2014年06月20日

ディアデルレイ 3歳上500万下 観戦記

社台・サンデーの募集も後半戦に突入といった感じでしょうか。
ボクも毎日DVDを見ておりますが、例年のごとく候補は二転三転しております。
結局は最終中間発表後にクラブに票数を問い合わせ、
そこまでにはまるっきり候補になっていなかったような馬に申し込んだりするわけですが、
申込むまでの今のプロセスが一番楽しかったりするんですよね。

それはそうと、、、
6/15(日)東京競馬場での現地観戦シリーズ第2弾は、
8Rの3歳上500万下(芝1600m)に出走したディアデルレイです。

一応は現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたので、
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。


5Rの新馬戦で出資馬ロードトリニティの最下位入線を確認。
予想以上の惨敗ぶりに落胆しながらも、いつものようにペッパーランチでステーキを食べ、
8Rのパドックへと向かいます。
さすがに暑くてこたえましたが、しばらく待機していると1番目にディアデルレイ登場。
4U8A5586k.JPG



ちょっとビックリしちゃいましたが、牧調教師自らディアデルレイを引いて登場でございました。
4U8A5588k.JPG



こちらに向かって歩いてくるディアデルレイ。
牧先生自ら引いているのは期待の表れと受け止めたいと思いますね。
4U8A5593k.JPG



電光掲示板に目をやると、ディアデルレイは4番人気でしょうかね。
心房細動明けの馬ですからみんな半信半疑なのは仕方ありません。
4U8A5606k.JPG



今回が心房細動明け初戦の休み明けなわけですが、
個人的には細く見えるぐらいで、仕上がりすぎているようにも見えました。
4U8A5611k.JPG



止まれの合図はボクの目の前のベストポジションでかかってくれました。
4U8A5633k.JPG



乗り慣れているハズの田辺君が乗ってくれるのは心強いです。
4U8A5634k.JPG



牧先生と田辺Jが何やら打ち合わせの図。
4U8A5638k.JPG



ボクの目の前を周回するディアデルレイ&田辺J。
4U8A5646k.JPG



地下馬道で待機する面々。もちろん牧先生もいます。
ロードと違って、キャロットは事前点呼がないので存分に写真撮影できます。
4U8A5651k.JPG



地下馬道を通り過ぎていくディアデルレイ。
4U8A5658k.JPG



いそいで本馬場の方へと向かい、馬道を上ってくるディアデルレイを撮影できました。
4U8A5660k.JPG



久しぶりの本馬場へと向かうディアデルレイ。
4U8A5664k.JPG



返し馬でスタート地点の方へ向かっていくディアデルレイ。
4U8A5670k.JPG



席に座ってしばし休んでいると、ほどなくスタート。
府中の場合はスタート地点は到底撮影できないので、ビジョンを撮影してみましたよ。
4U8A5671k.JPG



好スタートから好位置をキープしたまま直線へ。
田辺Jがしごきだしますが、抜群に切れるといった感じではなくゴールを目指します。
4U8A5675k.JPG



じりじりじりじり伸びてはいましたが、最後は4着馬にかわされたところでゴール。
4着馬はレッドデイヴィスの下でしたね。
4U8A5678k.JPG



引き上げてくるディアデルレイ。
4U8A5681k.JPG



地下馬道に戻ってきたディアデルレイ。
牧先生は何やら携帯電話でお話ししてました。
4U8A5688k.JPG



う〜ん、何ともビミョーな感じのディアデルレイのレースでしたね。

心房細動明けの初戦、休み明け、初の古馬との対戦と考えれば善戦したと言えますし、
あくまでココはレース試しだったことを考えれば、無事にレースを終えたことは何よりです。

ただ、ボクがこの馬に期待していたのはこの程度だったのかと・・・
思い起こせば2年前のキャロットドラフト。
リスト段階ではどんな高値だろうが最優先出資すると決めていたトゥザヴィクトリーの2011。
カタログ・DVDを見て、トゥザヴィクトリーの2011を蹴ってでも出資したいと思ったのがこの馬、
ディアデラノビアの2011だったわけです。
片やクラシックの主役で皐月賞2着、片や平場の500万戦で5着では。。。

去年9月の新馬戦、葉牡丹賞まではクラシックに乗る可能性も十分ありと踏んでいただけに、
いくら色々なハンデがあったとしても、今回のメンバーで5着では不満が残ります。
しかもレース展開としては最高の展開でしたからね。
ボクの目には仕上がりきっているように見えた部分も含め、今後にも不安を残す結果でした。
願わくは次戦でボクの不安を払しょくしてくれるような走りをしてほしいですね。

posted by 玉ケン at 16:46| Comment(0) |  11 ディアデルレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。