2014年04月23日

2014春の牧場見学−11<レッドアルティスタ(スタイルリスティックの12)>

2014年春の牧場見学シリーズ、NF空港で最後に見学した馬は2歳牡馬のこの馬。

レッドアルティスタ(東京TC 牡2:ステイゴールド×スタイルリスティック)
栗東:松田博厩舎


この前に見させてもらったレアリスタと同じ厩舎にいました。
レアリスタ同様に、写真は同じような立ち姿勢のものが3枚でございます。

1枚目は若干首を傾けっちゃってますが、一番マトモに正姿勢っぽいやつ。
4U8A4679k.JPG


1枚目よりもさらに向こうに首を傾けちゃいました(笑)
4U8A4684k.JPG


今度は首を下の方に向けちゃった1枚。
4U8A4685k.JPG



前回のレアリスタと連続で見学させてもらったのですが、
この日の見学最終盤でお疲れモードだったのはレアリスタの時以上。
この日に見学した馬の中でも一番、スタッフに話を聞かず終いにしてしまいました。

そんなごくわずかなコメントの中でボクが記憶している情報は、
レアリスタよりもこの馬の方がステイゴールド産駒っぽいとの情報。
それが良いことなのか悪いことなのかは聞きませんでした。
こっちの方が気性がピリッとしているみたいなことも言ってましたので、
そういう意味でステイゴールドっぽいってことなんでしょうね。

付け加えとしては、、、
ステイ産駒は普段はうるさいのが多いが競馬にいくと集中して走るので心配しないで下さいとのこと。
まあよく言われていることではありますが・・・。

それ以外は大した話をしていないか、していても記憶にないかでございます。
というわけで、最低に内容がうすいレポートになってしまいましたが、
個人的にはもう少し馬体にボリュームが出てきてほしいとは思いました。

posted by 玉ケン at 17:34| Comment(0) |  12 レッドアルティスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

スタイルリスティックの12 出資確定

前回に続いて、東京TCの出資確定1歳馬紹介シリーズ、
2頭目は第1希望で申し込んだこの馬。

「スタイルリスティックの12」(東京TC)
2012年5月12日生まれ
父ステイゴールド 母父ストームキャット  
栗東:松田博厩舎入厩予定
価格:3,200万円(1口8万円×2口出資)
b_p_main_Stylelistick12.jpg


ドリームジャーニー・ナカヤマフェスタ・オルフェーブル・ゴールドシップ・フェノーメノなどなど、、、
父ステイゴールドの大物輩出度がハンパないことを認めてはおりましたが、
2011年産馬までは1頭も出資してきませんでした。
理由は主に2つあって
・大物輩出度は高くても「勝ち馬率」が高くない
・産駒の母系が大したことないケースが多い
というもので、大ホームランがどこで飛び出すかわからない種牡馬というイメージだったのです。

ところが、最近のデータを見ると「勝ち馬率」もグングン上昇しているみたいなんですよね。
この背景には種付けする繁殖牝馬のレベルアップというのが影響しているんでしょうし、
そうすると今まで以上の結果を出す可能性もなくはない・・・
と今さらながら食いついてしまったのです。

血統的には祖母マグニフィシェントスタイルがハンパないですよね。
ナサニエルをはじめとして欧州G1馬を3頭輩出、
他にも重賞勝ち馬多数と世界的な名繁殖牝馬といっても過言ではありません。
姉レッドジゼル募集の際にも注目はしましたが、
その当時は日本適性が未知数でしたので申し込みは見送りました。
奇しくもそのレッドジゼルが早々に2勝をあげて日本適性を証明してくれましたので、
ボクとしても心置きなく申し込むことが出来ました。

血統背景が超一流なところも魅力の1つではありましたが、
個人的にはそれ以上にポイント高かったのがカタログの写真でしたねえ〜。
以前にも書きましたが、フライングでPDFファイルを見れてしまった時から一目ぼれ的でした。
基本的に脚長の馬が好きなんですよね。
DVDでの動きが硬いような気がしたので見送りも検討しましたが、
人気馬だけに様子見することは不可能でしたのでやっぱり申し込んじゃいました。

厩舎の松田博厩舎は一口馬主界では有数の人気厩舎ですが、
ボクは武豊ファン&アドマイヤ嫌いですので、必然的にこの厩舎も好きじゃないです。
それでもグリーンFでラカを出資しましたが、本日あった未勝利戦で10着大惨敗。
個人的な一口LIFE的にも相性が良いようには思えません。
おまけに本馬が4歳時には定年になる先生ですので、
厩舎がプラス材料になることはありませんでした。

DVDで感じた動きの硬さ、個人的には敬遠したい厩舎という点から、
いったんは見送りしようと思ったのですが、
やはりこの血統・この馬体ならば夢が見れますよね〜。
父ステイゴールド&母父ストームキャットですので、
フランスで大暴れしたオルフェーブルとキズナのミックスみたいなもんで(笑)
祖母の仔は実際ワールドクラスばかりなのですから、
ひょっとして・・・なんて期待しちゃうのも無理はありません。

これまでの一口馬主生活では、基本的には人気馬に申し込むことは少なかったのですが、
社台で人気2位だったマンハッタンセレブ12に続いて、
おそらく東京TCで人気1位のスタイルリスティック12に出資することとなりました。
ここ数年の結果を見ていると、
社台の人気はかなり信頼できないみたいなんですが、
東京TCの一昨年はレッドオーヴァルとレッドアリオンが人気2頭でしたからね。
その2頭がしっかり稼ぎ頭の2頭になった事実もありますので、
スタイルリスティック12も人気を裏切らない活躍をしてほしいですね。



※写真は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 21:25| Comment(0) |  12 レッドアルティスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。