2014年07月24日

レッドエレンシア 引退

先週の調教中に「軽度とはいえない」骨折を発症してしまった、
レッドエレンシア(東京TC 牝6 ジャングルポケット×マイハート 美浦:鹿戸厩舎)
の引退が発表されました。

以下、東京TC公式HPより。
14.07.23
(鹿戸厩舎)舎飼。
鹿戸調教師「先週ウッドコースで調整をした後、上がり運動で歩様に乱れが生じたためレントゲン検査を行ったところ、右前種子骨の骨折が判明しました。今後、症状に変化が出る場合もあるので、今日の午後からもう一度レントゲンを撮る事にします」

【追記】
(引退)
骨折箇所につきまして、当初は全治1年程度との見込みでしたが、当初の見立てより症状は深刻であり、本日のレントゲン検査にて競走能力喪失との診断が下りました。今後は24日(木)に美浦トレセン近郊の内藤牧場に移動して1か月ほど骨がつくのを待ち、その後、北海道へ移動して繁殖入りに備える予定です。出資会員様へは、追って書面にてご報告させていただきます。長い間、レッドエレンシア号にご声援いただき、ありがとうございました。


先週の段階で「これさすがに引退だな・・・」とは思っていましたが、
骨折の症状が全治1年以上というかなりの重症だったとは予想外でした。
今後の繁殖入りがスムーズにいくのかどうか心配になってしまうぐらいなのですが、
まあ何とか無事にいってほしいですね。

album_redherencia_30.jpg

(東京TC公式HPより、ラストレースとなった2014/6/8の由比ヶ浜特別)


上の写真のラストレースが1000万条件のレースだったように、
同世代のロードカナロアのような華々しい活躍をしてきたわけではありません。
しかしながら、2歳夏の勝ち上がりから6歳まで長い期間を本当によく頑張ってくれました。

ボクにとってはレッドセインツに続く2頭目の勝ち上がり馬であったと同時に、
3歳秋の秋華賞出走で初のG1出走馬となってくれたのがエレンシアです。
その秋華賞では残念ながら惨敗を喫してしまい、その後は勝ち星をあげることも出来ませんでしたが、
2着4回とほぼ勝ちに等しいぐらいの頑張りを続けてくれました。

出資申込した時点では「お安い」ことが最大の出資理由だったぐらいでしたが、
http://banusitobakendou.seesaa.net/article/135651784.html
デビュー後は現地観戦も2回ほどしましたし、
何より30走もしてくれて、十二分に楽しませてくれました。
初G1出走、そして長い間の功労をたたえて、個人的顕彰馬にしたいと思います。

鹿戸先生も素晴らしい調教師であることがよ〜くわかりましたし、
途中から主戦となった三浦Jもよくやってくれたんじゃないでしょうか。
もう1つ勝たせてあげたかった気持ちもありますが、
社台関係であれば自動引退となる6歳春も過ぎていますし、
この後はいい母馬となって、良い仔を出してほしいですね。
30戦と多くレースを走っていますが、毎回目いっぱいの仕上げというわけではなかったと思うので、
母馬になる余力も十分残ってるんじゃないでしょうか。
まずは重症の骨折を何とかしてもらって、第2の馬生を頑張ってほしいですね。
(どこで繁殖入りするんでしょうかね???生まれ故郷の信岡牧場かな???)




※写真・文章は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 15:48| Comment(2) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

レッドエレンシア 房総特別 観戦記

今週は仕事が忙しくてなかなかUP出来なかったのですが、
3/16(日)の中山競馬場現地観戦記をUPしてまいります。

先週の土日3/15・16は玉ケン厩舎としては3月のハイライトって感じ。
土曜日にはレッドレイヴンの中日新聞杯、
日曜日はキャトルフィーユの中山牝馬Sと、2日連続の重賞出走。
それ以外にも出走馬が多く、
自宅でTV観戦だと子供たちに邪魔されてしっかり観戦できないこともあり、
妻&子供連れで中山まで行ってまいりました。

あとはレッドエレンシアが今回で引退かもしれない・・・
との思いもあり、
玉ケン厩舎初のGT出走をかなえてくれたエレンシアの最後の雄姿を見にいこうということもありました。
実際は引退レースではなかったんですけどね。。。

というわけで、現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたので、
もしご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。

続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 19:01| Comment(0) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

レッドエレンシア 4歳1000万下 観戦記

東京サラブレッドとキャロットの2歳馬の馬名が決定しましたね。
今年は社台の2頭&ロードの4頭は馬名応募したのですが、
東サラとキャロットは倍率が高すぎてどうせ採用されないので応募もしなかったです。
応募はしなくともどんな馬名になるかぐらいは関心がありましたが、
東サラの3頭&キャロットの3頭、みんな良い名前になったと思います。
特に、、、
・ショウダウン12〜レッドリーガル
・トキオリアリティ12〜リアリスタ
このあたりは「よく思いつくもんだなあ〜」と感心でございます。

