2014年07月24日

レッドエレンシア 引退

先週の調教中に「軽度とはいえない」骨折を発症してしまった、
レッドエレンシア(東京TC 牝6 ジャングルポケット×マイハート 美浦:鹿戸厩舎)
の引退が発表されました。

以下、東京TC公式HPより。
14.07.23
(鹿戸厩舎)舎飼。
鹿戸調教師「先週ウッドコースで調整をした後、上がり運動で歩様に乱れが生じたためレントゲン検査を行ったところ、右前種子骨の骨折が判明しました。今後、症状に変化が出る場合もあるので、今日の午後からもう一度レントゲンを撮る事にします」

【追記】
(引退)
骨折箇所につきまして、当初は全治1年程度との見込みでしたが、当初の見立てより症状は深刻であり、本日のレントゲン検査にて競走能力喪失との診断が下りました。今後は24日(木)に美浦トレセン近郊の内藤牧場に移動して1か月ほど骨がつくのを待ち、その後、北海道へ移動して繁殖入りに備える予定です。出資会員様へは、追って書面にてご報告させていただきます。長い間、レッドエレンシア号にご声援いただき、ありがとうございました。


先週の段階で「これさすがに引退だな・・・」とは思っていましたが、
骨折の症状が全治1年以上というかなりの重症だったとは予想外でした。
今後の繁殖入りがスムーズにいくのかどうか心配になってしまうぐらいなのですが、
まあ何とか無事にいってほしいですね。

album_redherencia_30.jpg

(東京TC公式HPより、ラストレースとなった2014/6/8の由比ヶ浜特別)


上の写真のラストレースが1000万条件のレースだったように、
同世代のロードカナロアのような華々しい活躍をしてきたわけではありません。
しかしながら、2歳夏の勝ち上がりから6歳まで長い期間を本当によく頑張ってくれました。

ボクにとってはレッドセインツに続く2頭目の勝ち上がり馬であったと同時に、
3歳秋の秋華賞出走で初のG1出走馬となってくれたのがエレンシアです。
その秋華賞では残念ながら惨敗を喫してしまい、その後は勝ち星をあげることも出来ませんでしたが、
2着4回とほぼ勝ちに等しいぐらいの頑張りを続けてくれました。

出資申込した時点では「お安い」ことが最大の出資理由だったぐらいでしたが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/135651784.html
デビュー後は現地観戦も2回ほどしましたし、
何より30走もしてくれて、十二分に楽しませてくれました。
初G1出走、そして長い間の功労をたたえて、個人的顕彰馬にしたいと思います。

鹿戸先生も素晴らしい調教師であることがよ〜くわかりましたし、
途中から主戦となった三浦Jもよくやってくれたんじゃないでしょうか。
もう1つ勝たせてあげたかった気持ちもありますが、
社台関係であれば自動引退となる6歳春も過ぎていますし、
この後はいい母馬となって、良い仔を出してほしいですね。
30戦と多くレースを走っていますが、毎回目いっぱいの仕上げというわけではなかったと思うので、
母馬になる余力も十分残ってるんじゃないでしょうか。
まずは重症の骨折を何とかしてもらって、第2の馬生を頑張ってほしいですね。
(どこで繁殖入りするんでしょうかね???生まれ故郷の信岡牧場かな???)




※写真・文章は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 15:48| Comment(2) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

東京サラブレッドクラブ 2014年度募集(2013年産) 募集馬発表&検討第1回

社台・サンデーの募集が終わると、2歳馬たちの入厩〜デビューが一番の楽しみになるハズですが、、、
少し前までは順調かと思えた、玉ケン厩舎の2012年産2歳馬たちですが、
入厩後に不調が出て牧場へUターンする馬ばかり・・・
今年もダメなのか・・・と早くも暗雲立ち込みはじめてしまっています。。。

