2014年06月18日

ロードトリニティ 2歳新馬 観戦記

勇躍現地観戦に赴いた6/15(日)の夜から原因不明の高熱。。。
妻には「出資馬が走らなかったショックのせい、つまりボクの精神力がしょぼいせい」と罵られ、、、
馬が走らないだけで高熱出すんなら、今まで何百回も熱出してるっちゅうに・・・
まあしかしながら何を言われても仕方ない状況ですので、ひたすら謝るしかありませんです。

・・・と、周囲からはボクの病気の原因とされている6/15(日)の出走馬たち。
上にも書いたように惨澹たる結果だったわけですが、
一応は現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたので、
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。

まず1頭目は玉ケン厩舎2012年産馬の初陣だった、ロードトリニティです。





現地に到着したのは11時半すぎくらい。
ゴール板付近の席を確保して早々にパドックへ向かいます。
評判馬がそろった新馬戦ということでしたが、11:45段階ではロードトリニティは6番人気。
(結局は7番人気に。)
4U8A5505k.JPG



各馬パドック登場までまだまだ時間がありましたが、
この方お1人だけはかなりお早く1番乗りでご登場でした。
グリーンの期待馬ディープフォルツァのためってわけですね。
4U8A5506k.JPG



そんなこんなしている間に各馬登場。
2〜3番の馬が登場した瞬間に若干暴れて騒然としましたが大事には至らず。
ロードトリニティは6番目の登場です。
4U8A5512k.JPG



ボクの目の前を通り過ぎるロードトリニティ。
4U8A5531k.JPG



ボクの向かい側をトボトボ歩くロードトリニティ。
好みの馬体なんですが、走りそうな馬体ではありません(笑)
やっぱりどう見てもトモが薄すぎますよね。。。
4U8A5533k.JPG



止まれの合図は最悪のタイミング。
ボクからはかなり遠い場所で合図がかかってしまいました。
4U8A5542k.JPG



菊川調教師が控えながら宮崎Jが騎乗。
隣のロジチャリスが邪魔でほとんど撮影出来なかったのですが、
何とか隙間から撮影した1枚。
4U8A5549k.JPG



本馬場へと向かうロードトリニティ。
良く言えば「落ち着きがある」ということになるのかもしれませんが、
ボクの目には「寝てるんじゃないの???」と思うぐらいに元気がないように見えましたよ。
4U8A5565k.JPG



ロード恒例のレース10分前点呼を終えるとすぐにレース発走になります。
ゲートインを出来るだけ遅くしたのはジョッキーのファインプレーです。
4U8A5568k.JPG



そんなジョッキーの配慮もむなしく、スタートは当然のように出遅れ。
その後もまったく進んでいく気配を見せずに最後の直線へ。
直線ではステッキを入れられますが、1頭も追い抜くことが出来ません。
4U8A5569k.JPG



ブービーの馬からもどんどん離されていきます。
4U8A5572k.JPG



ダントツの最下位、12頭中12番目でゴール。
いやあ、出資馬たちは大体みんな弱いんですけど、ここまでのは久しぶりでした。
4U8A5580k.JPG



引き上げてくるロードトリニティ。
4U8A5583k.JPG



入厩して37日目。
ゲート試験合格からは19日目。
まともな追い切りはわずか3本。
この状態でデビューとは、菊川調教師とはどんな秘策を施しているのだろう・・・なんて思ってましたが、
何のことはない、走らない馬の消化ゲーム出走なだけだったというわけです。

それでもなんでも、今回の1戦は度外視で今後のための1戦と考えようとしましたが、
本日のクラブHPによればひどいソエ発症で放牧が濃厚とのこと・・・。
一体全体何をやっとるんじゃい!!!

まだまだ幼い体つきのこの馬を、追い切り3本でデビューさせればこうなるのはわかりきってるでしょう。
育成先のケイアイファームがノーザンばりのスパルタ調教を施していたわけもなく、
調教師に秘策があったわけでも何でもなく、出資者をバカにしてるとしか思えないですよ。

結果論で物を言っているのは確かですが、
ここまでのプロセスを考えると、この結果は素人のボクでも想像が出来る話ですし、
久しぶりにあまりにもひどい扱いというのを実感させられました。
現時点ではこの調教師は完全にNG扱いになりましたし、
クラブへの不信感まで芽生えてしまいましたよ。

まあ馬がどうしようもない馬だったのは仕方なかったとしても、
実際に販売した以上は、出来る限りの精一杯のことをやってほしいです。
結果は出なくても仕方ありませんが、今回の出走までのプロセスはいくらなんでもいい加減すぎです。
これまでの他の多くの出資馬たちと比較して、どう考えても誠意を感じ取ることが出来ません。

血統を考えれば破格の安馬だったのは確かですが、
それでも今回先着した馬の中にはトリニティよりも安い馬もたくさんいたわけです。
安かったんだから・・・が言い訳にはならないと思いますので、
陣営にはしっかり反省してもらい、少なくとも精一杯のことをしてほしいと思います。

posted by 玉ケン at 19:37| Comment(0) |  12 ロードトリニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。