2014年04月25日

2014春の牧場見学−16<ロードトリニティ(レディキルシェの12)>

ケイアイFでのロード展示会で見学した出資馬NO.5はこの馬です。

ロードトリニティ(ロードTO 牡2:ジャングルポケット×レディキルシェ)
美浦:菊川厩舎


展示会で展示された2歳馬の中では最終盤に登場してきました。
4U8A4890k.JPG


大人しくほぼ正姿勢を決めてくれました。
4U8A4906k.JPG


前の方からアップで。
4U8A4908k.JPG


トモ周辺をアップで。
4U8A4900k.JPG


後ろの方からアップで。
4U8A4903k.JPG



何しろお値段がお安かったので10口出資したこの仔。
突然の入厩警報が出たこともあり、出資検討している方も多いかもしれません。
実際このブログの検索ワードでもボチボチ出てくるくらいなのですが、
検討中の方にはおそらく有意義になりそうな情報をお伝えしたいと思います。

というのも、、、
司会進行役のN氏と一番懇意にしている見学者の方がいたのですが、
その方は現時点ではレディバラード12のみに出資していて、レディキルシェ12を検討中らしいのです。
それでその方がN氏にも引き手の方にも色々と聞いていて、それを聞き耳立てていたんでございます。

そもそもはレディキルシェ12を検討中でこの馬を見るためだけに訪れたらしかったですが、
その前に展示されたレディチャーム12が素晴らしい出来とのことで、
話の中心は自然とこの2頭の比較という話になっていきました。

N氏と引き手の方、2人ともに共通した結論はレディチャーム12の方が良いというもの。
後ろにレディキルシェ12に10口出資しているボクがいるのになあ〜と内心思いながらも、
まあハッキリ言ってくれるのはそれほそれでいいことだとも思って聞いてました。

N氏曰く、
レディキルシェ12の方が仕上がりが早いので先に競馬場にいくことになるが、
牡馬はその先まで考えてもらわないといけない。
先々まで奥が深いのは断然レディチャーム12の方だろうとのことでした。
菊川厩舎でロードの安馬ということで、ロードアイアンと比べてどうかという話も出てましたが、
アイアンまではとてもとても・・・みたいなことを仰ってました。

引き手の方曰く、
能力は断然レディチャーム12ですねとのこと。
レディキルシェ12も悪くはないが、走るフォームとか人間がこれから教え込むことが多い。
教えたことがうまく実になればよくなってくるかもしれないが・・・

ちなみに、N氏と懇意にしている方は毎年お会いしているらしく、
去年N氏がこの方に推奨したのはデルフィーノだったらしいです。

まあ本当によくぞここまでって感じで酷評されまくってましたね〜。
2枚目の立ち姿勢を見ても、まるっきり幅が出てきていないように見えますし、
この状況で入厩させちゃって大丈夫なの???と心配になるぐらい。
血統的に馬体に厚みがあるタイプではないんでしょうが・・・

入厩警報がHP上で出たのが4/19(土)のことでしたので、
ボクはその情報をHPで知ることは出来ず、現地で突然聞かされた情報だったわけです。
もしこのまま予定通りにGW明け入厩すれば、玉ケン厩舎2012年産馬初入厩となりますので、
本来であれば極めてうれしい情報のハズだったのですが・・・
何しろレディチャーム12とは数段の差があるらしく、うれしいハズの入厩情報も霞んでしまいました。。。

まあ多くを期待して10口というわけではなく、
何しろ値段が安いからという理由の10口出資でしたので、
無事にデビューしてさえくれれば・・・という気持ちではあります。
ただ、ここまで酷評されると「チクショウ!!!」という気持ちにもなりますので、
何とか頑張って見返してやってほしいですね。

色々と書きましたが、あくまでボクが聞き耳立てて聞いた話ですので、
検討中の方は検討材料の1つぐらいで考えておいてください。。。
posted by 玉ケン at 19:16| Comment(0) |  12 ロードトリニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。