2014年04月25日

2014春の牧場見学−18<ロードTOの出資馬以外の2歳馬たち>

急ピッチで進めてきました「2014春の牧場見学」シリーズもラストとなりました。
何とかGW前に終わらせたいと思ってましたが、ギリギリ間に合った感じです。

ラストの今回は、ケイアイFでのロード展示会で拝見した、
出資馬以外の2歳馬たちの画像集でございます。
何しろたくさんの馬たちですので、母馬の五十音順に画像だけ掲載します。
父馬とか預託厩舎とかはロードのHPを見て調べてみてください。
ひょっとしたら馬を間違えてるかもしれませんが、その場合はご了承くださいませ。


エアジュリアードの12
エアジュリアード.JPG


エイトディズアパートの12
エイトディズアパート.JPG


エーソングフォーの12
エーソングフォー.JPG


エルテアトロの12
エルテアトロ.JPG


キャサリンオブアラゴンの12
キャサリン.JPG


サスーンの12
サスーン.JPG


サッカーマムの12
サッカーマム.JPG


ジャックカガヤキの12
ジャックカガヤキ.JPG


シルクハリウッドの12
シルクハリウッド.JPG


タッチアスの12
タッチアス.JPG


ドナマッハの12
ドナマッハ.JPG


レディアーティストの12
アーティスト.JPG


レディカーニバルの12
カーニバル.JPG


レディストレイツの12
ストレイツ.JPG


レディチャームの12
チャーム.JPG


レディナデシコの12
ナデシコ.JPG


レディハニーの12
ハニー.JPG


レディピアレスの12
ピアレス.JPG



以上が出資馬以外で展示された2歳馬たちでございます。
ロードで募集された2歳馬のほとんどが展示されたことになったハズです。

あまりにたくさんの馬たちでしたので、1頭1頭のコメントをしっかりと聞いていませんので、
ボクが耳にして「オッ!」と思ったコメント・感触だけ抜粋しますと・・・

・レディチャーム12は素晴らしい。芝の中距離以上で奥が深いものを持っている。
 残口ある中ではオススメ。
〜前々回記事「レディキルシェ12」を参照。
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/395540297.html

・レディアーティストはやっぱり良い仔を出す。

・エアジュリアード12は浅見先生で数使うだろうけど、十分対応できるだろう。

・サッカーマム12は乗り味が良い。距離はやっぱり短いところになるではないか。

主だったところではこんなモンでしょうかね。
何しろ後半はレディチャーム12が素晴らしいという話題で持ちきりになってましたね。
ボク自身はまったくの検討外だったのですが、ここまで言われると流されちゃいます。
いずれにしても入厩は秋以降の予定とのことだったので、
ギリギリまで出資するかどうか様子見していきたいですね。

初めて訪れたケイアイFでのロード展示会は色々な意味で新鮮でしたね。
中でもレディキルシェ12の入厩情報を聞いたとたんに酷評されたのは実に面白かったです。
あとはケイアイFに向かうまでの道中と帰り道が素晴らしく良いところで、
昔は写真撮影を第一の趣味としていたボクにとっては、ある意味では牧場見学以上の楽しさでした。

来年は6月のツアーで訪れた方がさらに楽しいのかな・・・と思ったりしましたが、
6月だと社台関係の2歳馬は続々と移動してしまったりするので悩ましいところです。
移動しないでいてもらってもそれはそれで困りますし、、、

何にしても牧場見学はやっぱり楽しいです。
馬を見ること自体が楽しいのはもちろんのこと、1年に1回の北海道旅行が純粋に楽しいですよね。
出資馬の成績は惨憺たるものが続いておりますが、
こういった楽しみにお金を払っていると自分に言い聞かせると少しは慰めになったりもします。
ウチの財力が続く限りはこうして毎年見学していきたいものですがどうなるでしょうかね。


posted by 玉ケン at 19:58| Comment(2) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

ロードサラブレッド 2013年度募集(2012年産) 抽選結果

http://banusitobakendou.seesaa.net/article/380323013.html
で書いたように、
・レディバラードの12
・レディブラッサムの12
・レディパステルの12
・レディキルシェの12
の4頭に申込をしたロードTOの2012年産馬でしたが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/380565149.html
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/380657533.html
の通り、
・レディブラッサムの12
・レディキルシェの12
の2頭は無抽選で出資確定。
で、、、
残る2頭が抽選となっていましたが、昨晩その結果が届いておりました。
その結果はご覧の通り・・・
4U8A3189k.JPG


いやあ〜無事に抽選突破できて良かったです!
事前の個人的予想では、レディバラードの12は激戦になると思っていたのですが、
掲示板情報によると、レディサファイア・インディアナギャルの方が人気だったみたいです。
結果的には当選確率の高い抽選だったのかもしれませんが、
特にレディバラードの12はメチャクチャ欲しかったので嬉しゅうございます。
牡馬の大駒が1枚ほしいところでしたので、レディバラード12がいるといないとでは大違いです。

今回出資確定した2頭については改めて紹介記事を書こうと思いますが、
今年のドラフトはこれでほぼ終了ということになります。
レディバラードの12が落選した場合は、
<ロード>
・エイトディズアパートの12
・レディピアレスの12
<キャロット>
・シアトルサンセットの12
の3頭を代わりに出資しようと考えていたのですが、
無事に当選できたことで、上記3頭にすぐに出資申込することはなくなりました。
依然として様子見候補ではありますが、
出資馬たちが予想外の大活躍をしてくれて、予算が捻出できた時のみの候補ということになります。

それにしても今年のドラフトは本当に満足いくものでした。
抽選ハズレはキャロットのマイティースルー12(一般)だけという結果で、
あまりにも上手くいきすぎて恐くなってしまうぐらいです。
機会があればドラフト総括なんかもしてみたいですが、
これだけ欲しい馬がとれれば、ラッキー以外の何物でもありませんよね。
本当にラッキーだったかどうかは馬が走るかどうか、とのご意見もごもっともですが、
ボクはそれとこれとは別の話だと思うんですよね。
出資馬選びで楽しむのと出資馬が走るのを見て楽しむのとのが別の話なように、
抽選突破はそれはそれでやっぱりラッキーなんです。

しつこくなっちゃいますが、レディバラード12・レディパステル12の2頭もゲット出来て良かったです。
今後はロードにもっと力をいれていこうと思ってますので、キャロットを軽くした甲斐がありました。
これでドラフトが終了してしまったのは少し寂しいですが、
次は馬名応募がありますので、切り替えて楽しんでいきましょう。



posted by 玉ケン at 16:49| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

ロードサラブレッド 2013年度募集(2012年産) 出資申込

今週末は楽しみな出走予定がたくさん出ており、特に京都で有力馬がいっぱい出るハズでしたので、
数週間前からホテル・新幹線・JRA指定席を予約してワクワクしていたのですが・・・