3歳以上の馬たちも期待している馬はほとんどが夏休みで、
毎月毎月結構なお値段のカイバ代&会費を支払いながら、楽しみがほとんどない状況です。

そんな折ですので、楽しめることと言えば「新規出資」しかありません。
ちょうど良いタイミングで東京TCの募集馬が発表になり、色々と妄想して楽しんでます。

しかし発表のタイミングは絶妙でしたね。
セレクトセールは直接の関係は薄いかもしれませんが、
土曜日にあった社台・サンデー・G1の先行/2次募集の直前でしたからね。
複数頭出資が前提のオーナーズの方々は別として、
ボクのような零細会員レベルだと「これなら東京TCの結果が出てから」と考えても不思議はありません。
ボク自身も「ジェダイト13」への未練があったのですが、
東京TCでも魅力的な血統の馬がラインアップされたので、土曜日の電話はせずに済みました(笑)

前置きが長くなりましたが、
血統だけの情報しか出ていない現状での申込候補は以下の面々。

・ディープインパクト×シークレットジプシー(牝)
・ディープインパクト×エリモピクシー(牝)
・ハーツクライ×ルンバロッカ(牡)
・ハービンジャー×レッドディザイア(牝)
・ジャングルポケット×フサイチミニヨン(牡)

この5頭が現時点での申込候補です。

中でも最優先候補筆頭は、
・ディープインパクト×シークレットジプシー(牝)
コレですねえ〜。
社台・サンデーの募集で最初に候補になっていたのが、
・ディープインパクト×フラニーフロイド(牝)
だったのは何度も書いてますが、
フラニーフロイドとかなりよく似たイメージの馬が東京TCで募集ですからね。
否が応でも興味津々になってしまいます。

あとはやっぱりハーツ牡馬である、
・ハーツクライ×ルンバロッカ(牡)
コレも無視できないです。
ボクが一口馬主再開した当初は「社台・サンデー」は絶大なる本家で、
他の小口クラブはほとんどの場合は本家に及ばない、とイメージしてました。
そのイメージ通りならば、
社台でハーツ牡馬をキープしている現状では、東京TCでまたハーツ牡馬にしなくても・・・
というのがフツーなんでしょうが、
2010年産のディープ牝馬で見ると、結果的には東京TCのレッドオーヴァルの方が出世してますからね。
この年の社台TCのディープ牝馬は、ファイアマーシャルとかソリーソアンジェロとか、
募集時点では明らかにレッドオーヴァルよりも評価が高かった馬たちがいての結果ですからね。
今年のハーツ牡馬も、社台TC<東京TCとなる可能性は十分あるわけで、、、
もしそうなったら悔しいので、ルンバロッカもおさえておきたい気持ちになっちゃうのです。
ただ、ボクの個人的予想ではルンバロッカ13が一番人気になると予想してますので、
最優先を使うべきかどうか悩ましいところです。

リスト発表前の時点では、エリモピクシー13の一択だろうと考えていたのですが、
現時点ではシークレットジプシー13の方に大きく傾いています。
2010年産の時と同じように、ディープ牝馬では、社台TC<東京TCとなることを狙うか。。。
ドバウィハイツ13やシリアスアティテュード13などを上回るのはかなり至難の業に思えますが、
シークレットジプシーの競走実績や血統構成からすれば絶対にありえない話ではないかも・・・。

リストの順番からいって関東所属になりそうなのも個人的には好材料。
120%NG厩舎であるK厩舎でさえなければ、どこの厩舎でもOKと考えておきたいです。
あとは値段ですかね。
個人的な予想では3,600万円と思ってますが、5,000万円以上とかになったら手が出せません。

もちろんカタログ&DVDで変わってくる可能性は大なのですが、
冒頭にも記した通り、現役馬たちの現状で楽しむことが難しくなっていますので、
その分まで東京TCの検討を存分に楽しみたいですね。
早くカタログ来ないかなあ〜〜〜。



posted by 玉ケン at 19:53| Comment(0) | 東京サラブレッドクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

