけひどいのかを以下の「クラブ別成績」でご覧ください。
クラブ別.jpg

これを見ると、勝ち上がりゼロのグリーンF勢は掲示板率も同様に悪いのがわかります。

これらの結果をかんがみて、
またこの結果からもたらされる経済状況の悪化から、
以下のようにしなければならないというのが当然の成り行きでございます。

・グリーンF、G1サラブレッドは退会方向。
 〜G1はたった1頭の出資馬アラバンサスが引退済みですので、新規出資しなければ退会と同じことです。
  グリーンについては、現1歳馬の新規出資をしないことは絶対に守らねばなりません。
  そして、現3歳・2歳の成り行きを見て退会時期を決定することになります。

・キャロットも縮小方向へ。
 〜クラブ別成績を見ると、東京TCと大差ないように見えるキャロットですが、
  馬代金がロード、東京より高額にもかかわらず、高額賞金獲得馬がいないので、
  収支としては最悪に近い状況になっています。
  数年間続けても「大当たり」をひくことは結局出来ませんので、
  これまでのペースで続けることは不可能です。
  現1歳馬の新規出資はきわめて縮小していかねばなりません。

・最終的には「社台・サンデー、ロード、東京」の3クラブ体制へ。
 〜キャロットは細々と続けていくかもしれませんが、メインとなるのは上記3クラブです。
  東京TCは事務的な部分で不信感たっぷりではありますが、
  馬の活躍ぶりを考えると、やはりやめるわけにはいかないというのが正直なところ。
  やめようかと思って現2歳馬の出資は控えましたが、現1歳馬への新規出資は再開します。


以上の内容を今後の方針としてやっていきたいです。
カタログを見るとたくさん出資したい病が発病してしまいそうですが、
何としても頑張って方針を堅持していきたいです。
というか、そうしないと今後が持たないですよね。

しかしまあ、かえすがえすグリーンとGTはほとほと残念でございました。。。
何でもかんでも出資しちゃえ!!!というのが真剣にまずいというのをようやく勉強させてもらいました。
自分が馬を見る目がないのが一番悪いんですけど、なかなかに高い勉強代でした・・・・・

posted by 玉ケン at 20:49| Comment(0) | 一口馬主(全体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

ブログ再開&社台・サンデー2013年度(2012年産)募集 投函

5月19日にブログ終了を宣言してから約1ヶ月。
舌の根も乾かぬうちに・・・とはまさにこのことなのですが、
あっという間に前言撤回して、本日よりボチボチとブログ再開してまいります。

そもそも、、、
ブログ終了宣言したころは個人的に本当に最悪の状況で、
自分もマイコプラズマ肺炎でダウンしたところに、息子はもっとひどい1週間の入院。
出資馬がま〜るで走らない状況もあわせ、とてもブログどころではなくなったのでした。

今でも出資馬が走らないのは何も変わっておらず、
この1ヶ月間で勝利をあげたのは安田記念のロードカナロアのみという状況なのですが、
息子の入院の方は無事に退院できましたし、
社台・サンデーの募集にあわせて各ブログを拝見させてもらったら、
自分もまた一口ブログ再開したいなあ〜という気持ちにもなりましたので、
本日より再開することになったのでございます。
ちなみに、出走予定〜出走結果の記事は書くのが大変すぎるのでヤメにします。

自分の一口馬主LIFE的には、この1ヶ月間に色々なことがありました。
オークス〜ダービー〜安田記念というGT出走は超BIGな出来事でしたが、
1ヶ月近く前のことを今さら書いても仕方ありませんのでスルーということで、
それよりも何よりも、6月後半のこの時期といえば「社台・サンデーの1歳馬募集」が第一ですよね。
なかなかに忙しい状況でしたので例年よりも検討時間は圧倒的に少なかったのですが、
それなりに頑張って検討した結果、以下の通りの内容で投函いたしましてございます。


第1希望馬:キングカメハメハ×マンハッタンセレブ(牝:2,400万円 美浦:尾関厩舎入厩予定)
87006.jpg


第2希望馬:ハーツクライ×アルヴァーダ(牡:3,600万円 栗東:荒川厩舎入厩予定)
87060.jpg



2009年産であるベールドインパクトからスタートしたボクの社台一口馬主、
2010年産ストリボーグ、2011年産ガリバルディと、
毎年1頭のみの出資でやってきましたが、
ことしは2頭取りで記入しました。

結局のところ、カタログ・DVDをながめた当初の希望通りの2頭に落ち着いたのですが、
ここに至るまでは当然のようにたくさんの紆余曲折がありました。
以下長くなりますが、その経緯を・・・

まずリストだけの時点で第1候補だったのは、
ディープインパクト×ヴァイオレットラブ(牝:3,600万円 栗東:大久保龍厩舎予定)
87046.jpg

ベールドインパクトの出資者としては、無念のリタイアをせざるを得なくなった兄のリベンジ!!!
という気持ちは当然のことでございます。
ただ、、、
いくらなんでも細すぎる・・・という懸念を消すことは出来ませんでした。
オマケに予想以上に人気になっていて、そもそもボクの実績ではムリそうということになり、
あっけなく候補外ということになりました。

もう1頭、リスト段階での候補馬はこちら。
ハーツクライ×コートアウト(牝:4,000万円 栗東:松永幹厩舎)
87061.jpg

出資馬レッドオーヴァルの妹ですし、個人的に大好きなハーツクライ産馬。
若干お高めのお値段も個人的には全く気にならなかったのですが、、、
厩舎が個人的に完全NG厩舎・・・。
最後まで悩んだことは確かですが、NG厩舎はやっぱりNGということで。。。