今週になって、2歳の大将格ガリバルディが出走予定を取り消して12/1に予定延期。。。
まったくの個人的な見解ですが、、、
社台オーナーズの馬サウンズオブアースが急きょ今週出走することになって、
その前走で騎乗していたM.デムーロJの関係で延期したのではないかと・・・。
こちらは10月末段階から「11/16京都芝1800mをデムーロで」と予定発表していたのですが、
サウンズオブアースが前走2着敗退した直後、
先週のクラブ公式HPで突如として「疲れが見られるので出走延期するかも」とのコメント。
そして今週になって「疲れはとれたが阪神開幕週の良い馬場をねらいたい」とのことで、
不自然さは極まりなく、サウンズオブアースにデムーロを譲らなければならなかったから・・・
との理由が邪推出来てしまいます。
ガリバルディも社台TCの期待馬ではあるのでしょうが、
サウンズオブアースはオーナーズで、吉田社長も散々プッシュしていた馬ですからね。
競馬界にはありがちなこととはいえ、何だかモーレツにやるせなくなってしまいました。
ガリバルディ以外にも、ベルフィオーレのデビュー戦・レッドオーヴァルのGTはあるのですが、
明らかに気分が盛り下がってしまったので、ホテル・新幹線など全てキャンセルしちゃいました。
ボクの個人的な邪推にすぎませんが、社台グループへの不信感が増したことは間違いありません。

そんな意気消沈なタイミングではございますが、
ガリバルディの出走延期の直前に、すでにロードTOの2013年度募集の申込をしてございます。
以下がその内容・・・

IMG_0438k.JPG


実際に申し込んだのは上記の4頭でしたが、
それ以外にも2頭の馬が候補になっていましたし、
候補の馬も含めて、口数をどうするかは最後の最後まで悩みましたね〜。
結局は牡馬に手厚く、牝馬に薄く、という口数にしたのですが、
ココに至るまでは紆余曲折がありました。

上記の4頭に申し込むことは当初段階から決めていたのですが、
他に候補だったのは以下の2頭。

エイトディズアパートの12(牡:父ステイゴールド 栗東:藤岡厩舎予定)
エイト.jpg

カタログ・DVDを何度見返しても、悪いところはみつからないですし、
社台系クラブのステイゴールド牡馬の価格を見ていると、
2,100万円という価格もお買得に思えてきます。
気になってしまったのはハッキリ言って「厩舎」です。
ボクは息子2人が騎乗することにはさほど抵抗はないのですが、
キャロットのミニョネットが結局勝ち上がれなかったのを考えると、ちょっと躊躇してしまうのです。
申込を済ませた現時点でも様子見候補であることは間違いないのですが、
資金が出来る前に売り切れてしまうのならば致し方ないと思うことにしました。

もう1頭の候補だった馬はこちら。

レディピアレスの12(牡:父ハーツクライ 栗東:笹田厩舎予定)
ピアレス.jpg

ハーツクライの牡馬が1,575万円というのはエイトディズアパート12以上にお買い得感あるのですが、
こっちの場合は現状の馬体バランスがイマイチに見えること。
血統背景的にも若干見劣りすること。
そしてエイトディズアパート同様なのですが、
ロードヴォルケーノが新馬勝ちしていれば同じ笹田厩舎に威勢よく出資できたのですが、
何とも微妙な結果の4着に終わってしまいましたので、
やはりこの馬も様子見することにしました。

去年のレディアーティスト11=デルフィーノは90%ぐらい出資確定しての様子見でしたが、
今年の2頭については本当の意味での様子見、
状況が良くなれば申込しますし、そうでなければ見送るつもりでございます。

というわけで、結局のところは当初段階で考えた4頭にしたのですが、
口数についてはずいぶん悩みました。

まず優先的に口数まで決めたのがこの馬。

レディキルシェの12(牡:父ジャングルポケット 美浦:菊川厩舎予定)
キルシェ.jpg

これまで小口クラブでの出資口数は「5口」が最多口数だったのですが、
この馬は何と言っても「お安さ」が最大の魅力でしたので、思い切って「10口」いっちゃいました。
血統ヨシ・馬体ヨシ・動きヨシの3拍子そろっているようにボクには見えましたし、
厩舎もアイアン・エフォールと、ロードのクラブ馬ではソコソコの活躍馬を出しています。
アイアンもエフォールも安馬でしたが、
これらの馬をしっかり育て上げた菊川師は意外とクラブ・牧場から信頼されているのではないかと・・・。
これまで通りに「5口」までにして、その分を別の馬にまわすことも考えましたが、
この馬の「5口」分を他の3頭にまわしたとしても「1口or2口」しか増やせないんですよね。
バラードを「1口」増やすよりはキルシェを「5口」増やす方が明らかにスリルがあって面白いと思い、
10/500出資申込という暴挙?をやってしまいました。
ただ、10口とはいっても金額的には21万円ですし、
キャロットの8000万円の馬だったら1口分でしかないんですよね。
馬代金1,050万円であれば、抹消給付金関係だけでも十分な割合になりますし、
維持費が10倍かかるのは確かにネックなのですが、それだけの魅力は十分あると判断しました。

次に悩んだのは、残る3頭のうちどの馬に比重を置くかということ。
馬体・DVDを見て一番良く見えたのはブラッサムでしたし、
安くあげられるという点ではパステルも捨てがたかったです。
最終的に判断理由にしたのはやっぱり「牡馬」ということ。
それでこの馬を複数口申し込むことにしました。

レディバラードの12(牡:父ディープインパクト 栗東:池江厩舎予定)
バラード.jpg

この馬1口分で上述のキルシェだったら6口買えてしまうわけですが、
やはり王道の期待をかけるディープ牡馬を1頭はほしい・・・
そうなるとやはりこの馬にいかないわけにはいきませんでした。
どうせならキリのよいところで「5口」にしようかとも思いましたが、
そうなるとブラッサムをあきらめざるを得なくなるので、中途半端ですが「4口」にしてみました。
「3口」だとちょっと少な目な感じがするので、ちょうど良い口数かなと思ってます。
ただ、何といってもこの馬の場合は抽選に通るかどうかですね。
ボクの個人的な予想では、最終的にはこの馬が1番人気になると思ってますので、
ロードハリケーンの時に続いての落選という可能性も十分覚悟してます。


