2013年11月22日

レディバラードの12 出資確定

ロードサラブレッドオーナーズ〜2013年度募集で出資確定した馬のご紹介、
ラストの4頭目は抽選突破したこの馬。

「レディバラードの12」(ロード)
2012年1月31日生まれ
父ディープインパクト 母父アンブライドルド  
栗東:池江厩舎入厩予定
価格:6,300万円(1口12.6万円×4口出資)

バラード.jpg


今年のロードの募集馬の中で1番欲しかった馬ですので、抽選突破出来て本当に良かったです。
ボクはすごく魅力ある馬に感じたので、これは他の人々も同じように感じているだろうなと思い、
事前予想ではキビシイ抽選になることを覚悟していたのですが、
各ブログでも落選している人はほとんど見かけず、実際はそんなに厳しくなかったみたいですね。

レディバラード09=ロードハリケーンも出資申込しましたが、あえなく落選でしたので、
レディバラードの仔には3年越しでようやく出資がかなったことになります。
ハリケーンの時は締切1週間前時点で500口以上応募という超人気ぶりでしたので、
3年の月日がたって人気は落ち着いたということになりますね。


<血統>
前述のロードハリケーンの全弟であると同時に、ダノンバラードの全弟でもある本馬です。
ダノンバラードって世間のイメージ以上に強いんじゃないかと思ってます。
2歳時にかなり脚光を浴びたリバウンドでネガティブな評価になりがちなんだと思うのですが、
実際はディープ産駒の牡馬では3番目に賞金を稼いでいる馬なんですよね。
ディープの活躍馬って全兄弟も活躍馬だったというパターンが数多いので、
ダノンバラードの全弟というだけで期待度は上がります。

おそらくはダノンバラードと同じ全兄ロードハリケーンが1勝馬でとどまってしまっているのが、
本馬の人気がさほどでもなかった要因の気がしますが、
ハリケーンも運さえあればもっともっとやれたんじゃないかと思うんです。
500万で負けた相手はメイショウナルトやらブレイズアトレイルやらですからね。
弱い相手のレースを間隔空けて使っていれば、もっと出世できていたかもしれません。
そう思わせるぐらい、力を発揮できたときのレースっぷりは良かったですからね。
そもそも、これから晩成の血が騒ぎだすかもしれませんし、
ハリケーンが1勝馬どまりでいることが、本馬を申し込む否定的材料になることはなかったです。

全兄弟を度外視したとしても、レディバラードの母系は超優秀ですからね。
何といっても本馬の曾祖母バラードがハンパないです。
世界的な名繁殖牝馬といっても良いうえに、日本適性もバッチリな系統です。
社台・サンデーの良血ディープ産駒と比べても、個人的には全く見劣りしないと思ってます。


<馬体・動き>
カタログ写真は若干イメージと違いましたが、
ツアーや展示会に行った方々のブログで写真を見るといい感じに見えるんですよね。
ダノンバラードもロードハリケーンも素晴らしい馬体をしていたように記憶してますが、
どちらかというと薄めなのがダノンで、わりとガッチリしていたのはハリケーンという印象。
本馬はちょうどその中間ぐらいなんじゃないでしょうかね。

DVDでの動きは、何しろ前後の動きの時のフラフラぶりがすごかったですね(笑)
わざとまっすぐ歩かせないようにしてるのではないかと思えるぐらい。
そこが気にならないわけではなかったですが、あまりに変すぎて参考外とするしかなかったです。
横見での動きは全然悪くないように見えましたし、
この血統の馬ならば「特に問題ナシ」ならばOKであると判断しました。


<厩舎>
池江厩舎が日本TOP厩舎であるのは言うまでもありませんが、
ボクが注目したのは、今年からロードの預託が復活したこと。
My出資馬である2009年産馬ロードガルーダを最後に、
2010年産・2011年産と2年連続してロードからの預託はなかったハズです。
それが今年から復活、それも馴染みのレディバラード仔で復活なわけですから、
素直に考えれば、本馬の出来が素晴らしいから・・・と考えられますよね。

個人的な経験としても、やはりこの厩舎は素晴らしいと感じています。
まったく走らなかったレディハピネスも最後までしっかり出走させてくれましたし、
500万勝ちするのも難しいのではないかと思われたロードランパートにしても、
じっくりじっくりやってくれて、1000万で入着常連にまで育て上げてくれました。
放置されていると感じたことはこれまで1回もありませんし、
やはり素晴らしいものは素晴らしいとしか言いようがありません。



今年のドラフトで抽選になった馬は数多くいましたが、その中でもこの馬が最も欲しい度が高かったです。
全兄ロードハリケーンよりも募集価格が約1千万円値上がりしてしまいましたが、
今年の各クラブのディープ産駒の値上がり具合を考えれば、むしろ価格を抑えてくれたと感じましたね。
例をあげれば、、、
サンデーRのアドマイヤハッピー12。
2010年産のハッピーモーメントは6,000万円募集でしたが、
今年の2012年産は8,000万円募集。
ハッピーモーメントの募集時はすでに種牡馬ディープの評価も固まってきた中での6,000万円。
そこから2年で2,000万円値上がりしてしまったわけです。
2009年産であるロードハリケーンの募集時はディープ旋風が今ほどではなかった状況で5,000万円。
そこから3年たつのに1,000万円の値上がりですから、個人的には良心的だなあと感じます。