エービーヌードルの13 出資確定

昨日も書きましたが、社台・サンデーの募集で第1希望馬に出資確定することが出来ました。
去年のマンハッタンセレブ12が確定した時も感じましたが、
自分が人気馬を実績でゲットできるようになったとは不思議な感じがします。

半分以上はダメ元の気持ちで第1希望を書きましたので、
申し込んでからこの1週間は、第2・3希望馬で決まった場合ばかり考えていました。
第2希望のフェスタデルドンナ13、第3希望のジェダイト13どちらも良い馬と思ってましたので、
第1希望で決まった今でも後ろ髪引かれる思いがあります。
実際に活躍するのはこの2頭の方なんじゃなかろうか・・・と思ったりもしますが、
申込時点で「どの馬になるかは運を天に任せよう!」と考えてやったことですので、
あとは確定した第1希望馬の活躍を祈るしかありません。

前置きが長くなりましたが、2013年産馬として出資確定した第1号の馬はこちら・・・

「エービーヌードルの13」(社台TC)
2013年3月20日生まれ
父ハーツクライ 母父アルファベットスープ  
栗東:須貝厩舎入厩予定
価格:5,000万円(1口125万円)
エービーヌードル.jpg


(以下、社台TC公式HPより引用)
キリっと引き締まった表情の通り、いつも活発な行動で群れの先頭に立ち、トップの座に就く心構えがすでにできているようにさえ思えます。全身には伸びがあり、四肢の可動域は大きくしなやかで、手先の返しが軽やかな点からも本馬の本領発揮が芝の中長距離路線になることは明白です。牡馬にしてはシャープな姿に見えるのは、全身を覆う筋肉が必要最低限だけ備わるタイプであるためと見ており、夜間放牧でも休み知らずの健康児です。父の産駒の多くがそうであるように本格化は遅めと予想していますが、素質の高さでクラシック戦線に顔を出し、結果を残しても何の不思議もありません。

血統だけが発表になっていた時点では、この馬はリストアップしていませんでした。
その時点ではロードでレディバラード13が募集されると思っていましたので、
牡馬のクラシック候補はレディバラード13、社台・サンデーでは牝馬かな・・・と考えてました。
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/397570560.html
にも書いたように、当時の出資申込候補はディープ牝馬。中でも一番手はフラニーフロイド13でした。

ところが情勢に変化が生じたのは、ロードのツアーでの情報を目にしてから。
意中だったレディバラード13はすでに個人馬主に売却済で、クラブ募集はされないらしいのです。
そうなると社台・サンデーの出資申込も方針変更していくことになり、
変わらずディープ牝馬=フラニーフロイド13も候補ではあったものの、
牡馬でクラシックを夢見ることが出来る馬も検討候補に入れていくことになったのです。

そこで最初に目についたのが本馬、エービーヌードル13でございました。
後で詳しく書きますが、各要素を細かく考えていくと大きな魅力が満載なわけではないんです。
ただ、何となく気になって仕方がないというのか・・・。
今でも確固たる理由はあげられないのですが、カタログ・DVDを見た、かなり初期の段階で、
本馬かフラニーフロイドのどっちかを第1希望にしようというのは決定しておりました。

<血統>
これは父ハーツクライにつきますよね。
今年になって大ブレークなのは言うまでもありませんが、
本格的に一口馬主スタートとなった2008年産以来ずっと出資し続けている大好きな種牡馬です。
個人的な相性も悪くなく、
2008年産レッドシェリフ、2009年産ケイティーズハート、2010年産レッドセシリア
と、3年連続で馬代金以上を稼いでくれました。
残念ながら2011年産の2頭(ヘルツフロイント・ミンネゼンガー)で記録は途絶えそうですが、
2012年産の社台出資馬もハーツクライ産駒(アルヴァーダの12)ですし、
ディープ牡馬が手の届かない存在になってしまった今、
クラシックの夢を託せる種牡馬となれば、ボクの中ではハーツクライしかありません。