キルシェ・バラードの口数を厚めにしましたので、
残る牝馬2頭は必然的に薄い「1口」ずつということになりました。

レディブラッサムの12(牝:父ディープインパクト 栗東:安田厩舎予定)
ブラッサム.jpg

バラードの口数を考えている時には、いっそのこと申込まないということも検討しました。
馬自体はバラードと甲乙つけがたいように見えたのですが、
やはり牝馬で6,000万円強というお値段はそれだけで二の足を踏んでしまいます。
一口再開直後はロンドンンブリッジの娘2頭(7,000万円・5,000万円)に躊躇なく出資しましたが、
再開して数年の経験を経ると、牝馬で5,000万円以上という値段がいかに高額かがわかってきました。
この馬も4,000万円台後半であれば、バラードよりも比重を置いた口数にしたと思うのですが、
6,000万円というお値段ではカナロアの記念出資という意味での「1口」しかいけません。
逆に言って、カナロア出資者でディープ信奉者としては「申込まない」というわけにもいきません。
なので結局「1口」だけなわけですが、
馬自体は本当に良く見えましたし、あくまで値段の問題が大きかったです。


レディパステルの12(牝:父キングカメハメハ 栗東:藤原英厩舎予定)
パステル.jpg

DVDで動きを見ると悪くない感じでしたが、
カタログ写真だけでは正直言ってピンとくるものはありませんでした。
ただ、、、
ラインアップ発表段階ではこの馬を一番手厚くいこうと思っていたんですよね。
お値段的にも悪くないですし、
去年のグリーンFのパーティーで藤原先生が「パステルの当歳はいいぞ」と言っていたからです。
最低でも5口はいったろうと思っていたのですが、
現状を検討すればするほど自信はなくなっていきましたね。
そうはいっても、パステルの仔はず〜っと出資しているわけですので、
ブラッサム同様に、申込まないというわけにはいきません。
なのでやはりこちらも「1口」という口数での申し込みとなりましてございます。


というわけで、全4頭〜16口の申込となりましたが、
さすがにレディキルシェ12は無抽選で決まると思ってます。
おそらくレディブラッサム12も最終的には無抽選になるのではないかと思っていますが、
レディバラード12はかなり厳しめな抽選になることを覚悟してます。
今後は社台・サンデーと同等の金額をロードにかけていこうかと思案しているぐらいですので、
何とか今回も抽選突破させてほしいのですが、あとは運を天に任せるしかありません。
早ければ明日にも満口馬の発表だけはあると思いますので、
出来ることならばボクの申込馬が満口になっていないように・・・と願うばかりでございます。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 19:53| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

ロードサラブレッド 2013年度募集(2012年産) 出資検討

明日10/26(土)は台風で競馬はムリだろうと思っていたのですが、
今のところ開催延期になるほどではなさそうでガックリです。。。
というのも、
新潟で出走するレッドオーディン、東京で出走するロードランパート、
この2頭は道悪が明らかに苦手ですし、
東京メインレース出走のロードガルーダも未知数。
同じレースに出走するキャロット馬が明らかに道悪得意なだけに相対的にな不利を否めません。
京都メインレース出走のレッドオーヴァルも紅梅Sこそ道悪での勝利でしたが、
当時騎乗したルメールJはのめっていたとコメントしていました。
そんなわけで、月曜日に順延〜良馬場での競馬を期待していたのですが、
どうやらボクの希望はかなわず、極悪馬場での特殊な競馬になってしまいそうです。
こういうのってやっぱり「運」だと思うんですよね〜。

・・・と、いつものように前フリが長くなりましたが、
今週の火曜日にロードTOの2013年度募集馬カタログが到着しましたので色々と所感など。。。

1.募集時期をもっと早くしてほしい!
毎年毎年のことなので自分が悪いのですが、
6〜7月の社台・サンデーからはじまり、東京TC〜キャロットと散財してしまって予算がカツカツ。
ケイアイFの生産馬リストを見れば募集馬も想像はつくのですが、
そうはいっても馬体写真やDVDなどは見れないわけで、、、
どうしても目の前にある餌の方が良く見えて飛びついてしまうのです。
ロードでこんなに良い馬がたくさんいるのがわかっていたのなら我慢したのに・・・
という後悔をすることが毎年です。

2.DVDの撮影方法が悪すぎ!
ロードの募集馬DVDって毎年撮影の仕方が違いますけど、今年のは最悪!!!
前後歩かせの際にカメラがズームしてみたり、そもそも馬をまっすぐ歩かせていないのがた〜くさん。
しょっぱなのレディバラード12の前後歩かせなんて笑っちゃうぐらいです。
去年まではしっかり撮影出来ていたはずなので、来年は元通りにしてもらいたいです。

3.・・・けど馬は良いのがいっぱい!
去年は21頭募集でしたが、今年は28頭と7頭も増やしての募集。
カナロアの活躍に乗じてやばいのをたくさん混ぜてきたのかな・・・なんて思ってましたが、
カタログ・DVDを見ていると、み〜んな良い馬に見えて仕方ありません(笑)
ディープ・キンカメ・ステゴの種牡馬御三家の産駒はすべてが良いように見えます。
おまけに安馬の方もなかなかの好馬体をしている馬がチラホラいたりで、
ポチリ欲求がメチャクチャ刺激されちゃってます。

4.で、ボクの現状候補は・・・
一応カタログとDVDを一通り見ましたので、すでに候補は5頭前後に絞りました。
上にも書いたように良さそうな馬がたくさんいたので断腸の思いなのですが、
1.で書いた通りで他クラブ出資後で予算が残っておりません!!!
現段階では候補馬は秘密にしておきますが、どの馬にどれだけの口数申し込むかは悩みがつきません。


ロードの場合は、社台やキャロのようにここからたくさんの情報がアップされることもありませんし、
今日の段階で全募集馬の測尺も出ましたので、検討材料はすでに出揃っています。
候補の馬も絞れていますので、あとは口数決定するのみなんですが、
そこには予算の問題が大きく立ちはだかります。
ここから予算を増やす方法はただ1つ、出資馬が活躍するしかありませんので、
まずは明日・明後日の出走馬の諸君は出来る限りたくさんの餌をくわえて帰ってきてほしいです。
本当に切実なる願いであります(笑)

posted by 玉ケン at 21:09| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

ロードサラブレッド 2012年度募集(2011年産) 抽選結果

http://banusitobakendou.seesaa.net/article/301650780.html
で書いたように、
・ワンフォーローズ11
・レディパステル11
・ジャズキャット11
の3頭に申込をしたロードTO2011年産馬でしたが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/302644703.html
の通り、ジャズキャット11は無抽選で出資確定。
残る2頭のディープ牝馬が抽選となり未確定だったのですが、今夜抽選結果が届いておりました。