その後に魅かれたのはこの馬。
ディープインパクト×エアトゥーレ(牝:4,000万円 栗東:安田隆厩舎予定)
87047.jpg

何故4,000万円という格安価格だったのか、いまだにわかりません。
仮に5,000万円でも十分満口にはなったことでしょう。
そんな格安価格に加えて、超魅力的なのが安田隆厩舎。
ボク的にはいわずもがなのロードカナロアの厩舎ですので最高に決まってます。
ただ、、、
そりゃあそうだよね・・・と思うほどの人気、というか最終的には社台NO.1人気です。
ボクの実績ではまるで歯が立たないということで一瞬にして候補外に。

結局のところ最終中間発表時点での票読みで90%が決まるボクの応募馬なので、
あとはいくつかの馬をある程度の候補ということにして決めつけずに推移を見守っていました。
そして迎えた6/19(水)の最終中間発表数。
この最終局面で結局は2パターンの応募パターンの選択ということになりました。

1つ目は、実際に応募したパターンである、
<2頭取り>
第1希望:マンハッタンセレブ
第2希望:高額ではない牡馬
というパターン。

このパターンの場合は、第2希望の牡馬の候補が何頭かはいました。
ただ、最終的には悩んだのは、アルヴァーダ12とこの馬、つまりハーツ牡馬です。
ハーツクライ×アグネスチーアフル(牡:2,400万円 美浦:尾形厩舎予定)
87015.jpg

牡馬で2,400万円という値段が大きな魅力だったのですが、
同時に大きな不安材料にもなり・・・
DVDでの動きが少しだけ固いような気がしたので、アルヴァーダの方を優先することとしました。


2つ目は、やっぱりディープ大好きというミーハーな気持ちを捨てきれないパターンである、
<1頭取り>
第1希望:レディオブヴェニスorアドマイヤハッピー
第2希望:マンハッタンフィズ
というパターン。

ディープインパクト×レディオブヴェニス(牡:8,000万円 栗東:藤原英厩舎予定)
87144.jpg

今回募集された馬のうち1頭をタダでくれるというならボクはこの馬を選びます。
血統も申し分ないですし、厩舎はボクとしては最高の厩舎です。
ただ、、、
やはり人気でどうしようもないですし、
個人的には去年のシェンク11と同額までの魅力があるかというと少しだけ疑問符でした。

ディープインパクト×アドマイヤハッピー(牡:8,000万円 栗東:池江厩舎予定)
87145.jpg

血統面ではレディオブヴェニスの方が魅力的でしたが、馬体はこっちの方が良く見えましたね〜。
厩舎はいいに決まってますし、
何より最後まで悩ましかったのは思った以上に票数が集まらなかったこと。
最終中間発表段階で第1希望が14票なので、単純計算ならば40票強が最終の数字といったところ。
50票以上になるとボクの実績ではキビシイですが、40票台ならば何とかなるかもしれません。
こればかりはフタをあけてみないとわからない世界ですので、
イチかバチかにかける価値は十分ある数字でした。
加えて、ボクとしては初のサンデーRの馬に出資したいという気持ちも大きかったです。
ただし、イチかバチかをやる場合には第2希望で確実にとれる馬を押さえておかねばなりません。

キングカメハメハ×マンハッタンフィズ(牡:8,000万円 栗東:石坂厩舎)
87050.jpg

値段なのか、若干うすく見えるトモのせいなのか、実際はその2つが複合してなんでしょうが、
石坂厩舎の良血馬にも関わらず、かな〜りの不人気ぶり。
水曜日にクラブに確認したところ、第2希望でも取れる確率は相当に高そうでした。
もしアドマイヤハッピーが外れたとしても、マンハッタンフィズがとれれば十分とも思えました。

つまりは・・・
<2頭取り>
第1希望:マンハッタンセレブ 第2希望:アルヴァーダ
<1頭取り>
第1希望:アドマイヤハッピー 第2希望:マンハッタンフィズ

この2パターンは記入寸前まで悩みに悩みました。
最終的には「2年連続で8,000万円の馬1頭だけにするのはやりすぎだろう・・・」
というボクには珍しい理性?がものを言ったようで、
上の2頭取りの方のパターンで投函しました。
維持費込みで考えれば、2頭で6,000万円も1頭で8,000万円も変わらないのですが、
やはりリスクを考えると、2頭いた方が安心感がありますよね。
さらにいえば、DVDを見た瞬間に「マンハッタンセレブいいじゃん!!!」という第1印象でしたので、
そのインスピレーションにかけようと思ったのでございます。
ボクの勘では、アドマイヤハッピーはそれほど票数伸びないと思ってますので、
書けば取れた・・・という結果になりそうな気がしているのですが、
まあ、どちらかにはしないといけないので仕方ありません。

最終中間発表の数字からすると、
第2希望のアルヴァーダはかなりの確率で決まると思っています。
逆に、
第1希望のマンハッタンセレブの方がまさかの実績落選するかもしれません。
ちなみにボクの実績は450万円で、
フツーに考えれば2,400万円の馬ならば余裕のハズらしいのですが、
ボクと同様に2頭取りを目論んでいる高実績者がかなり多く申し込んでいるとの噂・・・。
そうはいっても今さらどうしようもありませんので、何とか決まってくれることを祈るばかりです。

マンハッタンセレブ・アルヴァーダを選んだ理由については、
無事に出資が確定したら色々と書き連ねてみようと思ってます。

というわけで、ブログ再開記事第1弾でございました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。