社台・サンデー〜東京TC〜キャロットと、今年の募集でディープ牡馬が何頭も募集されてきたわけですが、
ディープ×レディバラードで6,000万円というのは、
上記3クラブのディープ牡馬と比べても相当にお買い得感を感じましたね。
同じ6,000万円だったのが、
・社台のオンブルリジェール12
・サンデーのアドアード12
・東京のサセッティ12
・キャロットのポトリザリス12
・キャロットのシェルズレイ12
の5頭で、
東京の1頭をのぞいては、ほかは全て7,000万円以上でした。
あくまでイメージの問題なので異論はあろうかと思いますが、
ボクは同価格だった5頭はもちろん、それ以上の価格だった馬たちと比べても、
レディバラード12は血統・厩舎の面ではまったくヒケをとっていないと思いました。

やはりこの馬に期待するのは「エース」としての活躍です。
2012年産馬はC/Pを重視して選んだ馬を多くしたつもりですので、
どうしても地味目な仔が多くなってしまっています。
そんなラインアップの中で、レディブラッサム12と共に明らかに華やかさを感じさせる仔ですので、
イメージ通りの活躍を見せてもらいたいです。
全兄ダノンバラード・ロードハリケーンを見る限りは基本的に晩成血統なのかなと思いますが、
出来ることならばクラシック路線にのってほしいと思っているのは当然です。
少しでも早い1月生まれで少しでも早く路線にのってくれるのではないかとも思ってますので、
復活したロードTO〜池江ラインの手綱さばきに大きく期待しております。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 21:40| Comment(0) |  12 レディバラードの12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レディパステルの12 出資確定

ロードサラブレッドオーナーズ〜2013年度募集で出資確定した馬のご紹介、
3頭目は抽選突破したこの馬。

「レディパステルの12」(ロード)
2012年3月28日生まれ
父キングカメハメハ 母父トニービン  
美浦:藤原英厩舎入厩予定
価格:3,150万円(1口6.3万円×1口出資)

パステル.jpg


カタログ・DVD到着前の時点では、今年のロード募集馬の中でイチオシでございました。
オークス馬にキンカメ&藤原英厩舎で3,150万円ならば買い得感があり、
最低でも5口はいったろう!と思っていたのですが・・・
カタログを見て若干テンションダウン、測尺数値を見てさらにテンションダウン。
ボクと同じように感じた人が多かったのか、抽選にはなりましたがキビシイものではなかったようです。

<血統>
母父トニービンのオークス馬に父キンカメというパターンはルーラーシップと同じ。
というか、トニービン産駒のオークス馬自体がベガ・エアグルーヴそしてレディパステルの3頭なので、
どうしてもベガ・エアグルーヴというスーパー名牝2頭が比較対象になりがちなんですよね。
さすがにこの2頭と比べてしまっては可哀そうですが、
パステルも繁殖牝馬としてまるでダメなわけではありません。
日本でサッパリ結果が出ないロックオブジブラルタルの子供である程度の出世馬を出していますし、
我が出資馬ロードアクレイムも神戸新聞杯2着〜菊花賞6着というところまでいってますからね。
ベガ・エアグルーヴの2頭が偉大すぎるという話で、パステルも頑張ってはいるのです。
ただ、、、
オークス馬という看板を背負っているので、重賞勝ちの仔を出して当然と思われる部分はあります。
これまでの繁殖成績が期待に100%沿っているかというと、確かに不満足な部分はあるでしょう。

父キンカメ〜母父トニービンというパターンは意外と多くはいないのですが、
超大物は前述のルーラーシップぐらいでしょうか。
あとはソコソコの馬が多いようなイメージです。

それよりも血統的に近いのはキャロットのビンテージチャートですかね。
母父がトニービンではなくストームキャットですが、母ピンクタートルなのは一緒。
準OPで入着というところまでいっていますので、
これぐらい活躍してくれれば当然文句はありません。


<馬体・動き>
DVDでの動きは良いと思いました。
前後の脚はともにスムーズに動いているように見えましたし、
キンカメ産駒としては柔らかい部類に入るようにも思いました。

ただ、、、
問題なのは測尺数値「410kg」に表れている線の細さですよね。
カタログ写真を見ても明らかに華奢な体つきをしていますし、現状では不安を感じざるを得ません。
このまま細いままでいってしまっては困りますし、
もし今後たくましくなっていくとしても相当に時間がかかってしまうように思われます。
現時点のバランスを見る限り、今後成長して幅が出てくる可能性は強いと思うのですが、
パステルの仔は総じて晩成傾向ですので、
牝馬のこの馬の場合は、成長が遅い=致命傷になってしまうかもしれません。

どうしても馬体面での不安〜全体的な線の細さが解消されませんでしたので、
当初の予定を変更して1口だけの出資申込に変更したわけです。


<厩舎>
藤原英厩舎が個人的にTOP厩舎であるのはココで何度も書いている通りですし、
ロードとしてもTOP厩舎の1つですので、必然的に良い馬がまわっているハズです。
じっくりやっていく方針もこの馬には合っていそうですが、
じっくりやりすぎていつの間にか未勝利戦が終了してしまっていた・・・という心配はあります。
何とか母が制した大舞台オークスに間に合わせてほしいんですけどね。。。



アレコレとネガティブなことを書いてしまいましたが、
藤原英先生が去年のグリーンFパーティーの席で、
「パステルの当歳(つまりこの馬のこと)、あれはいいでえ〜」と言っていたのが忘れられません。
当歳時点での話なのでどこまで信じて良いものかというところはありますが、
日本のTOPトレーナーが「いい!」と言っていた馬ですからね。
そりゃあ期待しないわけにはいきません。