それはそうと、
2/18(火)に東京競馬場に赴いた、出資馬3頭の現地観戦記シリーズ、
ラストのPart3は、最終レースの平場1000万戦に出走したレッドエレンシアです。

エレンシアの現地観戦をするのは、ベールドインパクトの皐月賞の時以来になりますので、
約2年ぶりということになります。
その時も主役のベールドの後の最終レースに登場したエレンシアでしたが、
今回も主役のデルフィーノの後の最終レースということになります。
平場1000万下のレースが最終レースになりやすいからなんでしょうかね。

この日の3レースのうち、アロヒラニ・デルフィーノの2頭は口取り権利ゲットしての観戦でしたが、
エレンシアは口取り権利ナシでしたので、レース後にあわてることなく観戦できます。

というわけで、現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたが、
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。



続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 18:31| Comment(2) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

レッドエレンシア(マイハートの08) もうすぐ入厩

レッドウィザードに続いて、東京TC勢の入厩情報は、
レッドエレンシア(東京TC 牝2:ジャングルポケット×マイハート)
でございます。

レッドエレンシア100528.jpg

(東京TC公式HPより、5月28日公開)


(以下、東京TC公式HPより引用)
10.06.11 
(ミホ分場)
マシン運動60分、ダク1200m、キャンター3000m。
担当スタッフ「水曜日に5回目のソエ焼烙治療を行いました。ほぼ押しても痛がるところがなくなってきましたね。来週か再来週の入厩プランが立ったので、状態に合わせてしっかり体調を整えていきます」


正直のところ、この仔については「安い!」と思ったのが最大の出資理由で、
あまりに大きな期待は・・・と思っていたのですが、
こんな早い時期に入厩してくれるとは予想外に楽しませてくれます。

ただ血統的にはどうしても2歳夏競馬のイメージがわかないんですよね〜。
最新写真を見ても、まだトモが頼りない気もしますし。。。
まあ、ものすごく良く考えて、トールポピーっぽい早めのジャンポケ牝馬と思うことにしましょう(笑)

今週〜来週に美浦入厩ということは、おそらくは新潟開催に間に合わせようというつもりでしょうか?
福島よりは広い新潟の方が合いそうなイメージなので、
まずは無事に移動して新潟デビューを果たしてもらいたいですね。


※写真・文章は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!

posted by 玉ケン at 00:36| Comment(2) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

レッドエレンシア(マイハートの08) 5月にも入厩?

前回は東京TC2歳勢の中で順調そうな、レッドセインツ(サセッティの08)を取り上げましたが、
東京TC2歳勢で順調そうという点では、この仔も取り上げないわけにはいきません。

「レッドエレンシア」という名前を頂戴した、
マイハートの08(東京TC 牝:父ジャングルポケット)でございます。

マイハート3月下旬.jpg

(東京TC公式HPより、3月下旬公開)


(以下、東京TC公式HPより引用)
10.03.31 
(山口ステーブル)
BTC施設内でダク1200m、キャンター3000m、週3回坂路(7〜10日に1度15−15)。
山口氏「ようやく屋外コースが使えるようになったのは、この子には朗報ですね。狭いコースだと、勢いがついてきた時にコーナーを迎えてしまい、気持ちの発散も難しいものです。でも、広々としたコースなら、うまくガス抜きをしながら走らせることができますからね。坂路ではジョーカーほどではないにしても16−14−14くらいをマーク。だいぶ我慢も利くようになっていますよ。飼葉はしっかり食べているのですが、いくらか細く映るので、もう少しふっくら見せていきたいですね」

10.04.15 
(山口ステーブル)
1000m坂路1本(ハロン20秒)、キャンター3200m、日によって坂路、コースで速い時計を消化。馬体重448キロ。
山口氏「600mの狭いコースで調教していた時は、少し行きたがる面を見せていましたが、外の広いコースを使えるようになってからはゆったり乗れるようになってきています。性格的に真面目な面は残していますが、先日お見えになった鹿戸先生も、『真面目なのは良いことだから』とおっしゃってくださいました。少し線の細さはありますが、コンスタントに速いところをやっても問題ないですし、今は細いというよりは締まりが出てきた感じですね。5月中旬にも美浦トレセンに移動のプランも出ているようですし、移動の前に1週間ほど休ませれば、グンと体も戻ってくるものですよ」


今回の4/15の近況に「5月中旬にも美浦トレセンに移動のプランも出ている」のコメントが!
1ヶ月先の話ですので、これからどうなるかわかりませんし、
そもそも入厩してからも先は長いお話ではあります。
・・・しかし、そうは言っても、、、
早い時期にこんな話になってくると、やっぱりうれしいですね〜。

父ジャングルポケット、母父ブライアンズタイムの血統ですので、
どうしても2歳戦からのイメージがわかないのが正直なところなのですが、
そもそも父ジャングルは札幌2歳Sの勝ち馬ですし、おかしな話ではないのかもしれません。

まあ、まずはこの1ヶ月を無事に過ごしてもらい、
GW明けには「入厩」の2文字がおどっていると良いですね!


