2012年07月25日

東京サラブレッドクラブ 2012年度募集(2011年産) 出資候補検討 第1回

グリーンFの出資申込馬も大体は固まってきましたので、
ここ数日は東京TCの出資候補を検討しているのですが・・・・・

今年の募集馬は帯に短し襷に長しといった感じで、決め手がなくて困っちゃいます。
血統が良い馬は馬体・動きがイマイチ。。。
馬体が良い馬は値段的に高過ぎる感があったり。。。
ノーザンFがシルクに良い馬をた〜くさん回すようなので、その影響かな???
なんて勘繰ってみたり。。。

今のところの検討過程は以下のように進行しているのですが、、、

まずはリスト段階、言い換えれば血統だけで興味を持ったのが以下の3頭。

ディープインパクト×ニアメ(牡:藤原英厩舎予定 2,400万円)
ニアメ.jpg

ディープ牡馬で母系がダートっぽくないのはコレだけかなあと思ってリストアップしましたが、
まずはカタログ段階での「厩舎」「値段」を聞いてビックリ!!!
ボクにとってのNO.1厩舎の藤原英厩舎で、価格は2,400万円という超安値。
2008年産つまりディープ初年度にターファイトで2,500万円の牡馬がいたように記憶してますが、
それから3年たってディープ株が急騰している中での2,400万円は破格といってよいレベル。
イヤ〜な予感しつつDVDを見ると破格の安値も納得な感じ。
明らかに小さい上に、右前の動きは誰が見ても不自然というレベル。
その後の測尺発表での数字を見て完全にあきらめモード。
牡馬が7月段階で340kg台というのは、ボクがココ数年いくつかのクラブで見た中では1頭もいません。
4月5日生まれで少しはキ甲がぬけてきている段階でのこの数字は致命的です。
ディープ産の初仔ということでもあり、最終的にも400kgを超えない可能性大でしょう。
ココまでハッキリしたリスクを承知で出資するほど、他の部分で魅力が大きいわけでもありません。
今後成長して馬体がある程度になる見込みがたち、かつ右前の不安が解消されれば、
この値段は魅力となりますが、それまではいくら何でも出資申込することは出来ません。
ということで今回はスルー決定ですが、満口になったら仕方ありません。
馬のやることなので、この仔が走っても驚きませんが、
現段階でこの仔に出資申込する方が長い目で見れば大損こいていくハズと思っていますので、
もし活躍しても悔しさはないとキッパリ言えます。
それだけボクの中ではリスク満載で、フツーなら募集しないレベルなんじゃないかとさえ思えます。
成長してくればいいんですけど、コレをリストに入れている東サラの感覚もよくわかりません。。。


ディープインパクト×シンディ(牝:角居厩舎予定 2,000万円)
シンディ.jpg

リストだけの段階ではそれほど興味はなかったのですが、
「厩舎」が天下の角居厩舎、「価格」もお安い方とあって、一気にリストアップされたのですが、、、
どうにも馬体が自分の好みとは違うんですよね。。。
DVDでの動きもパッとした感じはしなかったですし、
そうなってくると血統的にも母父エーピーインディが気になってきちゃうんです。
ということでこれまたスルー確定。
上のニアメは1次満口にならず2次以降での出資可能性もなくはないのですが、
こっちのシンディは大きくリスクがハッキリしているわけではないので、
1次満口可能性大〜つまりボクの出資可能性は限りなくゼロとなりました。


マンハッタンカフェ×スタイルリスティック(牡:国枝厩舎予定 3,200万円)
スタイル.jpg

マンカフェ×ストームキャットは個人的に好印象の配合ですし、
近親のナサニエルがキングジョージ2着したのも当然のように好印象でしたが、、、
シンディ同様に、馬体がどうしても好みじゃないんですよね〜。
ストームキャット丸出しということなんでしょうが・・・。
オマケに厩舎が個人的な相性最悪の国枝厩舎ときては、リストから外さざるを得ません。
これも今後の出資可能性はゼロでしょうね。