それに、よほどのことがない限りはパステルの仔に出資申込しないわけにはいきません。
一口再開のきっかけとなったのは東京TCのロンドンブリッジ07でしたが、
ロードTO入会のきっかけとなったのはレディパステル07=レディハピネスでしたからね。
その後の2008年産はセレクトセール行きで募集されませんでしたが、
レディパステル09=ロードアクレイム、レディパステル11=フィラデルフィアと、
出資申込できる仔はすべて申込んできていますので、ここでやめるわけにはいかないのです。

まずはもっともっと成長して馬体重も増えてきてくれないと・・・
ではありますが、
JBISの血統評価的には玉ケン厩舎2012年産馬の中でNO.1の馬ですので、
兄ロードアクレイムを超えるような活躍をしてほしいですね。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!


posted by 玉ケン at 19:57| Comment(2) |  12 レディパステルの12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

ロードサラブレッド 2013年度募集(2012年産) 抽選結果

http://banusitobakendou.seesaa.net/article/380323013.html
で書いたように、
・レディバラードの12
・レディブラッサムの12
・レディパステルの12
・レディキルシェの12
の4頭に申込をしたロードTOの2012年産馬でしたが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/380565149.html
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/380657533.html
の通り、
・レディブラッサムの12
・レディキルシェの12
の2頭は無抽選で出資確定。
で、、、
残る2頭が抽選となっていましたが、昨晩その結果が届いておりました。
その結果はご覧の通り・・・
4U8A3189k.JPG


いやあ〜無事に抽選突破できて良かったです!
事前の個人的予想では、レディバラードの12は激戦になると思っていたのですが、
掲示板情報によると、レディサファイア・インディアナギャルの方が人気だったみたいです。
結果的には当選確率の高い抽選だったのかもしれませんが、
特にレディバラードの12はメチャクチャ欲しかったので嬉しゅうございます。
牡馬の大駒が1枚ほしいところでしたので、レディバラード12がいるといないとでは大違いです。

今回出資確定した2頭については改めて紹介記事を書こうと思いますが、
今年のドラフトはこれでほぼ終了ということになります。
レディバラードの12が落選した場合は、
<ロード>
・エイトディズアパートの12
・レディピアレスの12
<キャロット>
・シアトルサンセットの12
の3頭を代わりに出資しようと考えていたのですが、
無事に当選できたことで、上記3頭にすぐに出資申込することはなくなりました。
依然として様子見候補ではありますが、
出資馬たちが予想外の大活躍をしてくれて、予算が捻出できた時のみの候補ということになります。

それにしても今年のドラフトは本当に満足いくものでした。
抽選ハズレはキャロットのマイティースルー12(一般)だけという結果で、
あまりにも上手くいきすぎて恐くなってしまうぐらいです。
機会があればドラフト総括なんかもしてみたいですが、
これだけ欲しい馬がとれれば、ラッキー以外の何物でもありませんよね。
本当にラッキーだったかどうかは馬が走るかどうか、とのご意見もごもっともですが、
ボクはそれとこれとは別の話だと思うんですよね。
出資馬選びで楽しむのと出資馬が走るのを見て楽しむのとのが別の話なように、
抽選突破はそれはそれでやっぱりラッキーなんです。

しつこくなっちゃいますが、レディバラード12・レディパステル12の2頭もゲット出来て良かったです。
今後はロードにもっと力をいれていこうと思ってますので、キャロットを軽くした甲斐がありました。
これでドラフトが終了してしまったのは少し寂しいですが、
次は馬名応募がありますので、切り替えて楽しんでいきましょう。



posted by 玉ケン at 16:49| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

レディキルシェの12 出資確定

ロードサラブレッドオーナーズ〜2013年度募集で出資確定した馬、
2頭目はこの馬。

「レディキルシェの12」(ロード)
2012年4月25日生まれ
父ジャングルポケット 母父サンデーサイレンス  
美浦:菊川厩舎入厩予定
価格:1,050万円(1口2.1万円×10口出資)
キルシェ.jpg


今年のロード、いや他クラブを含めても、総合的に言えばトップクラスに関心を引いた馬です。
ボクのフシアナ目で見ると、血統ヨシ・馬体ヨシ・動きヨシの三拍子がそろってるように見え、
にも関わらず、お値段は牡馬としてはかなりのロープライス1,050万円。
個人的には「値段の安さ」だけが唯一の懸念材料という本馬なのですが、
当然のように人気はまるでなく、1次申込で記入=無抽選で出資確定とあいなりました。

<血統>
ジャンポケ×SSはニックスと言われていますが、
父ジャンポケ側から見ると、母父サンデーサイレンスは確かに優秀なブルードメアサイヤーですが、
逆に母父サンデーサイレンス側から見ると、父ジャンポケはその他種牡馬と大差はありません。
父キンカメ×母父SS、父シンクリ×母父SSというパターンとはほぼ同じような結果で、
父クロフネ×母父SSというパターンの方が好結果を出しているようです。
要するに母父サンデーサイレンス自体が優秀なのであって、
父ジャンポケがニックスだからというのは少々無理があるような気もするのですが、
父キンカメ×母父SSとほぼ同じようなデータになっているのはお買い得感があります。

