2013年07月01日

社台・サンデー 2013年度(2012年産)第1次募集 申込結果

先週のクラブHP発表時点で、第2希望で書いた1頭はすでに確定してましたが、
第1希望のお馬さんは社台TCで第2位という超人気となり、
今日の結果郵送まで当落は全くわかりませんでした。

先週の競馬で、土曜日はキャロットのアンレールがようやく勝ち上がってくれて、
ロードカナロアをのぞくと、5/4のレッドカチューシャ以来の勝利。
勝ち上がれない馬ばかりの3歳世代の勝ち上がりという意味でも、
レッドカチューシャ以来の9頭目の勝ち上がり。
あまりにも勝てないので、メチャクチャうれしい勝利だったのですが、
日曜日のメテオライトは断然1番人気ながら何とも不甲斐ない競馬で2着・・・
これは社台・サンデーの抽選結果もやばいんだろうなあ〜〜〜と思っておりました。

ちなみに、しつこく書いてますが、
ボクの今年の申込は2頭取りで、
 第1希望:(社台)キングカメハメハ×マンハッタンセレブ(牝:2,400万円 美浦:尾関厩舎予定)
 第2希望:(社台)ハーツクライ×アルヴァーダ(牡:3,600万円 栗東:荒川厩舎予定)
というものでした。

そして先ほど届いた抽選結果ですが・・・



IMG_0199-1.JPG


第1希望のマンハッタンセレブ12も出資可能となりました!!!
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/367777377.html
の段階では90%以上あきらめモードでしたので、これは素直にうれしゅうございます。

掲示板なんかを見ていると、結果的にはボクの実績でクリアできているみたいですが、
 最終中間発表:28票〜結果:132票
というすさまじい追い込みっぷりでしたので、450万では到底ムリだろうと思っていました。
完全に結果論にはなりますが、
2,400万円なので450万の実績でもいけるだろうという当初の読みが正しかったというわけですね。

マンハッタンセレブ12を選んだ理由等については後日改めて書こうと思いますが、
何しろ2頭を希望通りにゲットできて大満足でございます。
社台・サンデー4年目となった今年、ようやく作戦通り・ねらい通りのドラフトが出来ました。

<1年目>
(1頭取り)
 第1希望:マルバイユ09 第2希望:ヴァイオレットラブ09 第3希望:コマーサント09
マルバイユ09は新規のボクはラッキーNO以外にゲットできる可能性はなく、
実質的には第2希望のヴァイオレットラブ09=ベールドインパクト1頭取りのドラフトでした。
第1希望に人気濃厚のマルバイユ09を書くことが出来たのも、
第2希望のヴァイオレットラブ09がかなりの不人気でゲット確実だったからでした。
こうしてゲットできた不人気馬ベールドインパクトが3冠競走すべてに出走してくれたのですから、
人気と競走結果は関係ないということを学びましたね〜。

<2年目>
(1頭取り)
 第1希望:エアトゥーレ10 第2希望:マンハッタンフィズ10 第3希望:ワールウインド10
最終中間発表の数字では、エアトゥーレ10は第1で40票うまるかどうか微妙な情勢。
マンハッタンフィズはかなり不人気で第2希望でもほぼ取れそうな雰囲気。
当初は2頭だけしか書かなかったのですが、万一を考えて第3希望まで記入しておいたら、
まさかまさかの第3希望で決まるという展開。
エアトゥーレが取れるかもしれないという夢も、最低でもマンハッタンフィズでとまるという期待も、
結果郵送と同時にもろくも打ち砕かれたキビシイ〜〜〜ドラフトでございました。
ちなみに競走結果も大変悲惨なものになってしまいました。

<3年目>
(1頭取り)
 第1希望:シェンク11 第2希望:ウッドマンズシック11 第3希望:ジェミードレス11
記憶に新しい去年のドラフトは完全なる玉砕覚悟。
最終中間発表時点では、シェンク11の数字は前年のエアトゥーレ11をわずかに下回る程度。
最後の最後の追い込みで第1が40票をこえてしまうと、弱小実績のボクでは落選濃厚。
第2・第3の馬たちもそれなりの票を集めてはいましたので全滅も覚悟していました。
結果的にはこの年のラッキーNOは「8」だったようで、
40票をこえていてもゲットできていたという皮肉な結末になってしまいましたが、
どうしてもほしかった第1希望馬をゲットできたという点では満足なドラフトでした。

そしてむかえた今年のドラフト。
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/367104761.html
にも書いたように、
 第1希望:アドマイヤハッピー 第2希望:マンハッタンフィズ
での1頭取りというパターンとは結構悩んだのですが、
アドマイヤハッピーが実績450万で取れたのかどうか、
そして落選した場合にマンハッタンフィズが第2で取れたのかどうか、
これは今となっては永久にわかりませんので、どちらが良かったかは何とも言えません。
それでも今は素直に2頭当選という結果だけでも大喜びしておきたいです。

社台TCで第2位という超人気馬を実績でゲットできるようになるなんて、
3年前の自分からすれば夢みたいな話です。
最終的には競走結果がともなわなければ仕方のない話なんでしょうが、
今日のところは希望馬2頭をどちらもゲットできて本当に良かったと思います。
この調子で現役馬たちの走りの方も頑張ってほしいですね!!!


【関連する記事】
この記事へのコメント
はじめまして・・です。アルヴァーダ12で検索したらこちらにたどり着きました。自分も2位で出資が決まりました。よろしくお願いいたします。ちなみにベールドインパクトにも出資していました。これから・・の時の引退が非常に残念でなりません。アルヴァーダには末永い活躍を期待しています。アルヴァーダは初子のアルウエットにも出資していました。社台Fが高額で購入した馬、いつかこの母親からいい馬が出るのでは・・と思っています。1位で取られたマンハッタンセレブは自分自身が出資していてその子供にも毎年、注目しているのですが、なかなか縁がなくて・・。超良血で育成から評判が抜群に良かった母親です。不慮の事故で未出走に終わりましたが、間違いなくポテンシャルは高いと思います。馬も良くセレブリティモデル以上の活躍は期待できると思います。長文になってしまいましたが、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ルーミエ at 2013年07月02日 10:39
ルーミエさん はじめまして!

ベールドインパクトに続いて、アルヴァーダでもご一緒とのこと、
マンハッタンセレブを出資されていた先輩とご一緒できて心強いばかりです。

ベールドは「古馬になってからが本領発揮」の血統だったと思ってますので、
あそこでの引退は本当にショックでした。
アルヴァーダ12もベールドと同様に1次募集では不人気でしたが、
同じようにクラシック出走してくれれば最高です。

マンハッタンセレブ自身、すごいポテンシャルを評価されていたそうですね。
子供にもそのポテンシャルが遺伝していることを願いたいです。

拙いマイナーブログではございますが、
今後もまたよろしくお願い致します!
Posted by 玉ケン at 2013年07月02日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。