2014年06月13日

2012年産馬 初陣を飾るのはロードトリニティ

シーサーブログの調子が悪く、重くて重くてココ数日間イライラしてましたが、
ようやく少しだけ調子も戻ってきたみたいなので久々の更新です。

表題にも書きましたが、
6/15(日)に玉ケン厩舎2012年産馬としての初陣をかざるのはこの馬。

ロードトリニティ(ロード) 2012年4月25日生まれ
父ジャングルポケット 母レディキルシェ 母父サンデーサイレンス 
美浦:菊川厩舎 価格:1,050万円(1口2.1万円) 10/500口出資
レディキルシェ.jpg


4月にケイアイFで見学した時に、早々に競馬を使うようなことを言われてはいましたが、
5/9の入厩で6/15の新馬戦でデビューするとは予想していませんでしたね〜。

入厩してからしばらくはゲート練習なのは当たり前。
1回目のゲート試験に落ちて、合格したのはわずか2週間前の5/28です。
その後の追い切り本数はたった3本!!!
ゲート合格後にこのままデビューへ・・・とありましたが、
さすがにもう少し追い切りを重ねて、6月末くらいにデビュー出来れば御の字と思っていましたよ。
菊川厩舎は初体験なのですが、
これまでの出資馬でこんなに本数少なくデビューした馬はいなかったのでかなりビックリです。
フツーに考えれば、デビュー戦の競馬も調教代わりみたいな位置付けなんでしょうね。

それにしても何もこのレースでデビューじゃなくても・・・が正直なところです。
先週からスタートした2012年産馬たちの戦いですが、先週のメンバーは若干小粒感が否めず。
初めて評判馬が揃ってくるのが6/15(日)東京芝1800mなんですよね。
 アヴニールマルシェ〜キャロットで7,000万円募集
 ディープフォルツァ〜グリーンで6,000万円募集
 ベルラップ〜サンデーで3,000万円募集
の社台系クラブで募集された3頭はいずれも高額でそのまま評判馬になっていますし、
これに加えて、国枝厩舎のロジチャリスという馬も評判になってるみたいです。

かたや同じクラブ馬でもわがロードトリニティはいっさい話題に上ることもありません。
血統的には強烈にノーザンっぽくて悪くないと思ってるんですけど、
父ジャンポケという時点ですでにもう古臭いんでしょうね。

鞍上もなかなかにすごいジョッキーを配してくれました(笑)
他の馬には関東のトップジョッキーが勢ぞろいしている中で、わが鞍上は宮崎北斗君です。。。
今年の勝ち鞍は2勝で、関東リーディング現在47位。。。
ジョッキーやエージェントにどれだけ無視されていたかがよくわかります。

まあどうせ回ってくるだけなんだろうと覚悟はしておりますが、
基本的には早い時期のデビューは悪くはないハズです。
個人的にも、、、
<2008年産>レッドセインツが初陣〜7/18デビュー
<2009年産>メテオライト、レッドクラウディアが同じレースで初陣〜7/3デビュー
<2010年産>アステリックス、ホワイトフリートが同じレースで初陣〜6/10デビュー
<2011年産>ガリバルディが初陣〜8/3デビュー
というのがその年の初陣を飾った馬たちなのですが、
故障で即引退となってしまったアステリックス以外は全頭勝ち上がってはいるんです。

あとは非常に好意的に受け止めれば、
菊川先生が3本の追い切りだけでも勝負になると思っている可能性もすこ〜しだけありますよね。
調教のタイム自体はこの時期のデビュー前2歳馬としては悪くはない時計でしたし、
相手が同じ2歳馬とはいえ、しっかり先着も出来ていますからね。
単純に最終追い切りのタイムだけを見れば評判馬たちにもヒケをとらないハズ・・・(願望)

キビシイ戦いになるのは承知しておりますが、
どんな馬でも新馬戦を走る前までは大きく夢を見ておりますし、
その世代最初のデビューとなれば期待が高まるのはなおさらです。
ロードトリニティは何しろお安い馬でしたので、異例の10口出資しちゃってます。
このところ経済的に非常につらい玉ケン厩舎を少しでも潤してくれれば・・・と淡い期待を寄せ、
口取り権利もゲットしましたので、現地観戦してまいります!

posted by 玉ケン at 21:53| Comment(0) |  12 ロードトリニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。