この馬の場合にボクが魅力に感じたのは、
ジャンポケ×SSという部分だけではなくて、そこよりもさらに遡ったところ。
母母父ノーザンテーストとジャングルポケットも好相性に感じます。
父ジャングルポケット×母父サンデーサイレンス×母母父ノーザンテーストといえば、
旬なところでは一昨日の福島記念を連覇したダイワファルコン。
そしてGT馬ではジャガーメイルも同じパターンになっています。
ダイアファルコンはスカーレット一族の母系の力が大きいようにも思いますが、
ジャガーメイルの母系はさほど大したことはないですからね。
母父SS〜母母父NTで、ダブルに好相性の組み合わせのように思えて好印象です。

さらにいえば、母母母のラスティックベルは名繁殖牝馬ですよね。
フサイチエアデールの系統が最も好結果を出しているのは確かですが、
それ以外のラスティックベルの子供たちからも活躍馬が出ていて、活力ある牝系の1つじゃないでしょうか。
ジャングルポケットとの相性ということで見てみても、
ラスティックベルの娘であるマリアヴァレリアはジャンポケとの間に勝ち馬を出しています。
同じくラスティックベルの娘インディスユニゾンの娘クロノロジストもジャンポケで勝ち馬を出しています。
ラスティックベル系でジャンポケ産駒は4頭中3頭が勝ち上がり、
ただ1頭勝ち上がれなかったサンデーRのサンヴァレリアンも2戦目で2着と素質は見せていました。
母父SS〜母母父NTという組み合わせだけではなく、
純粋な母系の質という点でも、本馬は十分な血統背景を備えていると感じましたね。


<馬体・動き>
幅の薄い馬体は好みの分かれるところでしょうが、個人的な好みからすると「いい!!!」んですね〜。
血統のイメージそのままの馬体とも言えますし、脚が曲がっているなどの不安材料は見つかりませんでした。
欲を言えば、トモだけはもう少しボリュームがあっても・・・とは思いますが、
4/25という遅生まれですし、成長すればもう少し幅は出てくるんじゃないでしょうか。
何しろ全体的なイメージが完全にボク好みなんですよね。

DVDでの動きを見ても、アバタもエクボに見えてしまうのか、良い動きをしているように見えました。
両前脚繋ぎのクッションは大変柔らかいですし、前脚の運びも柔らかくかつキビキビしています。
後脚の踏み込みも非常に深いところまできていて、
ボクのチェック項目的にはプラス材料ばかりになってしまいました。
前後で動かしている映像は他馬と同様にメチャクチャでしたが、
あまりにひどい外弧・内弧といったことがないようには見えたので、まあOKでしょう。


<厩舎>
美浦の菊川厩舎というのは個人的にはほとんど存じ上げません。
過去成績を見ても毎年10勝台半ばがほとんどで、地味な印象はぬぐえません。
過去の活躍馬も、コスモヘレノスとかフジマサエンペラーとか、まあ地味ですねえ〜(笑)
ただ、ロードの馬とは比較的好相性のようで、
安馬の中からロードアイアン・ロードエフォールという活躍馬を出しています。
角居・池江・藤原英といった超トップ厩舎のように、厩舎がプラス要素になるわけではないですが、
関東の厩舎でもあり、個人的にはマイナスということでもありません。


長々と書き連ねましたが、
何といっても本馬の1番の魅力は、1,050万円という「お安さ」です。
ジャンポケ牡馬で1,000万円以下というのはクラブ馬ではおそらくいなかったと思いますし、
最近のセールでも1,000万円以下で落札されたジャンポケ牡馬はわずかしかいません。
訳の分からない母系でも1,000万円以上になるのはザラなのに、
この血統で1,050万円はお買い得感しかありません。

1,050万円というお安さであれば、
仮に数戦して未勝利引退ということになったとしても、出走手当&抹消関係で何割かは充当できちゃいます。
補償がなくなった今、このお値段の安さは何物にも代えがたい魅力です。

このお値段ですので、基本的には多くを望んでいるわけではありません。
同じジャンポケ産駒の出資馬レッドエレンシア級になってくれれば最高ですが、
それはそう簡単な話ではないのは承知しております。
何とか期間内に勝ち上がって、500万〜1000万でたまに掲示板・・・
そんな風になってくれれば十二分にペイできることになります。
もちろんホームラン級が出ることもある血統ですので、
まさかまさかの展開を夢見ることが出来ないわけではありません。

一番の懸念材料は、魅力の裏返しである「安さ」です。
この血統で馬がマトモであれば、2,000万円以上でも出資候補にするぐらいと思ってますので、
その半分の値段設定になっているのは「何か」があるとしても不思議ではありません。
ボクも応募するまでずっと懐疑的にDVDを何度も眺めましたが、
「カタログ」「DVD」という2つの情報だけでは「何か」を見つけることは出来ませんでした。
実馬を見たり、身体のデータを見たりすれば違うのかもしれませんが、
ボクら一般の出資者は与えられた2つの情報で判断するより仕方ありません。

これまで何頭も「お買い得感」につられて出資して痛い目を見てきました。
馬のプロが安い値段をつけるには訳があるのだと承知しているつもりです。
それでも、、、
このお値段ならば騙されても仕方ない!!!
と割り切って、異例の10口出資することになりました。
レート的には社台の2頭(アルヴァーダ12・マンハッタンセレブ12)とほぼ同じですので、
来年はこれら3頭の活躍にかかってくることになります。
未出走引退だけは避けたい事態ですので、何しろ無事に競馬場で姿を拝めることを祈ります。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 20:48| Comment(0) |  12 ロードトリニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

