2013年05月09日

2013春の牧場見学−5<ヘルツフロイント(ライラッククイーンの11)>

NF早来の3歳馬2頭、NF空港の2歳馬2頭の4頭を紹介してきた牧場見学レポートですが、
残すは社台Fの2歳馬3頭でございます。
その1頭目はこの馬です。

ヘルツフロイント(グリーン 牡2:ハーツクライ×ライラッククイーン)
美浦:古賀慎厩舎
IMG_0785k.JPG


IMG_0788k.JPG


ヨーロッパの重厚な母系に父ハーツクライという血統で、
当たればホームラン、ハズレなら三球三振というつもりで出資したこの仔です。
(三振の確率の方が圧倒的に高いことも覚悟の上ですが・・・)
見学に訪れたちょうどその時まで調教をしていたらしく、上の写真は調教後ホヤホヤのものです。

ホームランか三振かはレース出走するまでわかりませんが、
上の横見での写真を見てもマダマダ成長途上で幼いことだけは間違いなさそうです。
担当者の方も早いデビューにはならないだろうとは言ってました。
ボクが「3歳デビューでしょうかね?」と質問したところ、
肯定もされませんでしたが、否定もされずといったリアクションでした。

ただ現状では順調に乗り込めるようになってはいるようです。
球節のモヤモヤで少し頓挫していましたが、今はもう問題ないとのことでした。
じっくり進めていきますとのコメントもありましたので、
焦点は3歳夏までに勝ち上がれるかどうか、というところでしょうか。
ボクの命名馬=走らない、が定説になってきてるので何とか覆してほしいんですけどね。
まあ三振覚悟で出資してますので、気楽に見守っていこうと思います。

posted by 玉ケン at 14:27| Comment(2) |  11 ヘルツフロイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

ライラッククイーンの11 馬名採用されたっぽい

2011年産2歳馬の馬名も各クラブ続々と決定してきています。

現2歳馬には10頭出資済みなのですが、昨日までに馬名決定したのは7頭。
幸いにも社台TCのシェンク11は「ガリバルディ」という馬名を採用いていただきましたが、
キャロット・ロードの多数口クラブでは出資馬6頭すべてが当然のように撃沈。
キャロットはまず採用されないだろうと思ってテキトーにやったので仕方ないのですが、
ロードの方はかなり自信作だっただけに意気消沈。。。
ディープ×レディパステルで「フィラデルフィア」というのはボクには到底思い浮かびません。
東京TCとロードは父母からの由来とかよりも音のひびき勝負っぽいイメージなので、
アレコレ考えてしまうボクにとっては相当に難しいです。

そんなこんなで残すはグリーンFの3頭のみ。
ジャパンスタッドブックで目にした情報がソースで、クラブからの正式発表があったわけではないのですが、
3頭中2頭!!!の馬名が採用されたっぽいのです。
まず1頭目はこちら・・・

「ライラッククイーンの11」(グリーンF)
2011年2月21日生まれ
父ハーツクライ 母父ローソサイエティ  
美浦:古賀慎厩舎入厩予定
価格:2,000万円(1口10万円)

rairakku.jpg

(グリーンF公式HPより、2012年12月上旬撮影)


ボクが応募した馬名は「ヘルツフロイント」という名前で、意味・由来は、
「ドイツ語で『心の友』の意味。母名の一部ライラックの花言葉『友情』と父名からの連想。」
というわけでございます。
母系が根ざしているドイツ血統にちなんでドイツ語でネーミングというところもあります。

英語にすると「ハートフレンド」ってな感じで、特別カッコいいわけではないんですが、
ドイツ語にすると馴染みのない人間にとっては何となく名前らしく聞こえたりしますよね。
そうはいっても響き的にはイマイチかなあ〜と思っていたので自信はなかったのですが、
やはり応募数の少なさが最大の勝因なんだと思ってます。

社台TCのシェンク11は40口、
グリーンFで採用された2頭も不人気馬のようで、売れている口数は相当に少なそうです。
結局のところ採用されるには競争率が低いことが最大のポイントなんですよね。

グリーンの場合は年末から写真の更新がないので何ともわかりませんが、
近況コメントから類推するに、あまり順調とはいえない様子です。
母ライラッククイーンの仔は丈夫でない馬が多いですし、
父ハーツクライ×母ヨーロッパ重厚血統ですので、大当たりか大ハズレかどちらかと思っていましたが、
現状ではやばい雰囲気がプンプンしております。。。
ココから巻き返してくれればいいんですが、どちらにしても遅くなることは間違いなさそうです。。。
(以下、グリーンF公式HPより引用)
2月中旬から直線ダートコース入りを再開し、引き続き周回コースでダク1200m、キャンター1200m、直線ダートコース1本(17−18)中心の調整。担当者は「球節の疲れも落ち着いており、直線コース1本中心に調整を進めています。まだ太目で緩い面は残っていますが、乗り込みを継続して良い感じになってきました。良化傾向にありますし、もうしばらくはじっくり進めたほうが良さそうなタイプです」とのこと。3月17日現在の馬体重は500キロ。(3月21日更新)