その結果はご覧の通り・・・
IMG_0001e.JPG


2頭とも当選しちゃいました。
正直のところ2頭のうちどちらかは落選するだろうと思っていたので、
ダブル当選となると金策を考えねばなりません。。。

どちらか1頭でも落選したら、ハーツクライ×レディアーティストにいこうと思っていたのですが、
ダブル当選でこれはお流れということになりました。

2頭共に4,000万円前後という、牝馬としては高額馬ですので、
ペイ出来るかどうかはあんまり自信はないです。
ただ、ワンフォーとパステルにはいかないわけにはいかないですよね。
そうやって永遠に出資するつもりはありませんが、ディープっ仔であれば仕方ありません。

2頭の詳しい出資理由などは後日UPしようと思いますが、
とりあえずは吉報はいち早くということでUPしてみましてございます。
この吉報が数年後に凶報だったということにならないことを願うばかりです。。。

posted by 玉ケン at 23:58| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

ロードサラブレッド 2012年度募集(2011年産) 出資申込

11月15日(木)締切のロードサラブレッド2012年度出資申込ですが、
以下の内容で先週末に投函しました。

IMG_9999e.JPG


結果的には、検討段階と何ら変わらぬ申込内容になったのですが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/299649958.html
ココに至るまでは多少の紆余曲折がありました。

まず第1は・・・
レディブラッサムの11(牡:父マンハッタンカフェ 母父ストームキャット)の取捨。
1101.jpg

当初の検討段階では「値段が高すぎる」ということで見送りを決めていたのですが、
その後に兄ロードガルーダが強烈な内容での圧勝劇。
カナロア以外も走る=母レディブラッサムの優秀さを目の当たりにして、
1〜2口だけでもいきたい衝動がフツフツと、、、

しかしながら、よ〜〜〜く考え直して、
父キンカメのロードカナロアが2,625万円、父タキオンのロードガルーダが3,150万円、
というMy出資馬と比べると、
父マンカフェで5,250万円はやはり回避するしかないという決断を下しました。
シェンク11(8,000万円)とディアデラノビア11(5,000万円)という2頭の高馬がいるので、
高馬を3頭もいく余裕は現状の玉ケン厩舎にはありませんでした。


次に検討候補にあがったのが、
レディアーティストの11(牝:父ハーツクライ 母父フレンチデピュティ)です。
1112.jpg

当初の当初は全く眼中に入っていなかった馬だったのですが、
玉ケン厩舎2011年産の出資は、そもそもがディープ・キンカメ・ハーツの3頭固めというミーハー方針。
そこにコレクターアイテムとかオツウとか、ハーツ牝馬の活躍があったもんで、
自然とこの馬に目が向くことになったのでございます。

父ハーツクライ 母父フレンチデピュティの相性はサンプルが少ないのでわかりませんが、
母母レディバラードというのはいかにも魅力的ですよね〜。
馬体は現状では薄手に見えますが、ここからグングン成長するでしょうし、
値段の1,575万円というのも大変良いです。

ワンフォーローズorレディパステルのどちらかを減らしてでも1次段階で申し込もうかと思ったのですが、
まず1次で埋まることはないだろうと判断。
現時点でも有力な様子見候補なのですが、ディープ牝馬2頭の抽選結果を見てからにすることにしました。


結局は前回の検討段階の3頭に収まったわけですが、今度は申込口数で最後の最後まで悩みました。
値段が安いジャズキャット11はキリの良い5口にするのは既定路線でしたが、
問題はワンフォーローズ11とレディパステル11の口数です。
3ヶ月前の段階では両馬ともに5口ずつの予定でしたが、
前回検討段階でDVDを見て若干の不安を感じたために口数を減らす方向に・・・。
2頭ともに3口ずつにしようと考えたのですが、それも何となく面白味がないなあ〜と。。。
ワンフォーローズもレディパステルも玉ケン厩舎としては縁の深い2頭で甲乙つけがたいのですが、
最終的には「厩舎」で、やっぱり藤原英厩舎にガッツリいきたいなあと。
そんなわけで、ワンフォーが4口、パステルが2口ということになりました。

というわけで、、、
今回申込をしたロードサラブレッド2012年募集馬3頭は以下の面々。。。

募集番号NO.3 ワンフォーローズの11(牝:父ディープインパクト 母父テハノラン)
関西:藤原英厩舎入厩予定 総額4,200万円 4口申込

1103.jpg


募集番号NO.4 レディパステルの11(牝:父ディープインパクト 母父トニービン)
関西:笹田厩舎入厩予定 総額3,990万円 2口申込

1104.jpg


募集番号NO.6 ジャズキャットの11(牡:父キングカメハメハ 母父ストームキャット)
関西:笹田厩舎入厩予定 総額2,730万円 5口申込

1106.jpg



あとは3頭の当選を祈るのみですが、ワンフォーローズ11は相当に厳しい抽選になりそうです。
もしワンフォーが外れた場合は、30万以上の予算が余ることになるので、
上で書いたレディアーティスト11だと10口以上いけちゃう計算になりますね(笑)

もしワンフォー・パステルの両方ともに外れた場合は、
2011年産の牝馬は、グリーンのポンテペルレ11とキャロットのオールザウェイベイビー11の
2頭しかいないことになっちゃいますので、
社台・サンデーの残口馬orキャンセル募集も考慮に入ってきます。

そうはいっても、、、
ワンフォー・パステルの2頭に出資するために他クラブでの出資を控えめにしてきたわけですので、
もちろん全馬当選が一番なのは言うまでもありません。
ただ、全馬当選しちゃうと予算的には相当に厳しくなるんですよね〜〜〜。
まあ、あとは運を天に任せるだけなんですが。。。
う〜ん、、、複雑な胸中です。


※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 17:37| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

ロードサラブレッド 2012年度募集(2011年産) 出資検討

ロードカナロアのスプリンターズS、
キャトルフィーユの秋華賞、
ベールドインパクト&ロードアクレイムの菊花賞と、
GT3戦が終わってしまって、途端に空虚感ただよう玉ケン厩舎。

12/9〜ロードカナロアの香港スプリント、12/16〜ゴットフリートの朝日杯FSまでは
派手な出走予定はなく、ちょっとおヒマ状態になってしまっているのですが、
そんな折の楽しみになってくれるのがロードTOの1歳馬募集です。