レディブラッサムの12 出資確定

楽しみにしていた先週末の競馬はどうにもイマイチな結果・・・。
結果的には京都遠征しないでおいて良かったというのが正直な感想ですが、
今週〜来週は出走予定の数自体が少なく、寂しい週末になりそうです。。。

そんなイマイチ上がらないテンションの中ではありますが、
ロードTOのHPで抽選対象馬が発表になっておりました。
2013.11.18
2013年募集【先行受付】は11月15日(金)到着分を以って締切とさせて頂きました。No.1レディバラード'12(新規入会・会員)、No.3インディアナギャル'12(新規入会・会員)、No.5レディパステル'12(会員)、No.16レディサファイア'12(新規入会・会員)は募集口数以上のお申し込みを頂いたため抽選による受付となります。

ということで、
ボクの申込んだ馬は以下の4頭でしたが、
・レディバラードの12
・レディブラッサムの12
・レディパステルの12
・レディキルシェの12
このうち、バラードとパステルだけが抽選ということになりました。
応募段階での予想通りの結果で、おそらくバラードは相当にきびしい抽選になっていると思います。
3年前もレディバラード09は抽選となり、見事に落選ということになりましたが、
どうも今年も同じ結果になりそうな気がしちゃってます。

それはともかく、このたび出資確定した馬たちを紹介してまいります。
1頭目はこの馬。

「レディブラッサムの12」(ロード)
2012年4月24日生まれ
父ディープインパクト 母父ストームキャット  
栗東:安田隆厩舎入厩予定
価格:6,090万円(1口12.18万円×1口出資)
ブラッサム.jpg


中間発表段階では、レディバラード12・レディパステル12と同じく300〜350口応募でしたが、
この馬だけは最終の伸びがなく、無抽選での当選とあいなりました。
絶対にカナロアの妹はほしい!!!という人々が初期段階で申し込んで、
ボクのように最後まで迷っている人々にとっては、牝馬でこの値段というのが躊躇する理由だったのでしょう。
ボク自身も申し込むかどうか迷ったぐらいでしたので躊躇する気持ちは非常によくわかるのですが、
出資が決まった今となっては「走ってもらわねば困る」と切り換えていきます。

<血統>
ボクがいわずもがなの「ロードカナロアの妹」であり、
かつ「ディープインパクト×ストームキャット」でもあります。
もはやココで何かを書くのもためらわれるぐらいなのですが、
良く言われているように、レディブラッサムの仔は牝馬がイマイチ走らないというのは確かです。
というか、要するに牡馬であるロードバリオスとロードカナロアが走ったということなんですけどね。
ただ、ディープインパクトは牝馬でもたくさん活躍馬を出しているので、
あまり心配する必要はないでしょう。
単純に素晴らしい血統馬であると思っておけば良いと考えてます。

<馬体・動き>
ネットで見つけた6月ツアー時の写真は、かなりの腰高&背ったれのイメージ。
上の募集時写真は秋に撮影されていると思いますが、少なくとも背ったれはだいぶ解消されてました。
腰高なのは相変わらずですが、晩成血統のうえに4/24生まれですので、
これからグングン成長してバランスも良くなってくるんじゃないでしょうか。
現状でのバランスはイマイチですが、トモの丸さ&大きさは十分です。
カナロアの募集時と比べてしまってはかわいそうですが、ディープ牝馬としては文句ないトモです。
DVDでの動きは柔らかくて秀逸でしたし、
馬代金は確かに高いですが、馬の出来そのものは素晴らしいように思えました。

<厩舎>
ロードカナロア・レッドオーヴァルで大変お世話になっており、
パーティーで何度かお話しさせていただいた際も、非常に紳士的な方で素晴らしいです。
今年もリーディング上位につけており、もちろん何の文句もないのですが、
気がかりなのは預託馬の質が年々レベルアップしていること。
あまりにレベルアップしすぎて、自分の出資馬の扱いが心配になってしまいます。
2012年産のクラブ馬でも、
本馬と同じディープ牝馬で、
・社台のエアトゥーレ12
・東京TCのエリモピクシー12
という超良血馬を預かることになっています。
そんな中でも、カナロアの妹である本馬がいいかげんな扱いを受けることはないのでしょうが、
BIG厩舎になりすぎたが故の心配というのは否定できません。
逆にいえば、心配はそれぐらいなんですけどね。


申込時点までは「牝馬で6.000万円」という価格は確かに懸念材料でしたが、
馬自体はかなり素晴らしいようにボクには見えましたし、
カナロアが引退するという時期に妹に出資しないわけにはいきませんよね。
そもそもバラードとブラッサムと、どちらを複数口にしようか迷った時期もありましたので、
もしバラードが落選したら、こちらを買い増ししようかなと考えてます。
ペイを考えるとなかなかにキビシイですが、
もちろん夢を見れる馬だと思ってますし、同厩舎の先輩レッドオーヴァルぐらい活躍してくれれば・・・
と願っております。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 18:34| Comment(0) |  12 レディブラッサムの12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

ロードサラブレッド 2013年度募集(2012年産) 出資申込

今週末は楽しみな出走予定がたくさん出ており、特に京都で有力馬がいっぱい出るハズでしたので、
数週間前からホテル・新幹線・JRA指定席を予約してワクワクしていたのですが・・・