母系についてはソコソコといったところでしょうか。
全姉であるセコンドピアットが活躍していたのは心強いですし、
母エービーヌードルもそれなりの競走実績、近親にもそれなりの活躍馬はいるわけですが、
キラ星のごとくいる社台・ノーザンの良血牝馬と比較すると見劣りするのは否めません。
ボク個人的な話で言っても、去年のアルヴァーダの方が母系自体は優秀だったと思います。
アルヴァーダ自身がエービーヌードルよりも活躍していましたし、
アルヴァーダの近親には超A級馬のザフューグがいたりしますからね。
実際にJBISでも本馬よりもアルヴァーダ12の方が若干上の血統評価をされています。
ただ、父ハーツクライとの相性という点では、アルヴァーダよりもむしろ良い気もします。
母父アルファベットスープは日本ではマイナーな種牡馬かと思いますが、
れっきとしたBCクラシック勝ち馬ですし、
その父のコジーン〜グレイソヴリン系はハーツクライと相性悪くなさそうです。
どちらかというと軽い感じで、米ダート血統と相性抜群とされるハーツクライですので、
そういう意味では期待できるんじゃないかと判断しました。


<馬体>
まず目に付くのは丸くて大きなトモですよね。
他と比べてかなり長めな胴に対して、丸々とした大きなトモをしていますので、
現状では全体的にはアンバランスに見える部分もあるように思います。
ただ、キ甲の抜け具合や腰高である点を考えると、今後どんどん成長してくるハズ。
ここから体高がのびてくれば、ハーツクライ産駒らしい見栄えがする馬体になると期待しました。

あとはツアーに行った方の写真を見ると、カタログ写真とはちょっと違う印象なんですよね。
カタログ写真はコメントとは裏腹にソコソコ幅もあるように見えるのですが、
ツアー時の写真はいかにも細身でカタログコメント通りのイメージ。
写真撮影の時期による違いなんでしょうが、
個人的にはハーツ産駒は薄手に見える馬の方が出世しているイメージがありますので、
現状ではこれでいいんだろうと好意的に考えるようにしました。


<DVDでの動き>
どこかのブログではDVDでの動きが酷評されたりしていましたね〜。
ボクも最初にDVDを見たときには「むむむ・・・」と思ってしまったのは確かです。
やたらと高い首の動きで、前脚・後脚ともにチョコマカした小さな動き。
一般的な概念でいえば、到底良い動きには見えないというのはよくわかります。

ただ、何というのか、全身のバネみたいなのはしっかりあるようにも見えたんですよね。
うまく説明できないのですが、胴体の収縮が大きいというのか・・・。
そもそもどういう歩き方をしていれば良いのかというのも懐疑的な部分ですし、
他と違うように見えるという点も好意的に解釈することにしちゃいました。


<厩舎>
今やTOPトレーナーの1人といってもいいポジションになった須貝先生。
これまでも各クラブで出資のチャンスがなかったわけではありませんが、
ほとんどの馬はかなり人気になってしまいますので、今回が初めての出資ということになります。

実際に出資したことはありませんので、あくまで個人的なイメージになりますが、
馬への愛情・情熱は人一倍の先生なんじゃないかと思ってます。
毎日、預託馬をハグするというのは有名な話ですし、
時にはジョッキー他関係者に激高してしまうらしいのも、情熱がゆえなんじゃないでしょうか。
ペットを飼っているわけでないのは百も承知していますが、
そうはいっても出資馬には愛情・情熱をもって接してもらいたいもの。
あたかも事務作業的に出資馬を扱われてしまうのが個人的には一番イヤですからね。
この点では十二分に信頼できるトレーナーなんじゃないかと期待してます。

もちろん厩舎の実力も相当です。
AEI自体が優秀なのに加え、AEI/CPIも相当にハイレベルです。
出走率・回収率も申し分ありませんし、
TOP厩舎にふさわしい数字が並んでいます。