せっかく採用された馬名ですので、1度でも競馬新聞に名前が掲載されることを祈っております。
posted by 玉ケン at 18:38| Comment(0) |  11 ヘルツフロイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

ライラッククイーンの11 出資決定

社台・サンデー、G1と続いてきた2011年産馬の募集ですが、
このたびはグリーンFの出資馬が確定しましたので、1頭ずつ詳細UPしていきます。

1頭目は実は今日時点では確定しておらず、明日の2次募集のTEL申込で確定する予定なのですが、
残口わずかにもなっておらず、明日TELすれば確定間違いナシですので、
フライングで今日のせちゃいます。
<追記>
8/6無事に出資が確定しております。


「ライラッククイーンの11」(グリーンF)
2011年2月21日生まれ
父ハーツクライ 母父ローソサイエティ  
美浦:古賀慎厩舎入厩予定
価格:2,000万円(1口10万円)

1104_a.jpg


冒頭にも書きましたが、この馬は先行申込の用紙には記入しておらず、明日の2次募集で出資確定予定です。
どうしてそんな顛末になっているかと言えば、理由はただ1つダンスパートナー11との絡みです。
先行申込の直前まで、ダンスパートナーとライラッククイーンはどっちにしようか迷っていました。
個人的な馬の好みではライラッククイーンの方が好みだったのですが、
全姉ラカに出資している以上、ダンスパートナー11に申し込まない決断は出来ませんでした。
もしダンスパートナーが落選すれば即座にライラッククイーンに鞍替えし、
当選してしまった場合は、東京TCの申込馬の当落確定してから出資を検討するという予定でした。
幸か不幸か、ダンスパートナー11は落選という前者のパターンになりましたので、
2次募集で即座に申し込むことになったのです。
こんな様子見が出来たのも、ライラッククイーン11が不人気そうだったからで、
複雑な胸中にもなりますが、両天秤かけられたのは結果的にはオーライだったですね。

この馬自体は、血統・馬体・動きすべてが標準以上のレベルにあると思っています。

血統的には、父ハーツクライはディープに隠れていますが1年目〜2年目とかなりの数字を残しています。
個人的には、レッドシェリフ・ケイティーズハートと、出資馬2頭中2頭が勝ち上がりという好相性。
ステイゴールドを今さらいけないボクにとっては、ディープに次ぐトップ種牡馬です。
母ライラッククイーンは現役時8戦5勝。
8戦しかしていないのが体質不安を感じさせて少しイヤですが、消耗していないと受け止めることも出来ます。
そのわずかな競走生活の中でも、独オークス2着と米G3勝ちとポテンシャルを感じさせます。
ただ、母父ローソサイエティが重さを感じさせるのは確かで、
血統構成的には芝の中長距離で「三振かホームランか」のタイプに思えます。
母父ローソサイエティで、ボクがマンカフェをイメージしたのは言うまでもありません。
母母父とハーツクライからはギュスターヴクライもイメージしちゃいますね。

馬体的には、現状の測尺は文句ナシ。
2月生まれとしては理想的な数字をしていますし、
カタログコメントにもあるように、470kg程度の中型馬で競馬するのではないでしょうか。
前脚・繋ぎ等の各所に不安を感じさせるモノは一切ないですし、
欲を言えば、トモがさらに充実していれば最高でしたが、現状でも十分なレべルではあります。

DVDでの動きも不安は感じませんでしたね。
両前脚ともにまっすぐ伸びていましたし、後脚の踏み込みの深さも十分でした。
繋ぎは柔らかすぎるくらいにクッションが利いていましたし、
いかにも中長距離の芝向きという動きに見えました。

血統面のところでも書きましたが、芝の中長距離の「三振orホームラン」タイプだと思ってますし、
三振の確率も十分あるとは覚悟しています。
それでも、この価格ならば覚悟して出資することが可能な価格ですし、
3歳夏あたりまでに何とか1勝をあげることさえできれば息長く楽しめるんではないでしょうか。
もちろん、現時点では「ホームラン」を夢見ているのはもちろんでございます。

古賀慎先生はキャロットのキャリアメイクが出資馬でしたが、
体質がメチャ弱くて、デビュー戦直後に骨折判明して即引退では何もわからなかったです。
何となくですけど、一生懸命にはやってくれるイメージがありますので、
ぜひ本馬で牡馬クラシック路線も賑わせてほしいですね!!!

posted by 玉ケン at 17:58| Comment(0) |  11 ヘルツフロイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。