2014年06月21日

社台・サンデー 2014年度(2013年産)検討第2回

わが出資馬たちは相変わらずの惨状ぶりでございますが、
終盤戦となった社台・サンデーの募集は、こりずにアレコレ検討しているのでございます。

この土日のツアー情報が各ブログで出回れば、もうあとは票読みのみで、
いよいよ候補を選定していかねばなりません。

最終的には水曜日の最終中間発表後にガラリと変わるのが恒例なのですが、
現時点では以下の数パターンで検討しています。
現段階での投票数を参考にして、現時点ならば出資可能性大ということで候補選定してます。

ボクの現状の候補なんて誰も興味がないと思いますが、
ブログ的には毎年恒例のことですので、今年も一応記しておこうと思います。

<パターンA>〜1頭入魂パターン


・ゴールンデンドックエーの13

もし1頭のみ購入ということならばコレ1頭でしょうかね。
1頭だけならばやはりディープ牡馬にいきたくなりますし、
かといって1億円オーバーの面々は予算的にも実績的にも無理。
コマーサント、オンヴェラあたりも可能性はあるのですが、血統的にはゴールデンの方かなあ〜と。
ただネックなのは厩舎。
高校の先輩でもありますし、お会いしてのお人柄も尊敬しておりますが、
出資馬の使われ方を見ると、限りなくNGに近いくらいなんですよね。
なので、このパターンの実現可能性は10%未満というところです。


<パターンB>〜1位:牡馬 2位:牝馬での2頭取り


このパターンで今考えているのは、
1位:エービーヌードルの13
2位:ハッピーリクエストの13

3位は票数を見て1位or2位の保険馬を申し込みます。

ココ1週間ぐらいはずっと「1位:エービーヌードルの13」でゆらがなかったのですが、
5,000万円の価格で現在の票数だと、実績600万円ではムリの可能性が大という気が・・・。
そう思って改めてDVDを見直してみると、やはり異様に首の高い歩き方が気になってきたり・・・。
ハッピーリクエストの13も2位だと安泰ではないでしょうし、
票数的なモノからいって、このパターンはあきらめざるをえなくなるかも・・・。
ということでこのパターンの実現可能性は30〜40%というところ。


<パターンC>〜1位:牝馬 2位:牡馬での2頭取り


このパターンで今考えているのは、
1位:フラニーフロイドの13
2位:フェスタデルドンナの13

3位は票数を見て1位or2位の保険馬を申し込みます。

そもそもリスト発表時点で1位と決めていたのがフラニーフロイドの13。
ただ、リストだけの時点では個人的NG厩舎に入る気がしていたのでムリだと思ってました。
結果的にはNG厩舎ではなかったのでOK。
あとはゴロンとした馬体がイマイチ好みじゃないんですが、初志貫徹という意味ではいいかと。
また、5年目にして初めてサンデーの馬にしてみたいという気持ちもあります。
ドバイマジェスティの取り下げによって人気が上がってしまうかもしれませんが、
おそらくドバイにいく面々は社台TCのディープ牝馬にいくんじゃないかと予想してます。
なので実績600万でも何とかいけるんじゃないでしょうかね〜。
あとは2位候補のフェスタデルドンナですが、3日前まではまったく視野にも入っていませんでした。
ところがDVDを見ていたら、個人的にはストライク好みな馬体をしているんですよね〜。
血統的にも悪くないですし、これが2位で取れるならばエービーヌードルをあきらめてもいいかも・・・
と思うようになってきました。
現時点ではこのパターンが実現可能性一番高いです。


3日前までは考えもしなかった馬が候補になってきてますし、
実際には水曜日の票数発表を見てからの話にはなりますが、
1位をエービーヌードルかフラニーフロイドにするのはかなり濃厚と思ってます。
どっちも良いとしか思えない自分ですので、どっちかが人気高まってくれれば考えやすいんですけどね。
いずれにしてもあと数日間の検討期間を存分に楽しみましょう!!!


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。