さらに言えばハーツクライ産駒の実績ですよね。
ジャスタウェイはもちろん、オツウやコレクターアイテムなど。
ハーツ産の実績が高いからこそ、本馬がこの厩舎に預託されたと思ってます。



今年の社台・サンデー募集馬でハーツ産駒はわずか4頭。
そのうち牡馬は3頭でしたが、本馬は3頭の中では最も人気がありませんでした。
ファンジカ13は血統、コックニー13は値段、という明確な魅力があるのに対して、
エービーヌードル13はそこまでの明確なモノはない上に割高感があったんでしょうね。
おかげで何とかゲットできたので、それはそれでヨシとしちゃいましょう。

そもそも2013年産馬全体で見ても、ハーツ産駒は多くありません。
社台F・ノーザンF生産のハーツ牡馬となるとごくごくわずか。
プラウドウイングス13やスーア13などがセレクトにも出てくる良血どころですが、
エービーヌードル13も血統面で大きく見劣りするわけではありません。
5,000万円という値段は割高感があったのは確かだとボクも思ってますし、
適正価格3,000万円のところに、
ハーツクライブームで1,000万、須貝厩舎で1,000万が上乗せされたイメージでしょうかね。
ただ、セレクトで前記の2頭なんかはさらに高額になるんじゃないかと予想してますし、
ジャスタウェイ・ワンアンドオンリー・ヌーヴォレコルト達の今後の活躍次第では、
来年以降はさらに高額になる可能性も十分あると思ってます。
今回の募集馬の値段決定はオークスの前でしたので、
来年以降を考えれば今年の値段でもまだ「買い」なのではないかと思ったりしました。

5,000万円という価格は、個人的にはあまり相性がよろしくないのですが、
(キャロットで3頭:オーヴェルニュ・メテオライト・ディアデルレイ)
社台馬の場合は話が違ってくるハズと信じたいですね。

長々と書き連ねましたが、
それだけ期待は大きいですし、2013年産のエースがこの馬であることは間違いありませんので、
ボクの期待に応えてくれるように、まずは無事に育成を進めていってほしいですね。



※写真・文章は社台サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 20:34| Comment(2) |  13 エービーヌードルの13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

社台・サンデー 2014年度(2013年産)第1次募集 申込結果

今年からネットで申込結果が見られるようになった社台・サンデーの募集。
掲示板でも散々書かれてましたが、予定時間の11:00からしばらくHPつながりませんでしたね〜。
ず〜っとチャレンジして、ボクは11:30すぎぐらいに見ることが出来ましたよ。

5月にリストが送付されてきて以来、約1ヶ月半の間の楽しい検討期間も今日で完全に終了です。
そう考えると少し寂しい気もするのですが、
色々な情報を小出しにしていくやり方は本当にお上手ですよね。

ちなみにボクの申込内容は以下の通り。
申込.jpg

「小出し作戦」によって、最終段階の昨日〜今日もボクはずっとドキドキでした。
まずは昨日7/3に満口馬だけ発表。
この段階で、第3希望の「ジェダイト13」は満口にならずに確保。
これで今年の社台・サンデー出資がゼロということはなくなりました。

第1・第2希望馬の2頭はともに満口でしたので、
あとは今日7/4の最終発表を見るまでわかりません。
昨日段階での可能性としては・・・
@第1希望のエービーヌードル 1頭のみ
A第2希望のフェスタデルドンナ+第3希望のジェダイト 2頭取り
B第3希望のジェダイト 1頭のみ
の3つの可能性ということになっていました。(予算上限を設けたため)

そして今日7/4になって発表されたのが、最終的な人気馬の投票数。
ボクの第1希望エービーヌードル13は最終中間発表では38票という申込数でしたが、
最終的な申込数は69票という数字だったとのこと。
80票以上いってしまうと、ボクの実績600万ではムリだろうと思っていたのですが、
70票を割るぐらいの数字に収まったので「いけるかも・・・」の思いは強くなりました。

上に書いたABのパターンになっても構いませんが、
そりゃあ第1希望をゲットできる@のパターンが最高なのは言うまでもなく・・・
ドキドキしながらPDFファイルを開いてみると・・・






抽選.jpg


よっしゃあ〜〜〜!
おそらく実績だと思いますが、無事に第1希望馬で出資確定いたしました!