今年は2頭の牝馬だけにガッツリ申し込もうと、カタログ到着前から99%固めていたので、
出資検討の必要性も無いハズだったのですが・・・。
実際にカタログが到着してDVDまで見てしまうと、申込予定だった以下の牝馬2頭には若干の不安が。。。

募集番号NO.3 ワンフォーローズの11(牝:父ディープインパクト 母父テハノラン)
関西:藤原英厩舎入厩予定 総額4,200万円

1103.jpg

血統・厩舎ともに文句ナシ!!!
カタログ写真もDVDでの横の動きも文句ナシ!!!
なんですけど、、、
DVDでの前後の動きがフラフラしすぎなんですよね〜〜〜。
馬の引き方が悪いようにも見えますが、前脚の弧の描き方が大きいのは間違いなさそうです。

そもそも牝馬で4,200万円というのは超高額の部類ですからね。
キャロットのディープ牝馬と比べると割高感はありませんが、
社台・サンデーのウッドマンズシックとかレディオブヴェニスよりも高額なんです。
ディープ×スリープレスナイトの5,000万円と比べても「う〜〜〜ん」と思ってしまいますし、
そもそも全姉キャトルフィーユよりも600万円弱の価格UPですからね。
そのキャトルフィーユですら、オークス〜秋華賞とGTに2回出走しても獲得賞金は3,900万円。
このように考えていくと、4,200万円の牝馬には一切の不安がない状態であってほしいのです。

カタログ到着前は、最低でも5口はいったろう!!!と考えていたのですが、
そこまでの自信はなくなっている現状です。
厩舎的にも出資申込することは間違いないんですけど、口数については最後まで悩んでしまいそうです。



募集番号NO.4 レディパステルの11(牝:父ディープインパクト 母父トニービン)
関西:笹田厩舎入厩予定 総額3,990万円

1104.jpg

モンジュー×レディパステルの牝馬レディハピネスでロードに入会したボクですので、
父ディープとなれば、もはや盲目的に出資申込決定なわけですが、
巷で言われている通り、左後脚の動きは不自然なんですよね〜〜〜。

左後脚の動き以外は不安要素は感じていませんが、逆に魅力的な部分も少ないです。
形・動きともに可もなく、不可もなく・・・というのが率直な印象です。
特にトモなんかは若干薄くて頼りないように見えちゃってます。

あとは厩舎に一抹の不安を感じてしまうのです。
笹田厩舎自体は悪くないと思いますし、ロードが重宝している厩舎なのもわかるのですが、
なぜジャズキャット11と2頭預託なのかと・・・。
パステル11かジャズ11か、どちらかが抱き合わせの地雷なんではないか・・・
そんな穿った味方をしてしまうのです。

そもそもはワンフォーローズ11と同じ口数をいく予定だったのですが、
こっちのパステルの方は出資申込自体をどうしようか迷ってしまっています。
まあ申し込むとは思うのですが。。。



上記の牝馬2頭に迷いが出てしまってからは、あわてて他の馬の検討をしはじめました。
安馬の中にも悪くなさそうなのは何頭かいるのですが、それらは1次で満口になる可能性は低いと思うので、
今考えるのは高い方のお馬さんたち。

募集番号NO.1 レディブラッサムの11(牡:父マンハッタンカフェ 母父ストームキャット)
関西:安田隆厩舎入厩予定 総額5,250万円

1101.jpg

2011年産馬では今のところ安田隆厩舎予定の馬が1頭もいませんし、
カタログ写真、DVDでの動きも文句ナシ。
血統面ではロードカナロアゆかりで当然文句ナシなんですけど。。。

何しろ値段が高すぎ!!!
カナロア便乗で値上げしてきたんじゃないかという感触がアリアリ。
あと1,000万円安ければ相当に有力な申込候補になていましたが・・・。
現時点では見送りの可能性が大です。



募集番号NO.6 ジャズキャットの11(牡:父キングカメハメハ 母父ストームキャット)
関西:笹田厩舎入厩予定 総額2,730万円

1106.jpg

こちらもロード定番血統で、ボクも兄ロードランパートに出資しております。
父キンカメ〜母父ストームキャット〜母母父がリボー系というのはロードカナロアと同じ。
値段もソコソコでいきやすい価格帯ですよね。

カタログ写真はコメントにもあるように腰高でバランスが悪いですが、
DVDではさほどアンバランスには感じませんし、成長すればバランスがとれてくるのではないかと。
トモの容積はかなりのレベルのように見えますし、DVDでの動きも柔らかくて不安は感じません。
上の牝馬2頭よりも圧倒的に不安要素が少ないように見えるんですよね〜。

あえて言うならば、レディパステル11のところで述べたのと全く同じ不安。
笹田厩舎に2頭預託で、どちらかが地雷なのではないかという点なんでございます。
まあ考えすぎということは自覚しておりますが・・・。




現時点ではジャズキャット11が最有力な申込候補となっています。
ただ、、、
最大の不安は、ボクの相馬眼そのものなんでございます。
ボクの目にはジャズ11が最も良い出来に見えているのですが、
血統的にはディープ牝馬2頭が上回っているのは確かですし、
ロードがつけた値段で見ればマンカフェ牡馬2頭の方が圧倒的に格上ってことですよね。
ロードの値付けのを信じるのであれば、今は見送り濃厚となっているブラッサムの方が・・・
ということになりますし、
血統評価を信じれば、当初の予定通りにディープ牝馬のみにするべきとも思ったりします。

キンカメ産駒はたくさん出資してきましたが、
結局成功したのはロードカナロアだけという実績もボクを極めて不安にしてくれます。。。
毎回毎回、自分の目には良く見える馬を選んできたつもりでの結果ですからねえ〜。
やはり自分の目を過信するべきではないと思えてきちゃいます。

申込期限まではあと2週間ほどの猶予はがありますので、
現時点ではスルー予定だった安馬たちも含めて、もう1度検討しなおす必要がありそうです。

でも、ロードは情報がネットに出てこないので、検討の要素が少ないんですよね。
なので、近いうちには決定して申込しちゃおうと思ってますが、予算がきびしいです・・・・・。
予定では、ストリボーグ・アラバンサスの2歳の1/40レート馬が少しは稼ぐハズだったのですが・・・。
う〜〜〜む。。。
posted by 玉ケン at 19:46| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ロードサラブレッド 2011年度募集(2010年産) 出資応募

今週末は、ロードカナロア、キャトルフィーユと、
ロードの期待馬2頭が出走予定なのですが、
それにあわせるかのように、2010年産募集の締め切りが11/25(金)まで。