と、主に血統面からのリストアップ組3頭は以上のようにして脱落。
それでは・・・ということで、カタログの馬体写真、DVDでの動きで候補にしたのが以下の3頭。

キングカメハメハ×マイノチカラ(牡:松田博厩舎予定 3,000万円)
マイノチカラ.jpg

まだまだ華奢な体つきですが、パーツパーツは問題ないつくりしていますし、
4月24日生まれを考えれば、これからどんどん幅は出てくるでしょう。
華奢なわりにトモはしっかりいていますし、DVDでの動きも上々です。
ただ、、、
血統的にはもうワンパンチほしいですし、そのわりに3,000万円という価格は高いですよね。
牡牝は違いますが、同じキンカメ産で同厩舎のダンスパートナー10が同じ3,000万円ですからね。
そう考えると、ちょっといきづらいですよね。


ダイワメジャー×タッチフォーゴールド(牝:橋口厩舎予定 2,000万円)
シンディ.jpg

ボクの個人的評価では今回の東サラ募集馬の中で馬体面はトップクラスと感じています。
血統面も厩舎も文句ナシなのですが、、、
兄がタキオン産で同じ値段だったのがどうしても引っかかるんです。
ダイワメジャーの牝馬になったにも関わらず同価格というのはお買い得感ゼロですよね。
それだけ出来がいいと解釈することも可能なのかもしれませんが、、、
メジャー牝馬で2,000万円ならば社台のヘルスウォールの方がいいかなと思えたり。。。
今のところはスルー方向ですね。


ジャングルポケット×アドマイヤリッチ(牝:平田厩舎予定 1,400万円)
アドマイヤリッチ.jpg

ボクの好みなだけかもしれませんが、ジャンポケ産駒は大抵好みの馬体しているんですよね。
この馬もまさにそうで、値段もお安くていいんですが、、、
血統的にどうしても地味なのと、コレという決め手がない感じなんですよね。
ちょっといきづらいかなあ〜〜〜。


というわけで、、、
現状では先行募集での申込馬がいないという状況になってしまっていますが、
東サラはボクが一口馬主再開したファーストクラブですし、
少なくとも1頭は出資したいと考えてはいます。
上の3頭は先行申込する可能性はゼロですが、下の3頭は可能性がゼロなわけではありません。
ただ、どれも決め手に欠けるだけに、上記の6頭以外から選ぶ可能性が大きいです。
う〜ん、、、リストだけの段階では少しワクワクしたんですけどね〜。
個人的には今年のリストからボクが当たりを引ける確率は極めて低いように思ってます。
おそらくは、、、
ボクのようなミーハー好きは見向きもしないような、地味目なところに当たりがいるんではないかと・・・。
そうなるとちょっとどうしようもないんですけどね。。。
見送りも考えた方がいいのかもしれません。
【関連する記事】
posted by 玉ケン at 21:54| Comment(2) | 東京サラブレッドクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく玉けんさんのブログを読ませて頂いてます。初めてコメントします。

私は東サラの一口をやっています。
レッドディーヴァで一口デビューしそして涙し、その保障でクラウディアを買い初勝利に感激し、クラウディアの活躍のおかげで今年はセイリングを買い現在二頭二口持ってます。

次の夢は命名する事。(本当はG1走る事…それはクラウディアとセイリングにお任せして)

で、玉けんさん東サラ評がアップされるのを楽しみにしていました。非常に参考になります。

素人の私なりにいいなと思った馬は
@もっさり感はありましたが腐ってもディープでシンディ11
Aスティゴールドが気になるハトシェプスト11
B個人的に一番良かったシェアザストーリー11
C芦毛が可愛いブライダルスイート11

ただ玉けんさんも思われてるかもしれないですが、募集馬の中でスターホースになれそうな馬いる?と疑問視してしまいます。
確立悪くてもキャロットとの方が…と…

長々とコメントしてすいません。これからも玉けんさんのブログ楽しみにしています。

ではでは
Posted by ささとってぃ at 2012年07月26日 07:35
ささとってぃさん はじめまして!

へたれ馬ばかりのブログをご覧いただき有難うございます。
ディーヴァはデビューしてもらいたかったですよね〜。
残念なことでした。
クラウディアにはディーヴァの分まで頑張ってほしいですね。

ちなみに東サラではいまだかつて命名出来たことがありません。
キャロ・ロード・社台・グリーンでは命名出来たんですけど、
どうにも東サラのネーミングセンスとは合わないようです。

今年の募集馬は実際どれが走るかはサッパリわかりませんが、
あれこれ考える今を楽しまなきゃ!!!
ですので、実際に申し込むかどうかは別にしてDVD見まくってます。

拙いブログですが、今後ともよろしくお願い致します!!!
Posted by 玉ケン at 2012年07月26日 15:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。