改めまして、、、
今回出資が確定したのはこの馬・・・

ハーツクライ×エービーヌードル(牡:須貝厩舎予定 5,000万円)
エービーヌードル.jpg


馬についての詳細は後日改めてレポートしたいと思いますが、
何はともあれ第1希望馬をゲットできて良かったです。
本当に良かったかどうかは馬が活躍するかどうか、とのご意見はごもっともですが、
毎年毎年こうして申込をしていると、希望馬ゲットは別次元の話として単純にうれしいんです。

それにしてもエービーヌードルを第1希望馬にして良かったです。
というのは、最後の最後まで迷いに迷った「フラニーフロイド13」は最終申込数90票!!!
最終中間発表時点ではほぼ同じ申込数だったのですが、
最後の追い込みはフラニーフロイドの方が圧倒的にすごかったようです。
他の馬の申込数を見ても、ディープ産駒は軒並み最後の追い込みがすごかったみたいで、
ハーツ産駒は最後の最後は若干ペースダウンしたようでした。
もしフラニーを1位にしていたらまず落選〜第2・3の2頭取りになっていたんじゃないでしょうか。
それはそれでOKだった気もしますが、やっぱり第1希望馬ゲットしたいですからね。

エービーヌードルは最終中間発表前の2日間でグングン伸びてきていたので、
ひょっとしたら100票近くまでいってしまうかも・・・と危惧していましたが、
最後の最後の段階でやはり割高すぎると思って敬遠した人も多かったのかもしれません。

100票近くまでいったらまずムリで、今年は初のサンデー馬になるかもしれないと思っていたのですが、
結局は今年も社台馬になってしまいました。
これでベールドインパクト以来5年連続で6頭目の社台TCということになります。
まあボクのような中途半端な実績だと、どうしても人気薄の社台TCになるのは仕方ありません。
ここ2年ぐらいはサンデーよりも好調な感じもしますし、もちろん何の問題もありません。

第1希望馬の当選ということで最高に喜んでいるわけですが、
馬が活躍してくれるかどうかは全く別のお話です。
馬の形は第2希望のフェスタデルドンナ13の方が良いように見えましたし、
動きは第3希望のジェダイト13の方が良いように見えました。
最後まで迷った、フラニーフロイド13やゴールデンドックエー13も含めて、
候補には上ったこれらの馬たちの活躍は今後も非常に注目していきます。

これで3年連続して社台・サンデーで第1希望馬をゲットできたのは何よりなのですが、
あとは実際に活躍して、カイバ代ぐらいは稼いできてほしいんですけどね〜。
さっそく明日・明後日の出走馬も有力どころにはなっているようですので、
何とか結果を残してもらいたいもんです。

最後に、、、
今回エービーヌードル13が出資確定したことで、今年の他クラブ出資申込もほぼ決定です。
牡馬クラシック路線はこのエービーヌードル13で勝負します。
なので残りは牝馬。
東京TCのエリモピクシー13、ロードのワンフォーローズ13の2頭は出てくれば申し込みます。
逆にそれ以外はナシの方向。
すでに退会決定的なグリーンはもちろん、キャロットも退会の方向なので申込予定はナシ。
ジンジャーパンチ13が出てきたら少し迷いますが、どうせ1億円以上でパスでしょう。
東京・ロードはひょっとしたら他1〜2頭申し込むかもしれませんが、
玉ケン厩舎の現状の惨澹たる状況を鑑みれば、出資頭数大幅削減はやむを得ません。
頭数が大幅に減っても大駒が1頭いれば・・・ですので、
そういう意味では今回のエービーヌードル13当選は本当に良かったです。

今日のところは当選をひたすら喜んでおこうと思ってます!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。