2010年産はグリーンF・G1とクラブを2つ増やしてしまった上に、
キャロット・東京では予定以上の頭数に出資してしまったので、
ロードはナシにしようか迷ったのですが、
先行募集で応募しないと、満口になってしまう上にポイント10%も貰えないとのことで、
抽選確実のこの馬にだけ出資応募しておきました。


募集番号NO.1 ワンフォーローズの10(牡:父ネオユニヴァース 母父テハノラン)
関西:角居厩舎入厩予定
総額4,725万円
 
1001.jpg



先週段階ですでに450口の応募な上に、
ボクが見た限りでは、ロードをやっている人のブログでは100%の応募率。
抽選になるのは間違いないでしょうし、かなりの倍率が予想されます。

去年のレディバラード09も見事に抽選落ちしましたので、
今回も相当に不安なのですが、
落選しても全然OKという気楽な気持ちではあります。

決してこの馬が走らなそうだからというわけではなく、
冒頭にも述べたように、完全に予算オーバーなんですよね〜。

ネオユニ牡馬で5,000万円弱となると、
今年の募集馬でいうと、
サンデーRのゴレラ10、キッスパシオン10の次くらいの価格で、
バカ高いとは思いませんが、決して安くはありません。

しかしながら、、、
母ワンフォーローズの血統が魅力的なのはもちろんですし、
今のところ、2010年産では「チーム角居」の馬が1頭もいない、
というのが大きな応募要因でございました。

ちなみに、他に気になったのは、
・アドマイヤムーン×ヴァージニー
・ブライアンズタイム×サッカーマム
の2頭でしたが、
現時点では満口警報が出ていないので、様子見することにしました。
もし先行で埋まってしまったら仕方ないと思うようにします。
まあ、ワンフォーローズ10の抽選次第でもありますので、
まずは当落通知を待ちたいと思います。



※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 21:25| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

ロードサラブレッド 2010年度募集(2009年産) 出資確定

今日ロードTOから抽選結果通知が来て、
2009年産の出資馬が確定しました。

抽選結果はこちら・・・
IMG_6859k5d.JPG


NO.1 レディパステル09〜無抽選で出資確定
NO.2 レディバラード09〜落選
NO.3 ワンフォーローズ09〜抽選で当選
という結果で、
抽選になった2頭を両方外すという最悪の結果にならずにホッとしました。

掲示板で見ていても、レディバラード09は落選した人々が結構いるようで、
ダノンバラード新馬勝ちの影響はものすごく大きかったんでしょう。
世の中の人々の傾向ってヒジョーにわかりやすいですね〜。

負け惜しみっぽくなりますが、、、
3頭の中では一番出資意欲が低かったレディバラードのみハズレというのは、
まあいいか・・・って感じです。
馬体のバランスは良かったんですけど、
DVDで後脚の歩様がちょっとおかしい気がしてたので。。。

ただ、、、
人気馬の抽選ハズレ自体はホント〜に悔しいです。
去年のキャロットのレディブロンド08、ポトリザリス08、
同じくキャロットのキャンセル募集のファインセラ08、ファストフレンド08、
今年の社台のマルバイユ08、
人気になった馬の抽選はホント〜に当たりません。。。
今回のワンフォーローズ09と去年のキャロットのキャンセル募集のケイティーズジェムは、
当たりといえば当たりなんですが、多分倍率は相当に低かったと思われるので、
抽選当たりの嬉しさはあんまり実感できないんですよね。
ホントこればかりはどうしようもないのですが、
去年の08年産の上記の馬たちの中でも、
倍率低く当たったケイティーズジェムが現時点では走ってますので、
今回もワンフォーローズ09が当たり馬だった・・・ならいいですね〜。

というわけで、今回出資確定した2頭をご紹介。


募集番号1 レディパステルの09(牡:父ディープインパクト 母父トニービン)
関西:藤原英厩舎入厩予定
1口出資

レディパステル09募集時.jpg


レディパステルの07、つまりレディハピネス出資者であるボクですので、
よほどのことがない限りは、この仔に出資しないわけにはいきません。

上の募集時写真は、お世辞にも好馬体とは言いがたいのですが、
DVDではそんなに悪くない印象でした。
カタログ写真が一番写りが悪いんじゃないでしょうか(笑)

血統面では言うまでもなく文句なしの1頭ですよね。
SS系×トニービンはボクの中では「鉄板」の配合です。
母レディパステルの繁殖実績がイマイチに見えますが、
それは期待が大きすぎたからで、
どうも日本適性がよろしくなさそうなロックオブジブラルタルとの仔でも、
ついこの間ロードバロックが3勝目をあげましたし、
要はMy出資馬のレディハピネスがひどすぎただけ・・・って感じもするんです。

まったくの未確認情報ですが、
入厩予定の藤原英先生が「この仔はモノが違う!」と言ったとか・・・。
ケイティーズジェム・スターコレクションでの手腕を見て、
今ボクが最も信頼している先生の1人ですので、期待度は高まります。
キャロットのガヴィオラ09と共に、ぜひともよろしくお願いしたいです!
この仔の目標は、もちろん母が制した大舞台と同じ東京2400mですね!


募集番号3 ワンフォーローズの09(牡:父ディープインパクト 母父テハノラン)
関西:角居厩舎入厩予定
2口出資

ワンフォーローズ09募集時.jpg


今回応募した3頭の中で、個人的には一番ほしかった仔です。
母父のテハノランは馴染みがない種牡馬ですが、Caro系の種牡馬なんですよね。
個人的には、この系統はキレキレのイメージがあって好イメージなんです。

カタログ写真も悪くないですし、
DVDを何度再生して見ても、ボクの目には不安要素は見つかりませんでした。
馬体的に言えば、
募集時測尺の「体重475kg 体高162cm」の部分が「大きすぎ?」の不安を抱かせますが、
去年のロード募集馬の場合はココから大幅に増える仔は少なかったですし、
レディパステル09と比べると、馬体は出来上がってきているように見えるので、
問題になるほど大きくはならないだろうと思っています。

血統面で言えば、母父Caro系が好みなのは上記の通りなのですが、
母ワンフォーローズが1年空胎はさんで出産した仔というのもいいですね。
母の競走実績だけでも垂涎のレベルなのですが、
おまけに初仔のレディアルバローザがあれだけ走っているのが心強いです。

もちろん預託厩舎が角居先生であることも大きな出資要因です。
2007年産のレッドステラーノは残念な結果にはなりましたが、
しっかりと対応してくてれていたと感謝しています。
2008年産では、レッドセインツが期待大の1頭ですし、
名付け親となったロードエスティームも最近入厩しました。
ワンフォーローズ09の出資確定で、3年連続チーム角居にお世話になることになりました。
ロードの育成と角居厩舎のやり方がマッチするのだろうか?
という心配がないわけではないですが、
ゆるかったステラーノもじっくり仕上げてくれましたし、心配は杞憂に終わるでしょう。
ステラーノで叶わなかった、春の阪神の大舞台へ・・・
ぜひとも連れて行ってほしいものですね!




