2013年05月08日

2013春の牧場見学−4<オーマイベイビー(オールザウェイベイビーの11)>

2013年春の牧場見学シリーズ、4頭目もNF空港の2歳のこの馬です。

オーマイベイビー(キャロット 牝2:ディープインパクト×オールザウェイベイビー)
栗東:池江厩舎
IMG_0832k.JPG


IMG_0838k.JPG


パスファインダー(ディスカバリングビューティの11)と最後まで悩んだのですが、
個人的な厩舎相性の悪さから敬遠して、こちらのオーマイベイビーに出資決定したのでございます。
池江厩舎も抜群の相性の良さというわけではないのですが、
ロードの馬での個人的経験ではやっぱり良い厩舎という感想ですので、
パスファインダーの方が活躍したとしても仕方ありませんし、悔いはありません。

前フリはともかく、見学時にゲットした情報としては、
近々にも移動になるだろうということでした。
完全に具体的なところまで決まっているわけではないようですが、
どんなに遅くても5月中には移動することになるだろうと仰ってましたね。

池江厩舎は馬房の回転が大変なんじゃないですか?と質問してみましたが、
一時期は確かにそうだったが今は全く問題なく効率よく回転しているので問題ないとのことでした。

この仔の展望については、
まずデビュー戦に関しては出たトコ勝ちだろうと超強気コメントが飛び出してました。
ただ、問題はその後のようで、、、
今のところ大丈夫ではあるが、姉のようにカーッとなるところが出てこないかどうかは心配。
さらにいえば、3歳以降の成長度については血統的には不安がないわけではない。
これまでの兄姉たちを見ると、やはり2歳戦が1つの勝負どころになるのではないかと・・・。
それなら阪神JFが目標ですねとボクからふったところ、
すんなり『そうですね』とのことでした。

個人的には3歳春まではしっかり成長してほしい気持ちがありますが、
2歳戦で大活躍できるのであれば、それはそれでOKです。
ボクの素人目には、だいぶ馬体もしっかりしてきたように見えましたし、
見学前よりも期待度はアップしましたね。
あとは担当の方の『出たトコ勝ち』を信じて、近々の入厩を待ちたいと思います。

posted by 玉ケン at 16:56| Comment(0) |  11 オーマイベイビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

オールザウェイベイビーの11 出資決定

去年の2010年産ではた〜くさんの馬に申し込んだのでドキドキだったキャロットの抽選発表。
今年は3頭しか申し込まなかった上に、2頭は無抽選確定でしたので平和な気持ちで発表を拝みました。

結果は・・・
  5. ディアデラノビアの11 4 一括 当選 0 
  43. オールザウェイベイビーの11 2 一括 当選 0 
  77. サワズソングの11 2 一括 当選 0 
というわけで、目でたく3頭全頭ゲットということになりました。
唯一の抽選だったオールザウェイベイビー11にしても倍率はさほど高くなかったようですが、
やっぱり落選じゃなくて良かったです。

というわけで、出資確定したこの仔をご紹介。

「オールザウェイベイビーの11」(キャロット)
2011年4月1日生まれ
父ディープインパクト 母父グランドスラム 
栗東:池江厩舎入厩予定
価格:3,600万円(1口9万円)

1243_bd.jpg


申込段階でも書きましたが、
ディアデラノビア11がカタログ到着と同時に申込決定した馬だったのに対して、
オールザウェイベイビー11は締切日の夕方になって突然ふってわいたように申し込んだ馬でした。
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/292204911.html
同じような値段の同じディープ産駒の牡馬ディスカバリングビューティ11と悩んだのですが、
ベイビーの方にした理由はただ1つ「厩舎」だけです。
ディスカバリングの厩舎とは徹底的に相性が悪いので、もし走られても後悔はないと思ったのです。
かなりテキトーな感じで決めてしまったのは否めないのですが、
こうして出資決定したからには頑張ってほしいですよね。

