2014年06月20日

ロードガルーダ 多摩川S 観戦記

6/15(日)東京競馬場の現地観戦シリーズ、
ラストをかざるのは、
準メインの1600万下多摩川S(芝1600m)に出走したロードガルーダです。

関西馬でありながら東京遠征が多いので、今回が2回目の現地観戦です。
前回と比べて馬の出来はどうなのか、なんてことはサッパリわかりませんでしたが、
黒光りする馬体は相変わらずカッコ良かったです。

一応は現地で撮影した写真を「観戦記」としてまとめましたので、
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。


続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 19:39| Comment(0) |  09 ロードガルーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

ロードガルーダ 雲雀S 観戦記

本来であれば先週の日曜日2/16に開催されるはずだった競馬ですが、
8日間の延期で今日2/24の月曜日に行われることとなりました。
もちろんボクも月曜日は仕事なのですが、
先週の火曜日に続いて、期待馬が府中で出走するとあっては現地観戦しないわけにはいきません。

先週の火曜日はアロヒラニ〜デルフィーノ〜レッドエレンシアの3頭が出走しましたが、
本日はロードガルーダ〜ガリバルディが準メイン〜メインレースと続いて出走します。
どちらも5番人気以内は確実でしたので期待は膨らみましたが・・・

まずは10Rの雲雀Sに出走したロードガルーダの観戦記でございます。
ご覧いただける場合は、続きを読む。。。からご覧くださいませ。



続きを読む。。。
posted by 玉ケン at 19:37| Comment(0) |  09 ロードガルーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

誘惑に耐え切れず・・・

ロード1歳馬の近況更新を続けてまいりましたが、
さきほど誘惑に耐え切れずにポチッてしまいました。。。。。

募集番号4 レディブラッサムの09(牡:父アグネスタキオン 母父ストームキャット)
関西:池江泰厩舎入厩予定
1口出資

ブラッサム募集時.jpg

(ロードTO公式HPより、募集時写真)


今回更新写真はこちら・・・
ブラッサム20101122.jpg

(ロードTO公式HPより、11月22日公開)



先行受付終了段階で「残口僅少」の表示、
少しは様子見出来るかな?と踏んでいたのですが、今年のロードは違います。
一般受付開始となった昨日の夜には「締切間近」の表示が・・・。

昨日〜今日の1日、どうしようかずっと迷っていたのですが、
出資した時の後悔、出資しなかった時の後悔、を天秤に考え、
また、ココまで迷ったらいくしかないと思って、先ほどポチッたのでした。

おそらく今日はクラブも休みですので、
今のところ出資確定したわけではありません。
というか、今年のロードの勢いからすると、昨日の夜で埋まってる可能性も十分です。
もし「時すでに遅し」だったら仕方ありません。
縁がなかった、ということですね。

今日まで悩んだその理由は、魅力と同様に不安も大きいと思っていたからです。
現時点で何か不安要素がハッキリしているわけではないのですが、
まずは、母レディブラッサムの仔もこれまでは体質不安の仔が2頭・・・。
近いところでは、2007年産のクリスエスっ仔は脱北できずに終了。
詳しいことは不明ですが、初仔のマンカフェっ仔も競走馬登録にも至らず。
2008年産のMy出資馬ロードカナロアまで含めて、
全5頭出産してデビュー出来たのが3頭なんですよね〜。

あともう1つの不安理由は、父アグネスタキオン。
タキオンっ仔の不安はココで言うまでもないと思いますが、
ボク自身も現時点ではずいぶん痛い目にあっています。
2007年産では、レッドステラーノが足元不安たびたびで4戦しか出来ずに引退。
2008年産でも、オーベルニュ・ファステストスターの2頭が入厩してから足元不安・体調不良で、
しっかりした調教が出来ずに牧場帰り・・・
母系に不安あるタキオン産駒という意味では、レッドステラーノと似た部分を感じちゃいます。
タキオンの怖さは身にしみているので、
2009年産はキャロットのガヴィオラだけにしようと思っていたのです。

以上のように血統的に見ると不安だらけなのですが、
これはもうリスク覚悟の出資(申込)なんでございます。
上記のように痛い目も見ているわけですが、
レッドステラーノも無事ならある程度は活躍できたのではないかと思いますし、
2008年産のレッドデイヴィスはしっかり能力発揮してくれています。
今週末デビュー予定のスターコレクションも調教では良い走りをしています。
やはり能力自体は間違いない、そう思わせる魅力がタキオン産にはあるんですよね。

本馬自体は、母系の血統、馬体、どちらを見ても短距離でしょうね。
ひょっとするとダートの方が良いような気もする馬体です。
クラシック出走を最大目標にしている玉ケン厩舎的には???なんですが、
スピード値は相当に高いのではないかと見ているのです。

本当は、My出資馬の兄ロードカナロアの来週の走りを見てから決めたかったですし、
ロードのタキオン産という意味では、最低でも今週のスターコレクションまで待ちたかったです。
でも「締切間近」と言われてしまってはどうしようもありません。

パパ厩舎の馬も数頭引き継ぐのではないかと思われる池江泰厩舎ですので、
この仔ぐらいの血統ではマトモに相手にしてもらえないのではないかと危惧していますが、
先生の目を引く動きをしてくれれば、しっかり台頭できるはず。
母系的には晩成気味の血統ですが、タキオンの早熟性でカバーしてもらい、
出来れば2歳戦からの活躍を見たい1頭ですね。

これだけ長々と書いてきましたが、出資出来ていない可能性も十分です。
ただ、ポチるところまでいければ「心の愛馬」と思うことも出来ますので、
いずれにしても無事に進んでいってほしいと思います。


※写真・文章はロードサラブレッドオーナーズのご厚意により引用させていただいております。
ありがとうございます!
posted by 玉ケン at 15:38| Comment(0) |  09 ロードガルーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。