2014年08月04日

キャトルフィーユ クイーンS制覇!

キャトルフィーユ(ロードTO 牝5:ディープインパクト×ワンフォーローズ 角居厩舎)
が、昨日のクイーンSで見事優勝してくれました!
愛知杯〜中山牝馬〜福島牝馬と牝馬重賞3連続で2着という悔しい結果でしたが、
20戦目にしてようやく重賞ウィナーの仲間入りすることが出来ました。

牝馬GV3連続2着でも成長の跡は十分にうかがえましたが、
個人的に「強くなったなあ〜」と感心したのが前走のヴィクトリアマイル(GT)のレースぶり。
着順こそ5着でしたが、直線半ばで窮屈になったところをこじあけて、
最後の50mは勝ち馬を上回る脚色で0.1秒差までつめてきましたからね。
1000万でも勝ち切れなかった去年とは別馬になったと感じていましたので、
今回も無事に回ってくれば十分チャンスはあると信じておりました。

ただ心配していたのは、
・内枠でつまる展開にならないか
・勝ち切れないレースが続いていて、また2〜3着ではないか
の2点でしたが、
ボクの心配をよそにキャトルフィーユはしっかりと勝ち切ってくれちゃいました。

2着馬との着差はわずか「ハナ」ではありましたが、
レース内容的には「完勝」だったと思ってます。
差してきた2・3着馬ももちろん強い馬なわけですけど、
2F目から5F連続で11秒台前半という、札幌コースでは異常ともいえるキビシイ流れ。
その流れを好位追走して自ら動いていっての勝利ですからね。
ボクも直線半ばでは「差される」と思いましたが、
内外両側から2・3着馬が迫ってからの二枚腰はハンパなかったです。
ヴィクトリアマイルの時と同様に、最後の50mの勝負根性はキャトルフィーユの真骨頂。
2着馬とは同じ脚色、3着馬は逆に最後少し離すぐらいですからお見事です。
少なくとも昨日のレースに関しては、着差以上の強さだったと思ってます。

おまけに1.45.7のレコードですからね。
以前のレコードが1.46.4でしたから一気に0.7秒の更新です。
ヴィクトリアマイルでは府中1600mを1.32.4で走破してますし、
時計も強さをしっかりと裏付けてくれています。

クイーンSでこの内容でキッチリ勝ち切ったとなると、今後はますます楽しみになります。
間にどこを挟むのかはわかりませんが、最終的な目標がエリザベス女王杯であることは間違いありません。
本番では今日のメンバー以外にも強敵がまだまだいます。
個人的に手ごわいと思っているのは、
ヴィルシーナ・メイショウマンボのヴィクトリアマイル1・2着の2頭。
あとはデニムアンドルビー・ヌーヴォレコルトあたり。
実際に出てくるかどうかはわかりませんが、これらが強敵であるのは確かでしょう。
ただ、今回のレースぶりやヴィクトリアマイルを見る限りは、
絶対にかなわないと戦前から白旗をあげるというレベルではないと思ってます。
ヴィルシーナには3歳時から負けっぱなしですが、ここにきての成長ぶりで何とか逆転をしたいところ。
絶対にありえない話ではないでしょう。
まあ、いずれにしてもキャトルフィーユ自身が万全の態勢で本番を迎えることが第一ですけどね。

それにしても角居厩舎はすごいですね〜。
今年は今のところ地味目ではありますが、やはり日本NO.1の厩舎だと思います。
キャトルフィーユに関しては本当に文句のつけようがありません。
2歳デビューから3歳時はオークス・秋華賞とGT出走で楽しませてくれました。
その後もコンスタントにレースを使いながら、5歳になって重賞ウィナーですからね。
一口的にはこれ以上ないものを体験させてもらっています。

今回のキャトルフィーユのクイーンS制覇で、
玉ケン厩舎もようやく3頭目の重賞ウィナーを輩出することが出来ました。
ベールドインパクトがGUで2着2回だったり、レッドオーヴァルが桜花賞2着だったりしているんですが、
重賞ウィナーとなると、レッドデイヴィス・ロードカナロアの2頭しかいないんです。

今回の勝利でベールドの獲得賞金を追い抜くと同時に、
2009年産クラブ馬で9位の獲得賞金になりました。
牝馬限定だと4位で、1位のジェンティルは別格としても、
2位のアロマティコ、3位のサウンドオブハートは秋の活躍次第で追い抜くチャンスは十分です。
現役生活はそう長くはありませんが、ココまで来たらさらに上を目指して頑張ってほしいです。
もし無事にエリザベス女王杯にゲートイン出来れば、京都まで応援にいきたいですね。
これまでどういうわけか現地観戦を1回もしたことがないキャトルですので、
これまでの分も含めて晩秋の京都でしっかり応援したいです。



posted by 玉ケン at 14:37| Comment(2) |  09 キャトルフィーユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

重賞制覇、おめでとうございます。強い勝ち方でしたね。秋も楽しみですね。

エレンシアはご一緒でしたが、残念な引退でした。それでもここまで良く頑張って楽しませてくれましたよね。

暑い夏が続きますが、ご自愛ください。
Posted by TM at 2014年08月06日 23:25
TMさん こんばんは!
お言葉ありがとうございます。

ロードカナロアが走っていた時は重賞勝つことが当たり前のように思っちゃってましたが、
実際には、90頭以上も出資してようやく3頭目の重賞勝ち馬ですので、
かな〜りうれしくて記事書いちゃいました。
キャトルはもうこれで十二分に満足してるんですが、
どうせなら秋も頑張ってもらいたいですね。

エレンシアも本当に良く頑張ってくれました。
いい母馬になってほしいですね!
Posted by 玉ケン at 2014年08月07日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。