<血統>
2009年産のダノンドリーム、2010年産のディアマイドリームはPOGでも大人気でした。
現時点では人気ほどの結果を出しているとは言えない状況ではありますが、
2頭共にこれから化けてくる可能性はまだあるようにも思えます。
個人的にはヘイルトゥリーズンのクロスが発生するのはイヤなんですけどね。。。
正直のところ、、、
ゴスホークケンの実力も懐疑的ですし、血統面でバツグンと感じるレベルではないです。

<馬体・動き>
上記のカタログ写真は全体的には悪くないと思っていますが、トモの奥行きが薄いのは否めないですね。
DVDでの姿はカタログ写真よりもかな〜り薄っぺらく見えましたし、
動きは特筆する部分を感じないどころか、こじんまりした感じで印象は決して良くなかったです。
右前の膝かぶりは個人的には気にしていないのでOKなんですけど、
馬体・動き両方ともにさほど魅力が大きかったわけではありません。
去年のディアマイベイビーは素晴らしい馬体と思いましたが、今年の方が数段落ちるように感じましたね。

<厩舎その他>
母系にはさほど魅力を感じない血統、ぱっとしないように思えた馬体と動き。
それなのに出資した理由は「父ディープインパクト」「池江厩舎」、この2点だけですね。
社台・サンデーやキャロットでは人気過ぎて到底出資できない池江厩舎でしたが、
ロードで出資した馬たちの扱いを見ていると、このレベルの馬によくやってくれるなあ〜と感心するぐらいです。
せっかくお金を出してやる一口ですので、楽しんでやりたいというのは当然のこと。
イライラする対応をする厩舎も数多いですが、わざわざお金出してイライラしたくはないです。
その意味では、池江厩舎はこの厩舎でダメなのならば仕方ないと思える数少ない厩舎です。
正直言って、この馬が走るのかどうかはサッパリわかりませんが、
キャロットの他2頭(ディアデラノビア11・サワズソング11)を厩舎はあまり考えずに選びましたので、
3頭目のこの馬ぐらいは99%厩舎で選んじゃおうということになったのです。


全兄・全姉がPOGであれだけ人気になったのですから、この血統にはそれだけの魅力があるハズです。
現時点での自信度は決して高いわけではないですが、早くから楽しめる血統でもあると思いますので、
夢の桜の舞台に連れて行ってくれれば最高ですね!!!



これで2011年産馬は以下の計7頭に出資が確定しました。

<社台>
ディープインパクト×シェンク(牡 栗東:藤原英厩舎予定)
<グリーン>
ハーツクライ×ライラッククイーン(牡 美浦:古賀慎厩舎予定)
キングカメハメハ×ポンテペルレ(牝 美浦:加藤征厩舎予定)
ディープインパクト×ウインドサイレンス(牡 栗東:荒川厩舎予定)
<キャロット>
キングカメハメハ×ディアデラノビア(牡 美浦:牧厩舎予定)
ディープインパクト×オールザウェイベイビー(牝 栗東:池江厩舎予定)
ハーツクライ×サワズソング(牡 栗東:今野厩舎予定)

ハイ、ご覧の通りに「ディープ・キンカメ・ハーツ」だけでございます。
社台の申込前時点で決めつけていたわけではないのですが、
グリーンの申込の頃からはこの3頭の種牡馬だけにしようと決めていました。
キャロットもその通りになりましたし、
今回オールザウェイベイビー11に当選したことで、グリーン・キャロットの追加はもちろん、
未申込だった東サラに出資申込する可能性もゼロになりました。

今のところは、牡:5頭 牝:2頭というアンバランスさなのですが、
この後はロードのディープ牝馬2頭にある程度手厚くいって、牝馬も強力布陣になる予定です。
それで今年は終了予定なのでですが、ロードのディープ牝馬2頭はキビシイ抽選になりそうですので、
もしハズレになったら別のことを考えるかもしれません。
ロードのディープ牝馬2頭がハズレになることを想定すれば、
今回オールザウェイベイビー11に当選できたのは良かったんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、2011年産馬出資の旅は終着点近くですので、
あとは現役馬たちの活躍を存分に楽しみたいものですね!!!

posted by 玉ケン at 19:08| Comment(2) |  11 オーマイベイビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。