※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 00:02| Comment(2) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ロードサラブレッド 2010年度募集(2009年産) 出資応募

先週は北海道牧場見学と京都競馬場現地観戦で大あらわの1週間でしたが、
その間にもしっかりとロードTOの出資応募はしておりました。

ロードの場合は11/1〜15が先行受付期間(15日必着)となっていて、
なおかつ、11月中に出資申込を一括払いですると10%引きになるのです。
社台やキャロットも一括払いの割引はありますが3%だけなので、
ロードの10%はヒジョーに大きく感じます。

去年の2008年産も、10%引きに魅かれて年内に一気に6頭出資申込しましたが、
うち1頭(サッカーマムの08)はあっという間に引退してしまったので、
60%の補償対象なってしまい、40%分は丸損になってしまいました。

ロードの場合は入厩間際まで様子見できる場合がほとんどなので、
わざわざ先行受付で申し込まなければリスク回避できるわけなのですが、
それでも「10%引き」は魅力的でやられちゃうんですよね(笑)

さらに今回の場合は、10月末時点で「数頭はひょっとして抽選???」となる雰囲気でしたので、
10%引きとは関係なく先行受付で申込んでおかないと・・・でした。

そしてボクが申込んだのは、以下のベタベタな3頭でございます・・・。


募集番号NO.1 レディパステルの09(牡:父ディープインパクト 母父トニービン)
関西:藤原英厩舎入厩予定
総額5,460万円 1/500口出資

レディパステル09募集時.jpg



募集番号NO.2 レディバラードの09(牡:父ディープインパクト 母父アンブライドルド)
関西:池江泰厩舎入厩予定
総額5,250万円 1/500口出資

レディバラード09募集時.jpg



募集番号NO.3 ワンフォーローズの09(牡:父ディープインパクト 母父テハノラン)
関西:角居厩舎入厩予定
総額3,675万円 2/500口出資

ワンフォーローズ09募集時.jpg



はい、ディープっ仔3頭にベタベタな申込でございます。
ワンフォーローズだけが2口、残り2頭は1口だけです。
ロードの場合は500口なので、1口では面白くないというのが本音なのですが、
2009年産はこれまで高馬にばかり出資しているので予算がカツカツ・・・。
ワンフォーローズだけ2口にしたのも、理由は単純で、他の2頭より安いから・・・だけです。

それぞれの馬についての個人的な見解は、出資が確定したら述べようと思ってますが、
11/10の現時点では恐れたいたことが現実に・・・

(以下、ロードTO公式HPより引用)
2010.11.08
2010年募集の現段階での申込状況をお伝えします(申込口数250口以上が対象)。
No.2レディバラード'09(500口以上)
No.3ワンフォーローズ'09(400口以上)
No.1レディパステル'09(300口以上)
No.4レディブラッサム'09(250口以上)。


オイオイ、マジか〜〜〜〜〜。
ロードに入会したのは、レディパステル'07つまりレディハピネスの時ですので、
今回が3年目の出資となるわけですが、
人気がなくて好きな馬に好きなだけ出資が出来るのがロードの利点と考えていたのに・・・。

去年もディープ産(出資馬のジャズキャット'08)は1頭募集されていたのですが、
先行期間で満口になんて全然ならなかったと記憶してます。
それが今年は4頭も抽選濃厚とは・・・。

社台・サンデーの募集時に、ツアーの様子をアップしているブログ等を見ていましたが、
社台ツアー参加者の間でも「今年のロードは良いらしい」的な会話が飛び交っていたらしいんです。
そして、その社台・サンデーでは2次募集受付初日に全馬完売という凄まじさで、
思うように出資出来なかった会員も例年以上にいたはず。。。
そんな人々が一気に押し寄せてきたのではないか・・・そう推察しています。

ロードの場合は、全500口を既会員:400口、新規100口としているので、
新規が大挙押し寄せてきても既会員分の抽選は大した倍率にならないのではと期待しているのですが、
それも社台会員の経済状況を考えれば、まったく安心は出来ません。
というのは、彼らの潤沢な資金からすれば、
2009年産出資のために2008年産の残り物に1口出資するくらいは余裕なはずだからです。
つまり実質的には2009年産からの新規組ですが、
直前に既会員になっている連中がたくさんいるのではないかと思うのです。

去年のロード会報で2009年産ケイアイファーム生産馬リストを見たときから、
募集されれば必ず出資申込すると決めていたディープ産の3頭。
ロードでこの3頭に出資申込すると決めていたからこそ、
キャロットではディープ産牡馬はガマンし続けたのです。。。
こんなことなら、「データ09」「シンハリーズ09」の牡馬2頭にいっておけば良かった・・・。
「レディパステル09」「レディバラード09」の2頭は、
上の2頭と少なくとも血統面では同等以上と考えていたのに・・・。

期待していた2008年産も、昨日出たデビュー予定を見ると「厩舎からは期待されていないのでは?」
と思ってしまうような状況ですし、
もし2009年産申込の上記3頭が外れたら、縮小〜撤退の方向を考えていかねばなりません。。。

というのも、ロードの場合は、
・補償の補償は出ない。(東京TCと同じ、社台・キャロットは補償の補償も出る。)
・牧場見学が随時出来るわけではない。
・良い馬は庭先周りが多い気がする。(シンメイフジ、ダノンバラード、エアジャクソン・・・)
というデメリットを個人的に感じていて、
・好きな馬に好きなように出資出来る。
のが最大のメリットだったのですが、それが出来ないとなると魅力は半減です。

こんなことになるなら、ダノンバラードには勝たないでほしかったというのが正直なくらいですが、
こうなってしまった以上は、あとは抽選突破を祈るばかりです。
ロードさん、何としてもお願いしますよ〜!!!