今週になって、2歳の大将格ガリバルディが出走予定を取り消して12/1に予定延期。。。
まったくの個人的な見解ですが、、、
社台オーナーズの馬サウンズオブアースが急きょ今週出走することになって、
その前走で騎乗していたM.デムーロJの関係で延期したのではないかと・・・。
こちらは10月末段階から「11/16京都芝1800mをデムーロで」と予定発表していたのですが、
サウンズオブアースが前走2着敗退した直後、
先週のクラブ公式HPで突如として「疲れが見られるので出走延期するかも」とのコメント。
そして今週になって「疲れはとれたが阪神開幕週の良い馬場をねらいたい」とのことで、
不自然さは極まりなく、サウンズオブアースにデムーロを譲らなければならなかったから・・・
との理由が邪推出来てしまいます。
ガリバルディも社台TCの期待馬ではあるのでしょうが、
サウンズオブアースはオーナーズで、吉田社長も散々プッシュしていた馬ですからね。
競馬界にはありがちなこととはいえ、何だかモーレツにやるせなくなってしまいました。
ガリバルディ以外にも、ベルフィオーレのデビュー戦・レッドオーヴァルのGTはあるのですが、
明らかに気分が盛り下がってしまったので、ホテル・新幹線など全てキャンセルしちゃいました。
ボクの個人的な邪推にすぎませんが、社台グループへの不信感が増したことは間違いありません。

そんな意気消沈なタイミングではございますが、
ガリバルディの出走延期の直前に、すでにロードTOの2013年度募集の申込をしてございます。
以下がその内容・・・

IMG_0438k.JPG


実際に申し込んだのは上記の4頭でしたが、
それ以外にも2頭の馬が候補になっていましたし、
候補の馬も含めて、口数をどうするかは最後の最後まで悩みましたね〜。
結局は牡馬に手厚く、牝馬に薄く、という口数にしたのですが、
ココに至るまでは紆余曲折がありました。

上記の4頭に申し込むことは当初段階から決めていたのですが、
他に候補だったのは以下の2頭。

エイトディズアパートの12(牡:父ステイゴールド 栗東:藤岡厩舎予定)
エイト.jpg

カタログ・DVDを何度見返しても、悪いところはみつからないですし、
社台系クラブのステイゴールド牡馬の価格を見ていると、
2,100万円という価格もお買得に思えてきます。
気になってしまったのはハッキリ言って「厩舎」です。
ボクは息子2人が騎乗することにはさほど抵抗はないのですが、
キャロットのミニョネットが結局勝ち上がれなかったのを考えると、ちょっと躊躇してしまうのです。
申込を済ませた現時点でも様子見候補であることは間違いないのですが、
資金が出来る前に売り切れてしまうのならば致し方ないと思うことにしました。

もう1頭の候補だった馬はこちら。

レディピアレスの12(牡:父ハーツクライ 栗東:笹田厩舎予定)
ピアレス.jpg

ハーツクライの牡馬が1,575万円というのはエイトディズアパート12以上にお買い得感あるのですが、
こっちの場合は現状の馬体バランスがイマイチに見えること。
血統背景的にも若干見劣りすること。
そしてエイトディズアパート同様なのですが、
ロードヴォルケーノが新馬勝ちしていれば同じ笹田厩舎に威勢よく出資できたのですが、
何とも微妙な結果の4着に終わってしまいましたので、
やはりこの馬も様子見することにしました。

去年のレディアーティスト11=デルフィーノは90%ぐらい出資確定しての様子見でしたが、
今年の2頭については本当の意味での様子見、
状況が良くなれば申込しますし、そうでなければ見送るつもりでございます。

というわけで、結局のところは当初段階で考えた4頭にしたのですが、
口数についてはずいぶん悩みました。

まず優先的に口数まで決めたのがこの馬。

レディキルシェの12(牡:父ジャングルポケット 美浦:菊川厩舎予定)
キルシェ.jpg

これまで小口クラブでの出資口数は「5口」が最多口数だったのですが、
この馬は何と言っても「お安さ」が最大の魅力でしたので、思い切って「10口」いっちゃいました。
血統ヨシ・馬体ヨシ・動きヨシの3拍子そろっているようにボクには見えましたし、
厩舎もアイアン・エフォールと、ロードのクラブ馬ではソコソコの活躍馬を出しています。
アイアンもエフォールも安馬でしたが、
これらの馬をしっかり育て上げた菊川師は意外とクラブ・牧場から信頼されているのではないかと・・・。
これまで通りに「5口」までにして、その分を別の馬にまわすことも考えましたが、
この馬の「5口」分を他の3頭にまわしたとしても「1口or2口」しか増やせないんですよね。
バラードを「1口」増やすよりはキルシェを「5口」増やす方が明らかにスリルがあって面白いと思い、
10/500出資申込という暴挙?をやってしまいました。
ただ、10口とはいっても金額的には21万円ですし、
キャロットの8000万円の馬だったら1口分でしかないんですよね。
馬代金1,050万円であれば、抹消給付金関係だけでも十分な割合になりますし、
維持費が10倍かかるのは確かにネックなのですが、それだけの魅力は十分あると判断しました。

次に悩んだのは、残る3頭のうちどの馬に比重を置くかということ。
馬体・DVDを見て一番良く見えたのはブラッサムでしたし、
安くあげられるという点ではパステルも捨てがたかったです。
最終的に判断理由にしたのはやっぱり「牡馬」ということ。
それでこの馬を複数口申し込むことにしました。