※写真・文章は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 00:01| Comment(4) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

マイハートの08 少したくましくなってきたかな?

12月半ばに満口警報が出たのであわてて出資した、
東京TCのマイハートの08(牝:父ジャングルポケット)ですが、
少しずつ馬体がたくましくなってきた気がします。


マイハート11月下旬撮影.jpg

(東京TC公式HPより、11月下旬撮影)


マイハート1月下旬撮影.jpg

(東京TC公式HPより、1月下旬撮影)


(以下、東京TC公式HPより引用)
10.01.15 
(山口ステーブル)
BTC施設内でキャンター2400〜3000m、週2回坂路。
山口氏「これまで平坦コース中心でしたが、今は坂路でもハロン20秒くらいで乗っています。こちらの来た当初、少し体が減りましたが、ここにきて乗りながら体がふっくらしてきたのはいいですね。体力もついてきた印象です。相変わらず落ち着きがあって扱いやすい子ですよ」

10.01.28 
(山口ステーブル)
BTC施設内でキャンター2400〜3000m、週2回坂路。
山口氏「タイフウジョオー08とは牡牝の違いもあるので、ペース的にはまだ少し遅めですが、この子もしっかりメニューをこなし、だいぶ体力がついてきています。乗り進めても難しい面を見せないので、今後も順調に進めていけそうです」


どうしても贔屓目で見てしまうからかもしれませんが、
上の写真では少し寂しく写ったトモの辺りが、下の最新写真では少しだけたくましくなった気がします。
元々が馬体の好みで出資した1頭でしたが、出資時点ではトモまわりだけ若干の不安要素でした。
最新写真ではじょじょに改善方向に向かっている気がするのは良いですね。

レッドガルーダの件以来、「気性」もきわめて大切な部分と思い知らされましたので、
マイハートの08は「落ち着きがあって気難しい面を見せない」らしいので一安心です。

タイフウジョオーの08よりはペースが遅いらしいですが、
あちらは超速ペースみたいですし、この仔は2歳短距離戦からというイメージではないので、
じっくりと進めていってもらえれば・・・でございます。


※写真・文章は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 08:39| Comment(2) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

また1頭・・・

東京TCの2008年産馬をまた1頭追加出資いたしました。

今回の出資馬はこちら・・・

ジャングルポケット×マイハート(牝) 募集価格960万円
美浦:鹿戸雄厩舎入厩予定
マイハート募集時.jpg

(東京TC公式HPより、募集時写真)


マイハート10月下旬撮影.jpg

(東京TC公式HPより、10月下旬撮影)


マイハート11月下旬撮影.jpg

(東京TC公式HPより、11月下旬撮影)



8月の先行募集時はまったく目に止まっていなかった1頭です。
というのは。。。
父ジャングルポケットは、大物かクズか・・・というイメージが強く、
そのイメージ自体は今もあんまり変わっていません。

それなのに出資した理由の第一は、
更新時写真を見て「馬体が良くなっている!」と思ってしまったからです。
上の写真3枚は、それぞれ募集時〜10月末〜11月末のものですが、
いかにもトニービン系らしい、ボク好みの馬体になってます。
カメラマンのウデが良いから・・・という気がかなりしますが、
この写真にはノックアウトされてしまいました。

もともと追加するなら関東馬優先でしたし、兄サムデイシュアーも結構好きなんですよね。
現状では順調に育成進んでいる様子ですし、この値段なら・・・といってしまいました。

本当はもう1回くらい更新情報を見たかったのですが、
同じようなタイミングで残口警報が出たチケットトゥダンスはあっという間に満口。
あわてて今日クラブにTELして決めちゃいました。

正直言って「格安だから」というのも大きな理由ですし、
そこそこ走ってくれれば元は取れないかな〜という気持ちも大です。
出資決定までは何度も迷ったのですが、
決定したからには、愛馬の一員として無事に頑張っていってほしいものです。


※写真は東京サラブレッドクラブのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 01:19| Comment(3) |  08 レッドエレンシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。