2013年05月14日

2013春の牧場見学−番外編<アレコレ聞いたお話>

5/2にうかがった北海道牧場見学シリーズ、
出資馬7頭の見学レポートはすでに完了いたしましたが、
見学した7頭以外のことでアレコレ聞いてきた話をちょこっと記しておこうと思います。

3牧場すべてで
「ボクの出資馬とは関係なく、個人的なPOGおススメを教えてください。」
「2012年社台・サンデー募集馬の感触を教えてほしい」
などなど、色々と見学馬以外のことであつかましいお願いをしたのですが、
案内担当の方にありがたいご返答をいただくことが出来ました。

あくまで話のついで的な内容ですし、
聞き手であるボクの主観たっぷりの内容になってますので、参考にもしない程度で聞き流してください。
もちろん文責はボクにあって、牧場の方々は一切関係ないということでお願いします。




−−−−−NF空港−−−−−

案内してくれた方は去年のGWに見学した際と同じ方でした。
巷ではNF空港の見学案内は無愛想で良くないとか聞きますが、
この方は全然そんなことはなく、かなりフレンドリーな人で個人的な印象はGOODです。

そしてこの方に聞いた、見学馬以外でボク的に最も重要度が高かったのは出資馬のこの仔の話。
ディアデルレイ(キャロット 牡3:キングカメハメハ×ディアデラノビア)
美浦:牧厩舎
653baac1201343082629ec1736e32b2.jpg

(キャロットクラブ公式HPより、4/30公開)


ボクが北海道に到着したのが4/30で牧場見学したのは5/2だったのですが、
なんと5/1にNF空港からNF天栄へ移動という、ボクにとっては最悪のタイミングでの移動。
早期移動で素直に喜べなかったのは今回が初めてでした。

5/2にNF空港にお邪魔したのですが、まさに1日前まではミンネゼンガーと同じ厩舎にいたそうで、
昨日までこの馬房にいたんですよ、とまで教えてもらいました。
厩舎担当の方曰く、いかにも走りそうな雰囲気いっぱいだったとのことでした。

案内担当の方に聞いた話では、
・牧厩舎になったのは角居厩舎の預託頭数が多すぎるので目先を変えてみようとのねらい。
 出来が悪いからという理由では決してない
・手ごたえとしては相当に良い感じ。
・1歳時は母に似た印象だったが、2歳になってどんどんマッチョになってきて父に似てきた。
 最近の馬体の変化から見ると距離は短めかもしれない。
とのことでした。

1/40の社台TCガリバルディが最高レートであるのはもちろんなのですが、
ディアデルレイも4/400つまり1/100はいってますので個人的な重要度は高いのです。
(ちなみにロードのジャズキャット11も1/100で、この3頭が個人的な高レートの3頭です。)
そんな重要度の高いディアデルレイが極めて順調で手ごたえもソコソコ良さそうで一安心でした。
すでに美浦TC:牧厩舎に入厩済みで、毎日2本の坂路調教をしっかりこなしています。
あくまで仮定の話ですが、順調にいけば東京2・3週でデビューなんて話もあるようですし、
これから長く続く競走馬生活のスタートを無事に切ってほしいですね。


<POG&12年産の話>
NF空港限定ではなく、NF早来も含めてという感じで聞いたのですが、
・ラングレー(ラヴズオンリーミー11)とその弟(ラヴズオンリーミー12)は共に良い。
・アドマイヤハッピーの仔もこのところはパッとしないが、12年産も良い出来ではある。
NF空港では早く空港に行かねばならないこともあって、見学馬以外の話はこれぐらいでした。




−−−−−NF早来−−−−−

去年のGWに訪れた際の案内担当の方は非常に歯切れが良く、
レッドセシリアを「これは走りますよ」とか、レッドベルフィーユを「これはマダマダ」とか、
今になってみると非常に的確な見立てをして下さったのですが、
今回の案内担当の方は穏やかで大人しい方で、キレの良いコメントはあまり聞けませんでした。
もちろん悪かったというわけではありません。

<POG&12年産の話>
・レーヴデトワール(レーヴドスカー11)はやはり良い。
・満口になってしまったが、シェアザストーリー11が個人的には関心・評価が高い1頭。
12年産の話は具体的なお話は特別ありませんでした。




−−−−−社台F−−−−−

社台Fの案内担当の方はボクの牧場見学史上初めて女性の方で、
とても優しく、見学馬についても、それ以外についても、た〜くさん色々と話してくれました。
ベールドインパクトについても、
「天皇賞に出ていれば間違いなく好勝負になったのにもったいなかったですよね。」
「トーセンラーが2着だったし、長距離適性はバッチリだったのに・・・」
と言ってくれたりしました。

<POG&12年産の話>
・スーア11とかグレイトサンライズ11とか、有名どころはもちろん良いとのお話。
・担当の方の個人的なイチオシはマジカルファンタジー11とのこと。
 ガリバルディと比べてどうですか、としょうもない質問をさせたもらったところ、
 マジカルファンタジーはマッチョタイプで、タイプが違うので比べるのは難しいとのことでした。
・すでに山元TCに移動済みのネオ牡馬(母名聞いたのですが忘れちゃいました)もかなり良いらしい。
・ベールドの妹ヴァイオレットラヴ12も馬の出来は間違いなく良いとのこと。



ってな感じで、案内担当の方にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、
個人的に興味のある話を少しだけ聞くことが出来ました、ありがとうございます。
まあ、去年の牧場見学時にはレッドオーヴァルよりもラカの方がかなり好感触だったくらいですので、
この段階に至っても走るかどうかなんてわからないというのが真実なんでしょうが、
こうじゃなかろうか、ああじゃないか、といった話を聞くだけでも十分面白いもんでございました。

posted by 玉ケン at 17:39| Comment(0) | 一口馬主(全体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。