※写真・文章はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 08:14| Comment(0) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

ロードTO 2008年産 5頭追加

ロードTOの2008年産1歳馬を5頭追加出資しちゃいました。
ロードの場合は年内に出資申込すると10%割引となるので、
このタイミングで複数頭いかざるを得ませんでした。。。(10%となるとでかいですよね〜)

今回出資申込したのは以下の面々。。。
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/131901290.html
でリストアップしたのとは若干違っていますが、、、。


スペシャルウィーク×レディミューズ:牡
栗東:安田隆厩舎入厩予定
レディミューズ募集時.jpg

この仔は馬体を見てもピンと来なかったのですが、
血統的な魅力は捨てきれず、一番迷いましたが結局出資。
母レディミューズも活躍馬で、1つ上の姉はシンメイフジです。


シンボリクリスエス×サッカーマム:牡
栗東:笹田厩舎入厩予定
サッカーマム募集時.jpg

この仔はレディルージュの2歳下の弟ということになります。
正直言って厩舎には若干の不安がありますが、それ以外は魅力タップリ。
募集時は華奢に見えた馬体も、近況写真では少しずつ逞しくなってきて期待が持てます。


キングカメハメハ×レディブラッサム:牡
栗東:安田隆厩舎入厩予定
レディブラッサム募集時.jpg

今一番?のキングカメハメハ産駒。兄のロードバリオスも先日1000万下を快勝と、勢い的には申し分なし!
当初は候補に入ってませんでしたが、馬体・厩舎もバッチリで迷わず出資。


ロックオブジブラルタル×レディプラウド:牡
栗東:角居厩舎入厩予定
レディプラウド募集時.jpg

どこかのサイトで「角居先生が『ぜひ預からせてほしい』と言った」というのを目にして、
角居ファンのボク的には出資しないわけにいきません。
ロードでは初の角居厩舎というのも何か良い感じですし、
父ロックオブジブラルタルの産駒成績はナカナカです。


アグネスタキオン×シンコウエトワール:牝
栗東:藤原英厩舎入厩予定
シンコウエトワール募集時.jpg

東京TCのチケットトゥダンスに続いて、タキオン牝馬で藤原英厩舎です。
チケットトゥダンスが当初の想像よりも「中長距離」「ダート」っぽい感じがしてきたので、
タキオン牝馬で「短距離〜マイル」「芝」のイメージが強い本馬を出資。



と、、、またまた5頭も追加出資し、1歳馬は24頭になりましてございます。
出資頭数が増えれば増えるほど、収支の期待値は悪くなるとわかっているつもりなんですが、
この中から1頭でも大活躍馬が出てくれないか・・・と思ってドンドン増やしちゃいます。。。
もう病気ですね(笑)


※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 08:28| Comment(4) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ロードTOの1歳馬たち

東京TC・キャロットの1歳馬たちは、すでに1回目の近況更新がありましたが、
ロードの1歳馬たちは、11月1日から募集が始まったという段階です。

2008年産の1歳馬は、東京TCとキャロットで17頭出資済みですので、
これ以上の追加はしないつもりではいるのですが、
ロードのラインアップを見ていると、出資欲がフツフツと。。。

2歳の即戦力がほしい、ということでレディハピネス(モンジュー×レディパステル)に出資したのですが、
1頭分だけで、毎月の会費3,150円を払い続けるのも損な気がしちゃうんですよね。

ということで、、、そもそも出資するか・しないかも決めていませんが、
現在目に付いているのは以下のお馬さんたち7頭・・・(順位は気になる度)

1位:ディープインパクト×ジャズキャット 牡 栗東:池江泰厩舎入厩予定
ジャズキャット募集時.jpg

またディープかい!って感は否めませんが、母ジャズキャットはタバスコキャットの全妹。
本馬の兄にはロードマジェスティ、他兄弟も出走馬は全て勝ち上がり。
厩舎は言わずもがなの最高の厩舎。
馬体は上の写真ではピンと来ないものの、DVDではかなり良い感じ。
不安は兄弟すべて故障してしまったということ。


2位:ロックオブジブラルタル×レディプラウド 牡 栗東:角居厩舎入厩予定
レディプラウド募集時.jpg

こちらも、また角居厩舎かいって感じですが、ロックオブジブラルタルの日本での成績はかなりなんです。
大物はいまだ出ていないですが、勝馬率・EI等の数字は相当です。
これもカタログ写真はピンと来ませんが、DVDでの姿はナカナカです。
あまり不安らしいところがないのもポイントです。


3位:アグネスタキオン×シンコウエトワール 牝 栗東:藤原英厩舎入厩予定
シンコウエトワール募集時.jpg

これまた、またタキオンかい!なのですが、
出資済みのタキオン牝馬が少し不安を感じちゃっているので、その代わり?の意味があります。
出資済みの方の牝馬も藤原厩舎で、ブロードストリート・ジェルミナルの影響を受けすぎているボクです。


4位:シンボリクリスエス×サッカーマム 牡 栗東:笹田厩舎入厩予定
サッカーマム募集時.jpg

今年のロードの稼ぎ頭レディルージュの半弟です。
元々クリスエス産駒も1頭はほしかったのですが、東サラ・キャロには目ぼしいのがいませんでした。
レディルージュの下となれば文句ないのですが、厩舎がかなり不安です。
伊藤雄二師の下の番頭格の人だったのは知っていますが、開業したてで、実績が乏しすぎなんです。


5位:ネオユニヴァース×レディカプチーノ 牝 美浦:久保田厩舎入厩予定
レディカプチーノ募集時.jpg

出資済みラインアップで関東牝馬が少ないので、目を付けたのがこの仔。
母系・兄弟が少し弱い感じなのですが、厩舎も良いですし、馬体も良い感じ。


6位:ジャングルポケット×オーブリエチア 牡 栗東:浅見秀厩舎入厩予定
オーブリエチア募集時.jpg

クリスエス同様で、もともと欲しかったジャンポケ産駒。
キャロの「ラフィカ08」は良かったのですが、人気ぶりで断念。
ちなみにこの仔の2歳上の全兄は東京TCのディバインレッド。
そのディバインレッドが未勝利で終わってしまったのが不安材料です。
本馬の馬体は良く見えるのですが、ディバインも見た目は良かったそうなので。。。


7位:スペシャルウィーク×レディミューズ 牡 栗東:安田隆厩舎入厩予定
レディミューズ募集時.jpg

こちらは桜花賞では2番人気になったほどのレディミューズの仔。
つまり、今年の新潟2歳S馬シンメイフジの半弟ということになります。
血統・厩舎だけを見た段階では当然トップ評価だったのですが、
測尺数字と馬体に若干の不安が。。。
育成前とは言え、10月30日現在で536kgのビッグサイズです。
一か八かの賭けに出るには値段も高めなので、意欲は低いです。


出資決定ならば、11月6日まで先行受付期間に申込めば、まず間違いなく確定する雰囲気です。
ただ、さすがに二の足を踏む要因も多々あるので、もう少し様子見してから決めようと思ってます。
もし満口になってしまったら仕方ないとあきらめます。


※写真はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 09:45| Comment(3) | ロードサラブレッドオーナーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。