レディバラードの12(牡:父ディープインパクト 栗東:池江厩舎予定)
バラード.jpg

この馬1口分で上述のキルシェだったら6口買えてしまうわけですが、
やはり王道の期待をかけるディープ牡馬を1頭はほしい・・・
そうなるとやはりこの馬にいかないわけにはいきませんでした。
どうせならキリのよいところで「5口」にしようかとも思いましたが、
そうなるとブラッサムをあきらめざるを得なくなるので、中途半端ですが「4口」にしてみました。
「3口」だとちょっと少な目な感じがするので、ちょうど良い口数かなと思ってます。
ただ、何といってもこの馬の場合は抽選に通るかどうかですね。
ボクの個人的な予想では、最終的にはこの馬が1番人気になると思ってますので、
ロードハリケーンの時に続いての落選という可能性も十分覚悟してます。


キルシェ・バラードの口数を厚めにしましたので、
残る牝馬2頭は必然的に薄い「1口」ずつということになりました。

レディブラッサムの12(牝:父ディープインパクト 栗東:安田厩舎予定)
ブラッサム.jpg

バラードの口数を考えている時には、いっそのこと申込まないということも検討しました。
馬自体はバラードと甲乙つけがたいように見えたのですが、
やはり牝馬で6,000万円強というお値段はそれだけで二の足を踏んでしまいます。
一口再開直後はロンドンンブリッジの娘2頭(7,000万円・5,000万円)に躊躇なく出資しましたが、
再開して数年の経験を経ると、牝馬で5,000万円以上という値段がいかに高額かがわかってきました。
この馬も4,000万円台後半であれば、バラードよりも比重を置いた口数にしたと思うのですが、
6,000万円というお値段ではカナロアの記念出資という意味での「1口」しかいけません。
逆に言って、カナロア出資者でディープ信奉者としては「申込まない」というわけにもいきません。
なので結局「1口」だけなわけですが、
馬自体は本当に良く見えましたし、あくまで値段の問題が大きかったです。


レディパステルの12(牝:父キングカメハメハ 栗東:藤原英厩舎予定)
パステル.jpg

DVDで動きを見ると悪くない感じでしたが、
カタログ写真だけでは正直言ってピンとくるものはありませんでした。
ただ、、、
ラインアップ発表段階ではこの馬を一番手厚くいこうと思っていたんですよね。
お値段的にも悪くないですし、
去年のグリーンFのパーティーで藤原先生が「パステルの当歳はいいぞ」と言っていたからです。
最低でも5口はいったろうと思っていたのですが、
現状を検討すればするほど自信はなくなっていきましたね。
そうはいっても、パステルの仔はず〜っと出資しているわけですので、
ブラッサム同様に、申込まないというわけにはいきません。
なのでやはりこちらも「1口」という口数での申し込みとなりましてございます。


というわけで、全4頭〜16口の申込となりましたが、
さすがにレディキルシェ12は無抽選で決まると思ってます。
おそらくレディブラッサム12も最終的には無抽選になるのではないかと思っていますが、
レディバラード12はかなり厳しめな抽選になることを覚悟してます。
今後は社台・サンデーと同等の金額をロードにかけていこうかと思案しているぐらいですので、
何とか今回も抽選突破させてほしいのですが、あとは運を天に任せるしかありません。
早ければ明日にも満口馬の発表だけはあると思いますので、
出来ることならばボクの申込馬が満口になっていないように・・・と願うばかりでございます。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 19:53| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

アロヒラニ 南武特別観戦記

デルフィーノの新馬勝ち〜口取りの後はしばし時間があるのでペッパーランチで昼食。
そして今度はこの馬の観戦でございます。
アロヒラニ(キャロット 牡4:キングカメハメハ×ファインセラ) 美浦:久保田厩舎

口取り当選したデルフィーノはパドックの前半しか撮影出来ませんでしたが、
アロヒラニは口取り落選でしたので存分に撮影することが出来ます。
あわよくば、口取りの様子を外から撮影したいなんて思ってましたが、結果は・・・・・

というわけで、現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたが、
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。

続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 21:06| Comment(0) |  09 アロヒラニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

デルフィーノ 新馬戦観戦記

先週の金曜日に「楽しみ」と書いておりましたうちの1頭、
デルフィーノ(ロード 牝2:ハーツクライ×レディアーティスト) 美浦:牧厩舎
のデビュー戦ですが、
期待通りに1着となり、人生3回目の口取り撮影をすることが出来ました。

同じように期待していた1頭、
ロードヴォルケーノ(ロード 牡2:キングカメハメハ×ジャズキャット) 栗東:笹田厩舎
は残念ながら4着敗退でしたが、
その直後にデルフィーノが快勝してくれたので、トータル的には十分満足でございました。

調子に乗って、ロードの2012年産馬募集ではこれまでにない申込をしてしまいましたが、
その詳細は後日にまわすこととして、
とりあえず現地観戦記をアップでございます。

ロードヴォルケーノのレースをモニター観戦、
さらに口取り参加するのでカメラを手荷物で預けてしまったので、
パドック〜本馬場入場〜レースと、写真はわずかしか撮影できておりません。
一応は現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたが、
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。

続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 17:05| Comment(2) |  11 デルフィーノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

今週〜来週は楽しみ多し(のハズ)

ちょうど2週間のご無沙汰をしておりました拙ブログでございますが、
スプリンターズS以降はどうにも盛り上がらず、更新するテンションダウン中でした。
先週は3歳牝馬のアンレールが500万勝ちしてくれたりと出資馬たちは頑張ってくれていますし、
地元の焼肉屋で夕食を食べていたら、戸田先生がいて挨拶したりなんていう面白い出来事はありましたが、
去年の同時期と比べてしまうと、どうしても盛り上がってこないんですよね。

そんな折ではありますが、
今日11/8(金)の園田競馬ではミニョネットが勝利して中央復帰にリーチ。
そして今週〜来週の中央競馬は久しぶりに盛り上がってきている感じなのです。

やはりこの時期に一番盛り上がるのは2歳馬、
それも口数を多目に入れた馬たちが続々と出走予定になってますので、
来年以降の玉ケン厩舎全体のことを考えても、盛り上がらないわけにはいかないのです。

楽しみにしているこの2週間の出走予定馬たちは以下の面々。
(ちなみにココに記載した以外の馬も出走予定はあります。)

トップバッターはこの馬。
ロードヴォルケーノ(ロード 牡2:キングカメハメハ×ジャズキャット)
栗東:笹田厩舎
11/9(土)12:25発走
京都5R 2歳新馬 芝1600m ルメールJ
ヴォル.jpg

各種媒体の笹田調教師コメントを見ると、今回は回ってくるだけ・・・のニュアンスですが、
勝ち切るところまでいかなくても何とか内容のある走りをみたいところ。
5/500口入れてる馬ですので走ってくれなくては困るのですが、
兄ランパートも5歳の今になってようやく良くなってきたぐらいですので、この馬も長い目で見たいです。
今回の結果はどうあれ、いずれは走ってくると信じてますし、
2歳秋でデビュー出来ただけでもヨシとしたいですね。


ヴォルケーノの直後にデビューするのはこの馬。
デルフィーノ(ロード 牝2:ハーツクライ×レディアーティスト)
美浦:牧厩舎
11/9(土)12:45発走
東京6R 2歳新馬 芝2000m 後藤J
デル.jpg

今週更新された上の馬体写真を見て「いい感じ」と思っていましたが、
調教映像を見ると、こりゃあ思いっ切り期待しちゃいますね。
今週出走する準OP馬と併せて、まったく見劣りのしない動きを披露してくれました。
2011年産馬としては最後に3/500口出資した馬ですが、相当に期待度アップしちゃってます。
明日は現地観戦で口取りも当選してますし、
牧厩舎の出資馬でディアデルレイと連続の新馬勝ちといきたいですね。


来週デビュー予定が出たのはこの馬。
ベルフィオーレ(ロード 牝2:ディープインパクト×ワンフォーローズ)
栗東:藤原英厩舎
11/17(日)12:25発走予定
京都5R 2歳新馬 芝1800m 福永J
ベル.jpg

2011年産馬の牝馬エース格と期待して4/500口を出資したベルフィオーレ。
軽い頓挫はありましたが、概ね順調に推移してデビュー予定が出るところまで来ました。
シルクの看板馬?ワールドインパクトなんかも出走予定しているみたいですが、
血統的にはこちらもまったくヒケをとらないと思ってますし、鞍上は今ノリノリですからね。
秋の藤原英厩舎の新馬戦は一撃必殺でくると思いますので、当然出たトコ勝ちを期待してます。


同じ藤原英厩舎ですが若干心配なのはこの馬。
ガリバルディ(社台 牡2:ディープインパクト×シェンク)
栗東:藤原英厩舎
11/16(土)11:00発走予定
京都3R 2歳未勝利 芝1800m デムーロJ
ガリ.jpg

早々に11/16の出走予定が出たのは良いのですが、今週の情報では出否が流動的に・・・
ベルフィオーレが牝馬のエースなら、1/40口出資のガリバルディは牡馬のエースなのですが、
新馬戦で勝ち切れなかったあたりから何となくイヤな感じがしてなりません。
状態一息でもそこそこの追い切りは消化出来ているようですし、
現地観戦するために新幹線・ホテルも予約しちゃったので、何とか16日に出走してほしいんですが・・・


そして来週の大一番に臨むのはこの馬。
レッドオーヴァル(東京 牝3:ディープインパクト×コートアウト)
栗東:安田隆厩舎
11/17(日)15:40発走予定
京都11R マイルチャンピオンシップ(GT) 芝1600m デムーロJ

o-va.jpg

ギャロップでは無印扱いでしたが、個人的にはそこまで軽視されなくても・・・と思ってます。
ローズSまでは早熟馬の可能性を指摘されることがあるくらいでしたが、
初の古馬との対戦となったスワンSで4着ならば、大舞台で一発があっても不思議ないと思うんですけどね。
鞍上は大舞台で最高のジョッキーですし、今のマイル戦線ならば・・・と思っちゃいます。
ガリバリディが出走しなければ現地観戦はキャンセルしますが、
予定通りにガリバルディが出走すれば京都まで遠征しますので、目の前で勇姿を見せてほしいです。



というわけで、以上の5頭は大変期待が大きく、久しぶりに盛り上がってきた気分なのでございます。
今週末の競馬の結果はロードの1歳馬出資申込にも大きく影響しますので、
ドーンと出資するためにも、ドーンと良い結果を出してほしいですね!



※写真は各クラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 20:12| Comment(0) | 一口馬主(全体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。